」タグアーカイブ

海から持ち帰る宝物

 ヒーローズジャーニーの本質は生命力。
 部分でしか生きていないちいさな「自分」を越えた、内であり外であり光であり暗黒である静寂と賑やかさに満ちた深淵に触れて、より豊かな生命力を取り戻す瞬間に立ち会うことでもある。
 
 
 時には夢という形をとって。
 あるいは海からの贈り物として。
 

あらゆる神話の力の顕現であり、文化の根底でもある不可知な領域。
わたしたちの心を揺さぶる古今東西の物語。
 

 海に入る。
 山に登る。
 鳥居をくぐる。
 

 電車に乗る。
 道を歩く。
 
 ビジネスの世界で戦う。
 パソコンを叩く。
 難問に立ち向かう。
 

 踊る。歌う。演技する。
 

 飯を炊く。
 眠りにつく。
 

 すべての日常は全体性の発露でもある。
 あらゆる行動は根底の力を呼び込むマジックでもある。
 
 海の底から目に見えない宝物をもって、水面に浮上する亀は象徴。
 
 神話を学ぶことは道しるべを持つことでもある。
 どんな世界観を持つかが人生を導く。
 わたしは心理学を学んできたけれど、同時にシャーマンでもある。
 豊かで賑やかで笑いと怒りとあらゆる雑多なひとの営みをカラフルに彩る世界が好き。
 

  たんなるマリンスポーツですらシャーマニックな見方をすると大いなる力と繋がり、人生を変える魔法が発動し始める。
  

 つづきは講座でね。 
 

2017年3月6日

浄化の乗りきり方 3 ドリーミングDreaming

 さて今日のテーマは個人の心の動きや夢・身体症状とわたしたちの住むこの世界の現実とのつながりについて。
 

 たとえばB子さんの場合、心のどこかで変わりたいと思っていながらも「自分はべつに悩んでなんかいないわ」と思い込んでいたとする。友人には「いつも明るいわね」なんて言われて、自分でもその気になっているんだけど、ふとした拍子に胃が痛む。そういえば最近、体もだるいし、体調がわるいなあ・・・医者に行ったほうがいいのかしら。
 

 B子さんの心のなかでは何が起きているんだろう? 
 たとえば職場での上司や同僚に対する不満、仕事そのものに対する不満、プライベートでは恋人に対する不満がたまっているのかもしれない。不満な気持ちになるのは、相手がこちらの期待通りの行動をとってくれないからだよね。
 

 同じ状況であっても不満ではなく、相手に感謝できるひともいる。
 この差はどこからくるんだろう?
 

 ひとは自分が心から納得した生き方をしていないとき、往々にして不満を感じることが多い。本当はこうしたい、本当はNOと言いたい。けれど気持ちを伝えれば相手と喧嘩になるかもしれない。一生懸命努力しても結果が失敗に終わったらどうしよう。それなら今のまま、変化を期待せずに生きていたほうがいい。あるいは自分自身の中の怒りや不安、悲しみにうすうす気づいているけど、その感情と向き合って認めるのが怖い。認めてしまったら、自分なんて価値がないような気がする。

続きを読む