ヒーリングソウル

わくわく どきどき あったかいココロ
生きるって素敵だよね☆
 

人間関係・ビジネスフィールドにおいて不動心を育てたい、祈りの心を育てたい方のための「自分ミッションをGetする! ボディ&サイコ・シンセシス実践講座2016(全8回)」ただいま募集中です。

週末田舎暮らし中

 7月末から一週間ほど岩手の田舎に滞在していた。
 ちょうど昨年採れたやつをタネイモにして育てたじゃがいもが収穫時期を迎えていた。さらに今年から始めた金時豆とインゲンと枝豆もいい感じに育っている。

aラベンダーと東屋
 
 写真は一昨年、ご近所さんにもらって、大切に育てたラベンダー。
 最初はちいさな芽だったのに、ずいぶん大きな株になった。

 むこうの生活は農作業と冬場の薪づくりがメインで、時間ができると近隣の山に登りに行ったり、庭の東屋で珈琲を飲みながら鳥の声を聴いていたり、そうそう夜はご近所さんと飲むことが多い。料理も素材の味を生かした素朴なものがほとんどだけど、遊びに来る友人たちが異口同音に美味しいといってくれるのがうれしい。

 これ、ずっとやりたかった生活スタイルなんだよね。
 2011年の震災を機に地方に拠点を作って、数年かけてすこしずつ生活の比重を地方に移してきた。東京の仕事もすこしずつ減らして、いずれは完全に地方にシフトできるといいな。
 向こうでの仕事は何ができるのか考え中。

 時代は大きく動いているよね。
 10年後はまったく新しい生活をしているんだろうな。

八幡平木道
 

シャーマン流の不動心を手に入れてみない?
「自分ミッションをGetする! ボディ&サイコシンセシス実践講座」の詳細はこちらからどうぞ


いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

岩木山神社奥宮

  昨日、青森県の岩木山に登ってきた。

岩木山奥宮


 岩木山はおよそ標高1600メートル。
 樹林帯を抜け、岩だらけの急坂を登り切ると、山頂からは360度見渡せる単独峰だ。
 北は北海道の松前崎から日本海に面した秋田県のなだらかな海岸が見渡せる。
岩木山風景


 津軽富士と呼ばれる岩木山はじつは信仰の山でもある。
 山頂には北門鎮護の岩木山神社の奥宮があり、地元の人々から大事にされているんだよね。

 下山後、麓の岩木山神社に立ち寄った。
 じつは岩木山神社に行くのは5年ぶり。

岩木山神社鳥居岩木さん神社

 はじめて岩木山神社に行ったのは2011年3月22日のこと。
 震災直後の春分の日に淡路島のとある場所で祈っていた折、急遽要請が入ったため翌日新潟に向かった。
 弥彦山に登るためだ。

 3月のと新潟はまだ雪が積もっていた。
 山頂で地元のおじさんが話かけてきた。
 彼は風向きを確かめながら東の空を見つめたまま、福島にいる親戚の話をしてくれた。

 下山するとすぐに新幹線で東京に戻り、その足で羽田から弘前に飛んだ。
 真冬の岩木山に登るのは当時の私の技術ではさすがに難しい。
 麓の岩木山神社で本殿の向こうに見える岩木山の峰にいる神霊に祈った。

 あれから5年の月日が流れたんだなあ。
 今回は真夏のレジャー兼岩手山登山のトレーニングもかねての岩木山登拝だった。
 
 2011年のときは雪で真っ白の岩木山神社しか見ていないから、鮮やかな緑の木立に囲まれた岩木山神社は新鮮だったよ。

ニッコウキスゲ
おまけ写真。一昨日登った岩手八幡平のニッコウキスゲ。
  
 シャーマン流の不動心を手に入れてみない?
「自分ミッションをGetする! ボディ&サイコシンセシス実践講座」の詳細はこちらからどうぞ


いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

シンゴジラとインディペンスディと深層マジック

 本日公開のシンゴジラを観てきた。(ネタバレはたぶんだいじょうぶです)
 怪獣映画だから当然街が破壊される映像がでてくる。

 で、しょっぱなのこの映像でまず「うっ・・・・」ときた(−−;

 インディペンスディを観たときも、ふつうに都市が破壊される映像満載だったけど、今回のように心には刺さらなかった。シンゴジラで破壊される街を観た瞬間、東日本大震災で観た光景がよみがえってくると同時に胸が痛くなって、自分でもびっくり。

