レイライン」カテゴリーアーカイブ

火山と縄文~隠れたパワースポット八幡平

 先週の連休はいつもの八幡平のセカンドハウスに行ってきた。
 
 ブログでもちょくちょくでてくる八幡平は意外に知られていなくて、八幡平ってどことよく聞かれる(苦笑)。というわけで、本日はわたしの愛する八幡平について書くね。
続きを読む

出雲の海底遺跡(10/23 動画追加)

 先週末、1泊で出雲に行ってきたんだけど、今回は大発見があった。
 それは日御碕神社のすぐそばにある海中遺跡の存在。
  

 この海域は海岸から観るだけでもとんでもないパワーがあるんだよね。神社が建ったのは10世紀で、それ以前は漁港から見える経島という名の大きな岩でアマテラスとスサノオノミコトをお祭りしていたという。
  

 ところが十数年前、日御碕でダイビングショップAQUA工房を経営している岡本さんが海底に広がる不思議な地形を発見。与那国の海底遺跡に勝るとも劣らぬ人工物と思われる階段や沖縄本島の斎場御嶽のような岩などが海底に広がっているという。
 

 わたしはたまたま前日泊まったホテルのパンフで海中遺跡のことを知って衝撃を受けた。翌日、さっそく日御碕まで足を延ばし、AQUA工房の岡本さんにちょっとだけ話を聴いてみた。
 

 岡本さんの仮説によると、海底にある遺跡は古来からの祭祀場の可能性があり、9世紀の出雲大地震でその場所が海底に沈んだために新たな祈りの場として現在の日御碕神社建てられたのではないか?
 

 さらに写真でみると、沖縄の斎場御嶽の三庫裏みたいな岩がある。それについても訊いてみると、岩のサイズは斎場御嶽よりも大きいそうだ。
6nbsp;

 これが本当だとしたら鳥肌ものの事実。
 出雲と沖縄に同じ形態の祭祀場があるってことは何を意味するのか? しかも潜らずとも海岸から気を感じるだけで、現在の日御碕神社とはけた違いのエネルギーを発散しているっていうのは普通の場所ではないってことなんだよね。
 

 きのうは日程的に潜る時間はなくて帰ってきちゃったけど、自分の目で確かめてみたい。11月になると天候は荒れるし、水温もぐんと下がって厳しいっていうし、どうしようかなあ。。。
 10年のブランクがあるからほとんど初心者なんだけどなあ。。。。
     ↑
  ちょっと弱気
 

 これはAQUA工房の岡本さんが編集した動画です。4分33秒と短いけれど、遺跡の様子がよくわかるのでおすすめ。鳥肌ものだよ。
 https://www.youtube.com/watch?v=qET62Ij33jA
 

 こちらは日御碕の海中遺跡を取り上げた地元テレビ番組(6分17秒)。背景をふくめた全体像がよくわかる。
http://www.youtube.com/watch?v=16hD1c5Hy34 
 
2013年10月22日

東京に戻りました。

 今朝、東京に戻りました。
 留守中はご迷惑をおかけいたしました。
 メール、小説お申し込み等、順次返信を書いていますので、今しばらくお待ちくださいませ。
 

 毎度のことながら、今回もいろんな方の御世話になりました。
 津波で親戚や取引先など大切な方を亡くした酒屋さん、原発の避難地域に親戚が住んでいる方。現実と真摯に向き合いながら、それでも希望をしっかりと持って新しい何かを模索しようとしている人々の思いにほんの少しふれた旅でもありました。
 

 また神事をする場所が山頂であるため、単独雪山登山をするしかなく、登山家としての私の実力には不相応に厳しい条件も重なり、「遭難」の二文字が頭をよぎりました。これが単なる遊びの登山なら危険と判断した時点で即下山したところですが、神事の場合は危険は折込済みなので撤退はありえないのが常。
 
続きを読む

台風と稲刈と赤い月と神社

 9月20日(土)、無事稲刈り終了。
 前日の午前中の段階では現在北北東に向かっている台風13号が関東に大きく接近するのは20日午前中という予報だったんだけど、絶対に明日は快晴になるという確信のもとしっかり準備をしていたんだよね。
 20日は予想どおり、台風は太平洋にぬけて、棚田のある栃木県に到着する頃には雲も遠ざかり青空になっていた。
 
続きを読む

レイライン 8 縄文ライン

 書類整理も終わって、やっとひと段落。
 連日ふだん使わない脳みそをつかっていたせいか、今日は朝からぼ~としています(笑)。
 午前中の雨も妙に春めいていて、なんとも不思議な気分。
 

 そういえば先日ある方からレイライン・古代幻視シリーズの感想をいただいた。その方がレイラインシリーズをさして「縄文コード」と言っていたんだけど、その言葉がすごく気に入っていて、いつかこれをタイトルにしたいとひそかに思っていたりする。
 

 というわけで、『レイラインシリーズ 8 縄文ライン』のお届けです。

続きを読む