被曝に特化したヒーリング」カテゴリーアーカイブ

いわきの海と始まりの予感

 12月4日の祈りの被曝ヒーリング勉強会の東京クラス、12月7日のいわきクラスが無事終了しました。
 東京クラスは9:30からみっちり祈り・ゲノム・食の座学、そして午後は被曝ヒーリング実践編ということでひたすら練習という、毎回おなじみのコースです。
 東京クラスのほうは、友人の聡哲鍼灸院の聡哲さんがブログに詳細なレポートを書いてくれました。
 興味のある方はぜひ、下記URLからどうぞ♪
がんを直すお手伝い、ビワの葉温灸、聡哲鍼灸院日記
 
 さて7日は福島県いわき市での開催でした。
 幼稚園の講堂をお借りしての勉強会で、総勢70名以上の方が参加してくださいました。
 いわきのお母さまたちの内なるパワーに感動しつつ、東京クラスとはまた一味違った内容での勉強会になりました。今年の5月に被曝ヒーリングをスタートして以来、これをいちばん必要としている人たちに届けたいと思いつづけてきた中で、私にとってはひとつの節目でもある勉強会でした。
 いわきクラスのレポートはさっそく中山先生がブログアップしてくださっています。
 下記リンクから、どうぞ!!
 ”12月7日~いわきの新たな一歩の日” 中山矯正歯科医院ブログ
              ☆
 勉強会の前に、当日いらっしゃるいわきの人々の魂を育んできた大地と海を感じたくて、6日の午後からいわき市に入り、友人のミミさんに案内してもらいながら海岸線を見て回りました。いわき市は311のときに大津波を経験しています。彼女は震災前とは海岸線が大きく変わったと言っていました。
 目を閉じて、岸壁に立ち、祈っていると、喜びと命の波動が海全体から伝わってきました。
 喜びの海。 
 そうか・・・・いわきの海は悲しみの海ではなかったんだな。
 人智を超えた命の力。私たち人間は目の前の悲しみや困難さばかりに目がいって、自然や人間の持つ可能性を過小評価していたのかもしれません。そこに気付きさえすれば、時代は大きくかわるのだろうーーそんなふうに感じました。
 一万年以上も前からこの東北の土地に眠る命の記憶と神々が、いわきでの新しい一歩をバックアップしてくれているのを感じながら海岸線を後にしました。
                ☆
 東京クラス、いわきクラスに参加してくださったみなさま、心から感謝します。
 そして毎回パワー全開で講演してくださる中山先生、サトケンさん、最高のサポートをしてくださるミミさん、いわきまで足を運んで、ワーク・受付のバックアップしてくださった八木さん、ありがとうございます!
 次回東京クラスは2012年2月12日、広島クラスは3月31日の予定です。後日詳細をアップしますので待っていてくださいね!!


☆ 愛するひとを守るために必要な直観力と生きる力を身につけるCEL講座はこちらからどうぞ

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

「祈りの被曝ヒーリング勉強会 in 蒲郡」無事終わりました

 8月18日(木)は親しい友人でもあるセラピールームすずきのゆみちゃんのお招きで「祈りの被曝ヒーリング勉強会」をしに蒲郡に行ってきた。
 わたしは仕事で遠方に行くときは新幹線か飛行機が多い。
 早朝ののぞみの、あのちょっと気合の入った空気感が好きなんだよね。
 蒲郡では6人のパワフルなメンバーがお迎えしてくれた。
 アットホームな雰囲気の中での勉強会もまた楽しいね。
 ゆみちゃん、参加してくださったメンバーのみなさま、ありがとうございました!
 さてfacebookで「祈りの被曝ヒーリング」のページが完成しました。
祈りの被曝ヒーリング
 facebookをやっていなくても見ることができるので、ぜひ遊びに来てくださいね~♪
 10月の「被曝ヒーリング勉強会」もゲノムドクター認証医の中山先生がいらして話してくださいます。
 ゲノムと祈りの関係など、興味深いお話がいっぱいです。
 ☆ 愛するひとを守るために必要な直観力と生きる力を身につけるCEL講座はこちらからどうぞ

ゲノムと祈り~第二回被曝に特化した祈りヒーリング勉強会のご報告と次回開催日のお知らせ (8/17 11時追記)

