鹿島神宮」タグアーカイブ

レイライン2 鹿島と香取

 鹿島神宮の宝物殿には布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)が展示されている。
 前兆2.71メートルにおよぶ直刀で、10月に鹿島に参拝したときに実物を見てきたんだけど、とにかく長くて、どうみても実践用じゃないなというのが正直な感想。
 
 
 布都御魂剣は武甕槌神が大国主命に国譲りを迫ったときに使ったものとされている。さらに神武東征のおり、武甕槌神が高倉下に布都御魂剣を授けたという話が日本書紀にのっている。そのとき使ったとされる剣は神武軍を勝利に導いた神剣として、当初は神武天皇の即位された橿原神宮に祀られ、のちの祟神天皇の時代に奈良の石上神宮に移されているんだよね。
 

 じゃ鹿島神宮にある布都御魂剣は?
 じつは鹿島神宮にあるのは二代目布都御魂剣ってやつで、剣が作られたのは1200~1300年前。鹿島付近は古代より製鉄業がさかんな場所なので、初代布都御魂剣のかわりに鹿島の鉄を使って作ったんじゃないか言われているんだよね。
 
 
 ここまでは日本書紀および古事記で語られている通説。
 風土記や各神社の社殿、あるいはその地方の言い伝えなどとくらべると、記紀に記載されている物語はどうも藤原氏の影が見え隠れするんだよね。
 
 
 つまり、うさんくさい。
 そもそも武甕槌神という名前は藤原氏の後付けの可能性が高いんじゃないのか?
 

続きを読む

レイライン1 鹿島神宮と縄文

 さて先日出雲に行ってあらためて思ったんだけど、日本のレイラインのポイントと呼ばれる場所には共通点があるような気がする。
 「鹿島神宮 2 鹿島ー諏訪レイライン」でも書いたけど、茨城の鹿島神宮と長野の諏訪大社を直線でつなぐと、ちょうど真東からのぼり、真西に沈む、いわゆる春分の太陽の通り道をきれいにトレースすることができる。
 

 同じように出雲大社と富士山を直線で繋ぐと、鹿島ー諏訪ラインに平行に走る春分ラインになるんだよね。さらにその直線を富士山から東に延長すると、千葉県にある上総一ノ宮・玉前神社にでる。一方の富士山ー出雲大社のライン上には、酒天童子で有名な京都の大江山に元伊勢(皇大神宮)、伊吹山といったポイントがのっているんだよね。
 

 さらに鹿島神宮から見て富士山は冬至の入日の方角にあたる。つまり鹿島神宮ー富士山ラインは冬至の太陽の通り道なんだよね。古代において冬至の太陽の昇るポイントは祭祀的に重要な意味をもっていたのは「冬至と新嘗祭」でも書いたとおり。
 

 で、この鹿島ー富士山ライン上に、皇居がのっかっているんだよね。
 皇居っていうのは、ご存知むかしは徳川家康の居城・江戸城だった。これが大政奉還後、明治政府が発足してから、それまで京都御所にいらした天皇にお移りいただいた東の御所がこの江戸城なわけ。
 

続きを読む