パワースポット」カテゴリーアーカイブ

森は時代を語るフィールド

 今年の夏はちょっと天候不順ですが、いかがお過ごしですか?
 わたしはこの時期はここ4年間はずっとフェルデンクライスの夏のクラスに参加していたんだけど、年明けに卒業したのもあって、今年は家族とゆっくり過ごしています。大事な時間を家族と一緒に過ごせるのはありがたいなあとしみじみ感じています。
 

 先日は山梨県甲州市にある大菩薩峠に行ってきた。標高1879メートルなのでそれほど暑くないうえに東京近郊なので気軽にアクセスできて夏場のトレッキングにはぴったりの山なんだよね。わたしが登山をするのは純粋に面白くて、野生が研ぎ澄まされてゆく楽しさを感じたいというのが大きい。もうひとつは山と都会の両方の気を感じていると、時代の流れが見えてくるからなんだよね。
 

 あまり写真を撮ってこなかったんだけど、今回は山の中で鹿の群れに遭遇。これにはびっくり。以前登ったときは出会わなかった。峠の広場で地元有志がお茶会をやっていて、飛び入り参加させてもらっていろいろ話をしながら鹿の群れについて訊いてみると、やっぱりここ数年で鹿の数が激増したんだとか。鹿は見た目はかわいいけど、天敵の狼がいない現在は新芽を食べてしまうため森がどんどん荒れてゆくなど問題も多い。 



 

 下山後は近所のはやぶさ温泉で汗を流して、イタリアンレストラン「かざはな」で遅めのランチ。ここは桃畑の中の小高い丘にあって、お店からは延々と続く果樹園や街並みを見下ろせる。
 

 お料理の写真を撮り忘れちゃったけど、こんな田舎(失礼!)にこんなおいしくて素敵なお店があるなんて本当にびっくりの隠れ家レストラン。




 

 家族と過ごしたり、登山をしたり、日々の仕事をしながら思うのはやっぱり時代は変わるんだなあということ。生態系のバランスの変化は鹿の増加など森のさまざまな事象として現れる。ちいさな予兆や目の前のささいな出来事を観ていくと「いま」の状況とそこから予測される未来が視えてくる。
 

 それは当たり前の帰結なんだけど、脳の受け皿がその膨大な情報処理についていけなくて、たんなる直観としてしか認識できないてなことを言ったのは「シャーロック4」のシャーロックだっけ。
 

 同感だ。
 宇宙のロジックに人間の科学は追いついていない。
 そんなわけで常識を疑え。
 世間がわーっとある方向に流れたときはいったん立ち止まって、それは本当に自分が望むこと? と自問自答するのもいいかも。

 10月の乙姫プロジェクトの詳細プログラムはいつもどおり、合宿直前に作ります。最新のエネルギーと叡智を最大限にお届けできるようにね(^▽^)v 残席2名様なのでピンときたらお早めにね。
 

2017年8月11日

対馬の海と日輪と

 先週、急遽長崎県対馬に行ってきた。
 先月行った壱岐は月、今回の対馬は太陽。
 どちらの島も古代幻視シリーズで追った神功皇后の足跡が随所にある。まさに3~4世紀の歴史の大舞台だった島だと痛感。
 

 今回お世話になったのは対馬西山寺の宿坊。
 ここは江戸時代、豊臣秀吉の朝鮮出兵で最悪な状態になっていた日朝関係の修復に大きな役割を果たした寺でもある。おりしも2017年の国際情勢は北朝鮮の動向が鍵にもなっているだけに不思議な導きを感じる。
 

 そうそう希望者は座禅もできるので、翌朝6時から座禅に参加した。参加者は私だけで、静かな時間を過ごせたよ。
 

 今回足を運んだのは和多都美神社、海神神社、烏帽子岳、阿麻テ留神社、住吉神社、そして海。和多都美神社と海神神社の御祭神は豊玉姫、つまり乙姫。乙姫プロジェクトともリンクする。さらに乙姫と神功皇后は深いつながりがあるんだよね。
 

 ふたつの島の陰陽のエネルギーがいい感じに和合安定するのを実感。
 さてこの夏はどんな風が吹くだろう。
 

2017年7月16日
 
 

