月別アーカイブ: 2017年4月

新月の前に

 気が付いたら四月もそろそろ終わりに近づき、北朝鮮問題、共謀罪など、過去に積み残した問題が浮上している感が強いよね。もちろん個々の生活も同様、いろんなことに決着をつける必要があったり、方向性を決めなきゃならなかったりで、多かれ少なかれ変化が起きているんじゃないかな。
 
続きを読む

ヒーローズジャーニーを理解するのにおすすめの映画

 こんにちは。すっかり春を通り越して真夏のような日差しの昨日の東京でしたね。
 

 さて、週末は「魂のミッションを生きる ヒーローズジャーニーを学べ」講座の2日目です。初日は「境界を越える」をテーマにワークとお話をしましたが、2日目は「dance with シャドウ」をテーマにお話し&ワークをします。
 

 で、おすすめの映画をご紹介。
 ベン・スティラー主演の「LIFE !」
 

 この映画はヒーローズジャーニー(英雄の旅)がわかりやすい形で描かれています。出だしはもたもたして退屈かもしれないけど、そこを辛抱して観ていると中盤あたりからめちゃめちゃ面白くなってくる。冒頭のいっけん退屈なシーンが伏線になっていて、こう結びつくのか、という驚きが。
 

 もうひとつの見どころは、D.ボウイのSpace Oddityなどの音楽が上手く使われている事。さらにいろんな映画の名場面がメタファー(隠喩)として組み込まれているので、わかるひとにはめちゃ受けるかも。
 

 というわけで今日もhappy life をね!
 

2017年4月19日

新ブログ&サイト完成と近況の心境

 このところいくつかの仕事と並走しながら、フェルデンクライスがメインのサイトを作っていました。
 さきほど完成。
 

    ↓ ↓ ↓
 
 フェルデンクライス☆しなやかにタップを踏んで  http://vividring.com/
 

 新サイトもwordpressで作ったんですが、ホームページのような構成になっていて、日々更新するブログは公式ブログという形でメニューもしくはサイドバーから入れます。
 ヒーリングソウルのトップメニューにリンクしてあったFIのご案内とATMの日程は新サイトに移しました。トップメニューにリンクを貼ったのでフェルデンクライスに興味のある方はぜひ新サイトも見てくださいませ。
 

 それにしても四月に入ってからのキナ臭さは半端ないね。
 GWまではこの動きが続くだろうし、あまり嬉しくないことが起きないとは限らない。
 でもどんなときでも自分の中心軸から外れないことが大事だよね。
 
 感情に自分の中心を乗っ取られないように。
 偏った思い込みに支配されないように。
 無力感から無関心を装わないように。
 自分に力があることを思い出してね。

 

 わたし自身はフェルデンクライスがいい流れに乗っていて順調だし喜んでいいはずなんだけど、それとは別にこれまでとまったく違ったことをやる時期に来ているような気がしてしょうがないんだよね。
 

 でもその答えが見えない。
 時間がとれたら気持ちの整理もかねて、そのあたりをブログですこしづつ書いてゆこうかと思います。
 というわけで情報に対するアンテナをしっかり立てつつ、のりきっていこうね!
 
2017年4月18日

ストレスを乗り切るコツ 1

 明日は午前10時から西国分寺いずみホール和室でいつものフェルデンクライスATMがあります。
 担当は佐久間とも子さんです。
 わたしも参加します。
 先週は小豆島に行っていたためATMに参加できなかったので、明日はわたしも自分の体と向き合おうと思います。
 

 メンタルコーチ(カウンセラー)として、いろんなひととかかわっていて思うんですが、ストレスフルな状況下ではメンタルの力が明暗を分けます。
 具体的にはまだ来ない未来に対する不安心配、過ぎ去ってしまった過去の後悔に心が囚われているとき、ひとはjust now、「今この瞬間」に集中することができません。逆もしかりで、「いまこの瞬間」に集中できないから心は過去へ未来へと彷徨うわけです。
  

 じゃ、今に集中できるようになるにはどうしたらいいのか?

続きを読む

小豆島と金毘羅さん

 今週初めに二泊三日で小豆島と金毘羅さんに行ってきた。
 高松空港に着いて、まず向かったのは金毘羅さん。
 ひたすら石段を登り、1368段を登りきったところでようやく金毘羅さんの奥の院である厳魂神社にたどり着く。平日の午前中にもかかわらず、ちいさな奥の院の敷地には参拝者でにぎわっていた。

 

金毘羅宮奥之院 厳魂神社

  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 翌日は朝一から小豆島72番所の奥の院笠が瀧寺に向かった。
 麓の瀧湖寺の駐車場にレンタカーを停めて15分ほど歩くと急こう配の鎖場があった。
続きを読む