 8月14日(日)、都内で「第二回被曝に特化した祈りヒーリング勉強会」を開催しました。
 澄江講義中110814 365×274
 会場は都内有数のパワースポット田無神社のお隣にあるコール田無です。参加者は18名。うち二回目の方は3名で、15名の方が新たに参加してくださいました。
中山先生110814 365×274
 今回はスペシャルゲストということでゲノムドクター認証医の中山先生をお招きして、シャーマニックな祈りと医学、物理学など多方面からの考察を含めた勉強会になりました。シャーマンとして感じる感覚とゲノムの観点からの医学的な仮説が同じ結果を示唆していることが非常に面白く、すっかり意気投合。
澄江アップ110814 366×330
 中山先生、参加者のみなさま、ありがとうございました。
 なお被曝に特化した祈りヒーリング勉強会は練習会もかねて毎月開催する予定です。
 次回開催は
  ■ 日時 10月1日(土) 9:30 ~17:00
  ■ 会場 西東京市 市民会館 第1,2会議室
         ・西東京市田無町四丁目15番11号
         ・西武新宿線 田無駅北口より徒歩
  ■ 定員 40名
  ■ 参加費 300円
  ■ 主催 白鳥澄江
  
 お申し込みは、タイトルに「10/1 祈りの被曝ヒーリング勉強会参加」と書いて、氏名・年齢・ご住所・当日緊急ご連絡先を明記のうえ info@lutera.bizまでどうぞ。
 はじめての方もお気軽に参加してくださいね!
 また地方で勉強会を開いてほしい方はセットアップさえしてくだされば出張します。これまででいちばん遠い会場は西明石です。明日は蒲郡で開催です。お気軽にご連絡くださいね!

 というわけで参加者のおひとりS子様のご感想です。
          ☆
今日は参加させていただきありがとうございました。
私は7月の開催と、今回で、2回目の参加でした。
1回目に参加した時は、エネルギーが強すぎたのか、
ほとんど眠ってしまい、記憶があまりありませんでした。
なので、今回は自分の意識をクリアにしている事に気をつけて参加していました。
私はどちらかというと、ヴィジョン型で、
ついヴィジョンに走りやすいのですが、
今回は常に自分を冷静に観察しながらヒーリング実習ができました。
ヒーリングをしながら被曝が恐ろしいもの、
悪いものだから無くすという感覚がなく、
非常にニュートラルな気持ちでヒーリングができました。
また、ヒーリング中ずっとクリアな意識の中で、
はっきりと感じる事ができたのが、
自分が光の存在であるということ。
そして、私たち一人一人が、全てはひとつの光で繋がっている。ということ。
この事が明確になり、
これまでおぼろげだった私の中の疑問がクリアになりました。
今回改めて、
純粋な気持ちでお祈りをささげることの大切さ。
そして、祈りの心を育てる事の大切さ。
この二つを強く感じる事ができました。
これからもまずは自分のため、
そして身内の為にこの祈りのヒーリングを続けてゆきたいと思っています。
参加させていただけたご縁に心から感謝します。
ありがとうございました。
 S子様のブログ クリスタルと数字があなたの未来と運のトビラをひらく
S子様、ありがとうございます!
寝なくなったのは二回目の参加ということで、だいぶエネルギーに慣れてきたのだと思います。
今後は祈りの心をさらに育てていってくださいませ。