和多都美神社の鳥居。海中に鳥居があって、大潮の時は2メートルも沈む。

和多都美神社の境内。海のエネルギーに満ちている。

和多都美神社の背後に控える烏帽子岳から浅茅湾を眺める。古代の風景が浮かんでくる。

阿麻テ留神社。祈っていると頭上の日輪が輝きを増す。古代では太陽神を祀っていたのだろう。

住吉神社。ここも海のエネルギーが半端ない。

厳原飲み屋のある界隈。

モスバーガーのおばちゃんに教えてもらった居酒屋で晩御飯。サザエのつぼ焼きは絶品。

海のシルクロード 壱岐

 わたしは物心ついたときから毎朝祈るのが習慣になっていて、目を閉じたとたん冥想状態になるため滅多に予知や預言などのノイズが降りることはない。
 

 ところがあれは3週間前だったかな。朝、いつものように祈ろうと思って目を閉じたとたん、突然イメージが飛び込んできた。空も海も金色に輝く中に伊勢の二見ヶ浦の夫婦岩とそっくりな岩が浮かんでいる。伊勢の二見ヶ浦は朝日だけど、目の前の光景は夕日。でも名称は二見ヶ浦。さらに上空から見下ろすと青い海にちいさな島がある。壱岐だと思った。
 

 ここ数年、自分から見ようとしない限り、祈りの最中にイメージが飛び込んでくることはなかった。気になったので「夕日・二見ヶ浦・夫婦岩・・しめ縄」で検索すると九州は糸島の二見ヶ浦がヒットした。
 

 ビンゴ。夕日100選のデートスポットだって(^^;
 というわけで今週の月曜日から三日間、急遽九州に行くことになった。

糸島の二見ヶ浦


 

 糸島の二見ヶ浦と櫻井神社まで足を延ばして、夕方の船で壱岐に渡った。
 壱岐は海のシルクロードの終着点ともいわれていて、古代では重要な交易ルートだった。ここに月讀神社の元宮がある。
 

 急な階段を上るととても古くて小さなお社が立っていた。
 ここ。。。。深い慈愛に満ちた、次元の高いエネルギーに満ちていた。月讀神社という名称だけど、そこに存在していたのは大いなる力そのものだった。

月讀神社・壱岐

住吉神社の龍の背のカエル

聖母宮

手水場

壱岐のイルカ

 先週の徳之島、そして今回の壱岐。
 古代から海は人々を導いてきた。
 まだ見ぬ彼方の海に期待と憧れを抱いて、星を見上げ、風を読み、帆を張って進む。
 

 天が問いかける。
 

 命を使っているか?
 この世界に生まれた意味を感じているか?
 どこに行きたいのか?
 どこに行くつもりか?
 

 月は生命力。
 満ち溢れる力。
 無意識を制覇しろ。
 愛と笑いと勇気をもって。
 
2017年6月29日
 

【サイト内関連記事】
・『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ
・海のシルクロード 壱岐
・月讀む力は愛する力
・プレ乙姫プロジェクトのご感想
・残席4名様 激動の時代を乗り切る力を身に着けろ! 海編「乙姫プロジェクト」
・叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?

小豆島と金毘羅さん

 今週初めに二泊三日で小豆島と金毘羅さんに行ってきた。
 高松空港に着いて、まず向かったのは金毘羅さん。
 ひたすら石段を登り、1368段を登りきったところでようやく金毘羅さんの奥の院である厳魂神社にたどり着く。平日の午前中にもかかわらず、ちいさな奥の院の敷地には参拝者でにぎわっていた。

 

金毘羅宮奥之院 厳魂神社

  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 翌日は朝一から小豆島72番所の奥の院笠が瀧寺に向かった。
 麓の瀧湖寺の駐車場にレンタカーを停めて15分ほど歩くと急こう配の鎖場があった。
続きを読む

火山と縄文~隠れたパワースポット八幡平

 先週の連休はいつもの八幡平のセカンドハウスに行ってきた。
 
 ブログでもちょくちょくでてくる八幡平は意外に知られていなくて、八幡平ってどことよく聞かれる(苦笑)。というわけで、本日はわたしの愛する八幡平について書くね。
続きを読む