 ストーリーは全体的に怪獣映画・災害映画としては単純で予想通りだった。
 日米地位協定に絡む密約を知っていると、何気ない登場人物たちのセリフや行動の意味がわかって楽しめるかも。

 で、全体の感想はというと、

 ゴジラはやっぱりメタファであり、日本人のマジックなんだなあ。
 東日本大震災後のフクイチをはじめ、敗戦後に出来上がったシステムはとっくに限界がきているにもかかわらず死ぬことも、先に進むこともできないのがこの国の現状だ。

 映画の中では徹底的に東京は破壊される。
 おまけに株価は暴落、デフォルト寸前。

 もしシンゴジラがヒットしたなら、無意識に破壊と再生を望んでいるひとが多いってことだろう。
 偽善やごまかしはもういらない。目の前の現実から目をそらさずに受け止めて、そのうえでゼロからスタートする。
 不発で終わるなら、死に体のままもう少し現状維持を続けたい層がマジョリティってことだ。

 インデペンスディが欧米1パーセントの人々の望むマジックなら、シンゴジラは日本人の本気の希望を浮上させる深層マジックかもしれない。

 さてこの夏は人心はどっちに動くかな。
 
 シャーマン流の不動心を手に入れてみない?
「自分ミッションをGetする! ボディ&サイコシンセシス実践講座」の詳細はこちらからどうぞ


いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

 

陰徳と陽徳

 陽徳と陰徳というのがある。

 陽徳というのは目に見える善行のことで、たとえば誰かに親切にするなどのわかりやすい行動はもちろん、家族に昼間の善行を話した時点で陽徳になる。陽徳には自分の行動を誰かに評価されたい気持ちや感謝されたい気持ちが混じることが多く、それが霊的成長を阻害しやすい。

 これに対して陰徳は誰も見ていなくても行う善行のこと。
 たとえば登山をしているときに、ふと目に入った飴の包み紙を黙って拾って下界まで持ち帰る事なんかがそうだ。誰も観てないし、評価も感謝もされない。ただ美しい自然を大事にしたい気持ちだけが行動の動機だ。あるいは家族や友人が困っているとき、本当の意味で相手の助けになるように黙って行動することなんかもそうかな。

 つまり陽徳と陰徳の違いは動機の違い。
 陽徳は自己顕示欲、承認欲求などの我が隠れた動機になりやすい。
 これにたいして陰徳は無私に近い状態。

もっとも人生経験を重ねて、満足感や自己肯定感がじゅうぶんに育っていないと、なかなか陰徳はできないよね。とくに若い時は上に上に伸びていく時期だから、承認欲求や社会的評価が欲しくてあたりまえ。親切な行動や英雄的な行為の奥に認めてほしい自分がいたりするわけだ。
 
 大事なのは自分自身の中にある承認欲求や自己顕示欲に気づくこと。
 それさえ自覚しているなら、どんどん我を出したり、行動してみるほうがいい。

 陽徳上等(笑)。
 自分の中にめっちゃ我欲が渦巻いていることを自覚して行動するなら、自他ともに被害が少ない(爆)。
 
 それで相手を傷つけることもあれば、逆に返り討ちにあってみじめな思いをすることもある。
 そうやって我の使い方を学んだり、本当の優しさとは何かを考える機会を得たりするわけだ。
 ま、勉強だよね。
 
 ちいさな親切大きなお世話。
 その優しさは誰のため?
 


 シャーマン流の不動心を手に入れてみない?
「自分ミッションをGetする! ボディ&サイコシンセシス実践講座」の詳細はこちらからどうぞ


いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

ポケモンGO雑感

 昨日から配信が始まったポケモンGO。
 これ、面白いね。
 ポケモンは子供たちがまだ小中学生の頃、発売日になると近所のホームセンターで並んで買うのは親の仕事だったなあ(笑)。

 いまは20代後半の子供たちは生まれたときからゲームがある環境で育った世代。ゲーム脳なんて言葉も流行っていて、親たちはなんとか子どもたちからゲームを取り上げようと躍起になっていた時代でもあった。どんなに親が正論を言おうと、ゲームは面白いんだよね。だから子どもたちもルールをかいくぐって、結局近所の公園で仲間たちで集まってはゲームをやっていたなあ。

 そんな時代を知っている親の目から見れば、ポケモンGOは画期的だ。
 ゲームはインドア、もしくは座ってプレイするものだという概念を壊したのがポケモンGOだと思う。

 それともうひとつ面白いなと思うのは、ポケモントレーナーはスマートフォンの画面を通して景色を見ることで、いまここにある現実世界にもうひとつの世界がオーバーラップするのを目の当たりにするわけだ。