 ☆ 愛するひとを守るために必要な直観力と生きる力を身につけるCEL講座はこちらからどうぞ

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

被曝ヒーリングの原点は祈りの心

 このところ天河や岩手など遠出することが多く、すっかりブログ更新が滞っているにもかかわらず、いつもあたたかな励ましをありがとうございます。
 さて先月からスタートした無料被曝ヒーリングに関して、いろいろ質問をもらっています。そのなかで最も多いのが以下の質問。
1  そもそも被曝ヒーリングって何? 
2 普通のヒーリングと何が違うの?
3 どうして無料なの?
 まず1の質問ですが、そもそも被曝ヒーリングというのは、被曝に特化したヒーリングというか、被曝にも効くヒーリングの略称です。今年の五月のはじめ頃、被曝と思われる症状のお子様の体内で放射性物質の存在を感じた時に、シャーマンの感覚の中で降りてきた対処方法です。その本質は相手の体に一切触れることなく行う「祈り」そのものなのです。ただ「祈り」というネーミングはかえってわかりづらいので「被曝ヒーリング」というネーミングにしました。
 2の質問ですが、以下、私の知っている範囲での説明になります。
 いまの世の中、手軽に技術を習得できるさまざまなヒーリングが存在します。その中で代表的なものはレイキでしょう。レイキあるいは私がCEL講座や人間力養成講座などで教えている☆ヒーリングもそうなんですが、手軽に学べるヒーリングには共通点があります。
 それは何かというと、シンボルを使う事です。
 それぞれのヒーリングエネルギーに応じたシンボルをトリガーにして、大きなエネルギーフィールドにアクセスするというのが目に見えないエネルギーの使い方を教えるうえでいちばん簡単だからです。
 こうしたヒーリングの利点は誰でも簡単に習得できることです。同時にアクセスできるエネルギーはモノの性質に由来するため、その働きには限界があります。これに対して「祈り」を主体とした被曝ヒーリングはシンボルは使わず、シンプルにモノをこえた大いなる力に対して祈ります。そのためまっすぐ祈りが届くと人智を超えた力が働きますが、個々の祈りの純度によって結果が大きく変わってきます。つまり祈りによる被曝ヒーリングの場合は、祈りの心を育てることがひとつの大きなポイントになってくるわけです。
 では祈りの心とは何でしょう?
 それは「自分=我」を捨てることなんです。たとえば「うまくいきますように」とか「病気が治りますように」というのは、自分自身の考えや特定の結果に固着しています。これは我から出た祈りです。モノ由来のエネルギーにはアクセスできますが、モノを越えた大いなる力には届きません。
 そもそも大いなる力とは何でしょう?
 詩人はそれを「愛」と呼び、哲学者は「真理」と呼び、科学者は「法則」と呼び、宗教者は「神」と呼び、求道者は「空」と呼びます。それは、この宇宙をも含む世界を成り立たせ、すべてのものを育むモノを超えた力にほかなりません。人の想像を超えたこうした力に祈るとき、自分という小さな我を捨ててゆだねるしかないのです。
 生きてゆくためにさまざまな執着・見栄・不安・恐怖・固定観念を身に着けてしまった私たちおとなにとっては、「自分」という殻を捨てることは勇気がいるかもしれません。けれど日々の生活の中で自分自身の心の動きを見つめて、ひとつひとつ受け止めてゆくプロセスをとおして、いつのまにか薄皮を剥ぐように余分な殻が取れてゆきます。
 それが「自分」を捨てるということです。自分の中の見栄や執着・不安の存在をありのまま認めて受け入れてゆくと、すこしづつ心の深いところから自分自身や身近なひとたちを慈しむ事ができるようになります。こうした日常が祈る心を育てるのです。祈りは神棚の前にあるのではなく、日常の中に存在します。
 そんなわけで「祈り」による被曝ヒーリングは特別なテクニックは存在しないかわりに、日常の中でどれだけ自分と向き合えるかがポイントになります。8月14日(日)の被曝ヒーリング勉強会では、まずは被曝ヒーリングを実践的なワークの中で体験してもらおうということで、「自分自身と向き合う方法」までは扱っていません。「自分自身と向き合う方法」に関してはルテラムウのCEL講座でも徹底的にお教えしていますし、さまざまな心理カウンセリングスクールや各種講座などで自分と向き合うための方法を教えていると思いますのでご自分に合った方法を探してみてくださいね。
 3のどうして無料かという質問ですが、これは純粋に祈りだからです。たとえば「自分と向き合う方法」を身に着けるCEL講座の場合は交流分析からサイコシンセシスまで各種心理学的な手法およびシャーマンの技術をきちんとカリキュラムを組んでスクール形式で教えますので、そこには普通に人間界のルールが発生します。ところが被曝ヒーリングの場合は、天啓として降りてきたものなので一個人がその叡智を独占することを宇宙は望んでおりません。ひとりでも多くの方が祈りの心と叡智を身に着けることで、311以降の厳しい状況を乗り切れというメッセージ伝わってきます。また秋以降、さまざまな事実が顕在化する中で、祈りを知っていることが生き抜く力になると感じています。
 というわけで、M子様からいただいた無料被曝ヒーリングのご感想を掲載しますね。
      ☆  ☆  ☆
 こんばんは。先日被曝に特化した無料ヒーリングをうけさせていただきましたM子です。
 その節は本当にありがとうございました。心より感謝です。
 お礼と感想が遅くなりすみません。
 あれからしばらくなんというか言葉ではうまく表現できない感覚とキョーコさんに対する感謝でいっぱいでした。
 うまい言葉がみつからず、言葉を探す毎日です。そんなふうにいつも気持ちが的確な言葉で上手に表現できないからふっと感情を流したり、自分の感情と深く向きあえてなかったのかもしれません。
 あの日キョーコさんの祈りで私は自分で自分を生まれて初めて抱き締めることができました。それは温かくて心地よい、優しさに包まれ、とても幸せな気持ちでした。
 キョーコさんの祈りが始まるとあたたかい風が私の体を何度かなでるように吹き抜けます。とてもリラックスして宇宙にいるような感覚で、上半身がぐる~と大きな力に引かれて、ゆっくりとまわるような感じでした。
 そして足元には大地から暖かいエネルギーがはいりこんできました。
 そして私の両手はすごい力に引かれ頭上へ向かってあがっていき、どこまでいくの?何が起こっているの? と思ったら胸の前で手が組まれ前から強い力でおされ私の腕は私自身を強く包みこんだのでした。
 しばらく心地よくしているとキョーコさんが優しい声で「終わりましたよ。自分を抱きしめたかったんだね」と言われました。
 私はキョーコさんが意図して自分を抱きしめるような技法を使われたのかと思っていたのですが、ただ私の幸せを祈ってくださっていたとのこと。
 とても不思議な体験でした。
 そして「祈り」の持つパワフルさ、エネルギーの強さ、無限大の可能性を実感しました。
 私はずっと自分を認めること、許すことができませんでした。
 責めることは大得意だけれど。
 キョーコさんの祈りによって、私は自分の「魂」と向き合いその子を大切に抱きしめることができました。
 「よくがんばってきたね。」「その時にできる精一杯やってきたのだから、もう許してあげよう」「だいじょうぶ」「だいじょうぶ」キョーコさんからのそれは優しいやさしいメッセージで私の魂はじゅうぶんに癒やされ、生まれ変わったような気がしました。
 被曝に特化したヒーリングの申込をした時には、こんな展開になるとは思いもよりませんでした。
 確かに被曝はしていたそうですが、それなりにいろいろ気を使って過ごしているので、通常よりは被害は少なかったようです。
 キョーコさんのブログに
 どこまで存在を全肯定できるか?
 これが祈りの質を決めます。
 その第一歩が、自分自身を肯定するという、とてもシンプルな メンタルケアだったりするわけです。自分自身と向き合うことなしに、宇宙に通じる「より純粋」な祈りのエネルギーは発動しないともいえます。
 とありました。
 今回私はこのことを身をもって経験しました。
 「自分自身の肯定」「魂の癒し」「愛」「ここで生きること」
 答えと課題をいただきました。
 キョーコさん本当にありがとうございました。キョーコさんに出会えたことに心から感謝いたします。
 キョーコさんが私の中にも祈りの本質はあるんだよとおっしゃってくださいました。ゆっくり向き合っていきたいと思います。
 本当にありがとうございました。
 拙いうえに長文で失礼しました。
 おつきあいくださりありがとうございました。
 まだまだ暑い日が続きます。お忙しいキョーコさん、どうぞお体ご自愛ください。
 またお会いできる日を楽しみにしております。
 M子様、ご感想をありがとうございます。
 両手で自分自身をしっかりと抱きしめておられたM子様を見て、私自身も静かな感動を感じていました。
 人間は素敵な生き物だなあ。。。と心から思います。
 この先もいろんなことがあると思いますが、だいじょうぶ。
 しっかり生きていきましょうね!
 