 子供の頃、世界はファンタジーに満ちていた。
 家から子供の足で15分ぐらいのところにある海岸でひなが一日遊んでいた。波に乗って砂浜に流れ着いてくるヤシの実や流木。台風の翌日には昆布や北寄貝がよく上がった。それは未知の世界から不思議な物語を運んでくる宝物に見えた。
 
 遊び疲れて日が暮れた頃、家に帰る道すがら大きな桜の木の枝に不思議な生き物がいるような気がしてどきどきしながら木のそばを通り過ぎたこともあったな。昭和の時代の話だからね。子どもの頃の家はトイレが縁側廊下の突き当りにあったため、一歩居間を出て廊下に出ると妙に薄暗かった。なにかいそうなんだよね。だから夜トイレに行くのが子ども心に怖かった。

 トイレの妖怪も桜に木の物の怪も、おとなたちには見えない。砂浜に打ち上げられた流木もおとなたちにはただの流木。おとなたちだって子供の頃があったのに、いつのまにか世界が不思議に満ちていることを忘れてしまう。この世界にポケモンはいないけど、世界は目に見えない不可思議な要素で構成されていて、通常おとなたちが認識できるのはそのごく狭い範囲でしかない。でも心のどこか、無意識のセンサーの奥底では誰もが本当のリアルな現実にうっすらと気づいている。ポケモンGOはそんな無意識のセンサーを刺激するんだろうなあ。

 もちろん賛成意見ばかりじゃなくて、お決まりの陰謀論もあちこちから聞こえてくる(笑)。
 陰謀があってもいいんじゃないの。

 もしもゲームが面白くて、国境を超える原動力、知らない場所に実際に自分の足を運んでみたい原動力になるなら、そこでひととひとがコミュニケーションをとれるなら、簡単に宗教や人種の壁を超えるかもしれない。

 未知の面白さを求めるのは人間の業。 
 権力欲や支配欲もまた人間の業。
 業が業を超えるだろうか?
 同じ業なら面白さや可能性や、そのためのコミュニケーションや共感、面白くて笑いだす、そっちの業のほうが新しい未来が拓けるかもしれない。

 ふと福井晴敏氏の「人類資金」を思い出した。
 この小説にもスマートフォンが重要なファクターとして出てくる。

 たとえ私たちを管理しようとする陰謀があったとしても、わたしたちはかれらの想像をはるかに越えた未来への扉を開くかもしれない。
 
 それこそが人間のもつ可能性だと信じている。
 

人類資金7 (講談社文庫)
福井 晴敏
講談社
2015-07-15



 シャーマン流の不動心を手に入れてみない?
「自分ミッションをGetする! ボディ&サイコシンセシス実践講座」の詳細はこちらからどうぞ


いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ
プロフィール
sumie-machisuss









★キョーコ(白鳥澄江)

株式会社オフィス・ルテラムウ代表取締役。生きとし生けるものと共に祈り、海と山をこよなく愛すシャーマンであり、サイコシンセシスの達人。現在は自由でしなやかな心を育てる『サイコシンセシス講座』、「生きる力と自然治癒力を引き出す祈りの勉強会」に力を入れている。


連絡先
■ お問い合わせ・お申し込みは 株式会社オフィス・ルテラムウ個人向け公式サイト http://lutera.biz/ からどうぞ☆

■ ブログ更新情報&つぶやき
Twitter


シャーマニック小説
「天上へつづく道」

沖縄の宮古島で受け取った15000年前に沈んだ古代文明からのメッセージを物語にしました。
講座・イベントのご案内
2016年募集中講座

各講座のタイトルをクリックすると詳細ページをご覧になれます。



■自分ミッションをGetする!ボディ&サイコシンセシス実践講座

◆日程
1回目 10月15日(土)
2回目 10月22日(土)
3回目 11月5日(土)
4回目 12月10日(土)
5回目 1月14日(土)
6回目 1月28日(土)
7回目 2月4日(土)
8回目 2月11日(土)

◆時間 9時〜16時30分

◆会場 中野サンプラザ 会議室(JR中央線中野駅北口徒歩1分)

◆受講料 30万円(税込)

◆特典 
 受講期間中は無料で個人セッションを3回まで受けることができます。
募集中
 
SINCE 2005.6.18
月別記事
記事検索
QRコード
QRコード
最新のコメント