 ☆ 愛するひとを守るために必要な直観力と生きる力を育てたい方のためのCEL講座はこちらからどうぞ

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

「第二回被曝ヒーリング一日勉強会」のご案内とご感想(7/13感想追加)

 昨日は友人夫婦に会うために、福島県いわき市に行ってきた。
 上野からスーパーひたち(常磐線)で揺られること2時間。かれらの住む泉は福島の湘南と呼ばれているそうで、温暖で緑の豊かな美しい街だった。
 3月11日の東日本大震災では、ここ泉にも津波が押し寄せ、自宅前の国道では流された魚がぴちゃぴちゃと跳ねていたのだとか。今回は時間がなくて津波の爪痕が残る海岸に行くことはできなかったが、常磐線の日立を過ぎたあたりからずっと海が見えていて、とても穏やかで美しかった。自然は時に荒々しい姿を見せる。しかし同時に、人を癒し、生きる勇気を与えるのも、また自然なのだろうな。
 というわけで被曝ヒーリング勉強会のご案内です。
 こちらはママ&女性向けの2時間勉強会「放射能と仲よくつきあう方法」とはまた別の企画です。
 内容は、午前中は被曝に特化したヒーリングの基本になる「祈りとは何か」「放射性物質と祈りの関係」等のお話、午後は被曝ヒーリングの実技指導が入ります。
 被曝ヒーリングをするにあたって、祈りの心を育てることがとても重要になってきます。祈りの心を育てる具体的な方法は多くの段階とスキルがありますが、それはCEL講座で教えているので今回はそのエッセンスのみにとどめて、ヒーリングの実践的な内容を中心とした勉強会です。
 被曝に特化したヒーリングを学びたい、あるいは子供や家族などに無償でヒーリングをしたいという意志のある方で、18歳以上なら誰でもOKです。もちろんヒーリングなどの経験のない方も大歓迎ですの、お気軽にお申込みください。実技などの集中した時間が続くのでお子様連れは不可です。 
 
           記
タイトル 第二回被曝ヒーリング勉強会
■ 日時 8月14日(日) 9:30~16:30 満月&お盆中日
■ 場所 コール田無 会議室A
    住所:西東京市田無町三丁目7番2号
    交通手段 西武新宿線田無駅北口 徒歩10分
    http://www.city.nishitokyo.lg.jp/sisetu/itiran/hall/call.html
■ 参加費 300円(会場使用料にあてさせていただきます)
■ 持ち物 とくにありませんが、今回はお茶を用意していないので水分を各自持参してください。
■ お申込み方法
 氏名・年齢・性別・お住まい・当日ご連絡先電話番号・メールアドレスをお書きの上、タイトルに「被曝ヒーリング勉強会参加希望」と明記して、info@lutera.bizまでメールにて8月10日までにお申し込みください。
■ 内容 ・祈りとは何か
    ・放射性物質と祈りの関係
    ・被曝にも使えるセルフヒーリング&他者ヒーリング実技指導
 じつはこの勉強会はつい先日の7月3日東京、7月5日西明石会場第一回目を開催したんですが、ブログにご案内をアップする前に定員になってしまいました。
 その時の参加者の皆様が書いてくださったご感想を紹介しますね。
■ Y.Y様(東京クラス)
■ Y.S 様(東京クラス)
■ Y.I 様(東京クラス)
■ F.K 様(西明石クラス)
■ K.M 様(西明石クラス)
                       ☆
■ Y.Y様(東京クラス)
 勉強会ではどうもありがとうございました。
 座学では、どうしてヒーリングの力が、放射性物質に影響を与えるのか納得できる解説や、ヒーリングの力とは本質的に何なのか、ヒーリングとしても、人としても、「癒す力」が何でできていて、どうすれば高められるのかが、シンプルだけど、普遍的で、しかもとても身近に感じることができ、とても優れた内容だと感じました。
 たくさん時間を取った、実践のヒーリングの練習の間に、その座学で知識として学んだ内容を、今度は実体験することができたのも、とても勉強になりました。
 知識で学んだことが、ヒーリングしているうちに、自分の内側から、自分の体験としてお腹の底からわきあがるように生まれてきて、本当に腑に落ちる体験があり、また、それに刺激されるようにして、重要な気づきもたくさん生まれました。
 今までは、外からインターネットや報道などで取り入れた知識や数値が、実際、自分にはどのぐらい影響があるのか、憶測しかできなかったし、その上でできる対処をするしかありませんでした。
 たとえ数値で正確に判ったとしても、理由のはっきりしない、今までには経験したことのない不調が、放射性物質の影響なのか、心配によるストレスによるものなのか、自分の未来は、いつか子供を持ったときに、その子は大丈夫なのか、いつまでも明確に可能性も確率も、結果もわからない、大きな不安がつきまとい続けていたと思います。
 でも、ヒーリングをしている間に、自分の不調に対して、実際に今までとは違う症状をありのままに認めることができ、何かのせいにするわけではなく、単に、ああ、今までに体験したことのない不調があったな、と素直に状況を認めることができ、そのことで心の中にスペースとゆとりができ、「わけのわからない不安感」がなくなるのを感じました。
 ヒーリングを進めるうちに、自分の中にある、実際の放射性物質なのかそれ以前からあったものなのか、ストレスなのかはわかりませんが、何か自分によくない影響を与えているものを感じたり、それを象徴するかのように、黒いものが目をつぶっているまぶたの裏に見え、それがやわらかい光るものに変わり、自分の内側で、良い影響を及ぼすものに変化していくのを感じました。
 そうした、感覚を信じて、内側の感覚の変化を楽しんで、ヒーリングが終わるたびに、事故以来、喉の調子がおかしかったのが、数ヶ月ぶりにすっきりとしていくのにびっくりしました。また、ずっと感じていた、体全体の違和感や、抵抗力が落ちているときにでる症状が、軽くなったのを感じました。
 何より、自分が変化を体験したことで、思い込みではなく、体の内側から強い希望がでてきたことは、とてもかけがえのない体験だったと思います。
 このヒーリングは、被ばくに対するヒーリングですが、本来は他のものにも使えるものだと伺い、実際、私もそう感じています。
 勉強会以来、他の問題に対しても、とてもいい気づきや、自分の変化に役立っています。
 ヒーリングは技術でも、自分の力でもなく、本当に純粋になったときに、自分や自然すべてを超えた、大きな力のはたらきの中で起こるもので、それは自分自身でもあるんだ、という、深い、貴重な安心感を体験しました。
 初めは、放射性物質の影響を取り除きたい、という可能性にかけて参加しましたが、勉強会の後は、放射性物質に対する不安だけではなく、もっと大きな、人生上のいろいろな不安すべてに対して、受け止める力が育ちつつあると感じています。
 このヒーリングを紹介したい人がたくさんいて、早く伝えたい、と強く思っています。
 ヒーリングをする時間が、純粋に楽しくもあり、希望も感じますし、これからも、勉強会を通して、気づきが深まったり、ほかの方との出会いも楽しみにしています。
 本当にありがとうございました。
                        ☆
■ Y.S 様(東京クラス)
 今回は被曝に特化した、ということでしたが、一方で自分自身、転職・引っ越しと大きな変化の中にあり、気持ちにも身体にも余裕のない時期でした。
 環境が大きく変わったため、身体には特に気をつけようと折に触れて“自分の身体はいまどのような状態か”に気をつけるようにしています。今回の勉強会ではそれをよりいっそう深くしていく糸口を見つけたように思いました。
 自己ヒーリングをやった後、どんな感じだったかを皆でシェアするのも、大事なことと思いました。言葉にしていくことで「感覚を味わい直していく」プロセスが、感覚をより深めていくことにつながり、次第に感覚そのものも深くなっていくのかな、と感じました。
 本来であれば他者ヒーリングまでうまくできるようになれれば、と思ったのですが、まずは自分を整えていくことを重点的にしていこうと思いました。
                           ☆
■ Y.I 様(東京クラス)
 被曝にも使えるヒーリング、それはまさに「祈り」でした。
 被曝ヒーリングの勉強会が行われると聞いて、参加してみようと思ったのは、被曝に関して、具体的症状は感じていないものの、漠然と不安があったこと、そして「被曝に使える」ヒーリングってなんだろう?という好奇心からでした。
 勉強会の前半は、放射性物質のしくみの説明があり、物理や科学の授業を受けているような雰囲気でした。
その中でキョーコさんが感じているヒーリングのしくみについて分子や原子、原子核といった側面からの解説がありました。
 次に、実際にヒーリングのやり方を教えてもらって、まずはセルフヒーリング、次に他者へのヒーリングをしてみました。
 私は「気」とか「ヒーリング」を受けたことはあるのですが、これまで、特別なにか感じるといったことはなかったので、自分でもできるのかどうか疑問がありました。
 やってみた結果、特にセルフヒーリングでは、とてもリラックスして、心地いい眠気を感じました。
 やり方もまさしく「祈り」で、誰にでもできるシンプルなものでした。
 キョーコさんの講座でフォーカシングなどを教えてもらい、自分の感情を身体感覚で感じ、寄り添うことは以前からしていたのですが、それによく似ているように思います。
 自分のさまざまな感情(時に認めたくないものであっても)と寄り添い、共存すること。
 それプラス、祈ることによってメンタル的に充足感を得ることで前を向いていく気力につながる気がしました。
 「被曝にも使えるヒーリング」だとキョーコさんがおっしゃっていましたが、これは被曝のみならず、日常のメンタルケアにいいかもしれないと思います。
 「今日もお疲れさん、私!」というふうにして、寝る前にやってみるといいかもしれません。
 物理的に放射性物質に対する対策をすること、
 そして、3月11日以降、無意識に感じているストレスを緩和すること。
 放射性物質と「仲良く」するのは、
 受け入れがたいもの――放射性物質や、自分の負の感情――とも、物心両面で
 元気に共存していくことなのかもしれません。
                           ☆
■ F.K 様(西明石クラス)
 先日はハードな日程の中来ていただいてありがとうございます。
 一日あっという間でした。
 午前中の丁寧な説明の後、午後のヒーリングの実践。
 祈りってすごくパワフルなんですね。
 というか、エゴのない祈りがパワフルなんですね。
 私たち人間は肉体があるから、どうしてもエゴがあるという説明もとっても腑に落ちました。
 そして、エゴから離れようとか、エゴをなくそうともがかなくてもいいんだ! となんだか気持ちが楽になりました。
 自分の中にあるものを何であれ否定するのは辛いことですから。
 誘導されるがまま、形式に心を重ねていきました。
 出来てるのか、よく解らないけどただただ、丁寧にしてみました。
 気持ちよくて所々寝てしまいました・・・。
 あれからすぐ、好転反応が早速出たらしく旦那さんともめました(笑)
 でも結果的にお互いの考えてることを伝えることができました。
 誤解してたり勘違いしてたり、こう思っているはず!とかいう思い込みの解消もできました。
 喧嘩ととらえてることが問題で、ちょっと激しいコミュニケーションと思えばよかったんだなぁ~と思いました。
 もめること=ややこしいこと=めんどくさい=我慢しよう=見て見ないふりしよう、 そんな感じで自分の中にもやもやした感情がたまっていたことに気づきました。
 このモヤモヤが無くなったのかは解りませんが、暴れなくなったのは確かです。
 その証拠にぎくしゃくしていた旦那との関係がスムーズになったからです。
 きっとこの祈りは応用が効くはず。
 でもまず自分を癒し、そして自分の周りに広げていきたいと思います。
 自分の中にある全ての感情に寄り添い自分を含め、皆が幸せで暮らせるように心から祈ります。
                         
                           ☆
■ K.M 様(西明石クラス)
 何よりも凄いのは、例え被曝に関しての知識があろうがなかろうが、人を想い祈るということに関しては全く関係ない、という事でした。
 私などは、色々教えて貰って久しいのですが、なんだったんだろうかと思うくらい皆様あっけなく光に繋がりますね。(笑)
 やはり、どなたも神聖を宿しておられるのですね。
 それが、祈りとなれば尚更強くなるのだろうと思いました。
 とても嬉しい日でした。
 これが、沢山繋がればどんなに変わるでしょうか。
         ☆ ☆ ☆
 ありがとうございます。
 当日、会場で皆様とお会いできるのを楽しみにしています。
 また8月16日(火)の「放射能となかよく付き合う方法」勉強会もまだ定員に余裕があります。14日の被曝ヒーリング勉強会に参加したいけど、ちょっとドキドキするしどうしようかな~という方やお子様がいて一日の講座は無理という方はこちらをどうぞ。2時間ですが、簡単な心の持ち方やワークなど、気軽に参加できる内容にしようと思っています。
 ☆ 愛するひとを守るために必要な直観力と論理思考を身につけるCEL講座はこちらからどうぞ

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