神示」カテゴリーアーカイブ

2018年神示

 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願い致します。
 
 毎年恒例の年頭神示ですが、昨年までは年末年始はフェルデンクライス指導者養成コースに通っていたため、東京の自宅で降ろしていました。昨年の正月明けにめでたく卒業したのもあって、今年はお正月から北東北地方に滞在していまして、いまも窓の外の粉雪を見ながらパソコンを打っています。
 

 神示を降ろすにあたって、まず神棚の前で手を合わすと、金色に輝く眩しい光のなかに例年になく珍しいものが現れました。
 
 とてつもなく強いエネルギー。
 そう、黒龍です。黒龍の中でも時代の変革期に現れる、最強の力を持つ暗黒龍王が現れました。で、ひとつ目のメッセージが降りました。
 
 ―――その地を天とせよ
 
 ついで地図が浮かびました。ピンポイントで青森港です。暗黒龍王の本体はそこで待っているのだと直観したので、まずは青森港に向かいました。
 
 滞在先から青森港までは東北道を使えば2時間弱。車を走らせながら思ったのは今年の神示を降ろそうと祈ったとたん、なぜ暗黒龍王が現れたのか? なぜ青森港なのか? 東北、とりわけ岩手、青森など北東北は縄文の遺跡も多く、森や山、土地そのものに縄文の気配が色濃く残っている地方です。さらに青森湾の最深部に位置する青森港は本州と北海道を結ぶフェリーの重要な発着所でもあります。
 
 そうこう考えているうちに雪にけぶる青森港に到着しました。
 港の岸壁に立って目を閉じると、いきなり強烈な風が吹き始めました。雪が横殴りに降ってきます。そして目の前に暗黒龍王の本体のエネルギーが現れました。
 

 黒龍のエネルギーを受け入れて一つになって、ただ在る。
 祈る。
 天と地が繋がる。
 
 光とともに神示が降りた。
 

 というわけで、お待たせしました。ふう。前置きが長くてすいません。やっと、2018年の神示です。
続きを読む

イスラエルの旅⑦(終章) 赦し~ネゲブ砂漠にて

 砂漠の色合いは日本のどの景色とも違う。コントラストがはっきりとしているのだ。極度に乾燥しているため、発色が空気中の水蒸気に邪魔されないからかもしれない。
 
 星空を眺めながら、ひとりで黙々と乾いた丘陵地帯を歩いていると、時折まだ暗いのにどこからか鳥の声が聴こえてくる。周囲には誰もいない。動くものは自分だけだ。ずっとここに来たかった。生きるために最低限のものしか与えられていない過酷な場所だからこそ自分の本音と否応なしに向き合わされる。何者でもない、ただの人間として、この世界と向き合ってみたかった。
 

 風が強い。
 夜明け前の吹きさらしの大地は容赦なく風が通り抜ける。
 胸の奥がきりきりと痛む。
 東日本大震災以降、わたしは胸の奥でずっと挫折感を抱えていた。
続きを読む

コスモフリークと衆院選後

 10月22日(日)、台風21号直撃のさなか行われた衆院議員選挙も終った。先日の徳之島での乙姫プロジェクトの余韻も冷めやらぬまま、あわただしく選挙と台風、そして来月のイスラエル旅行の準備で、ゆっくりブログを書く間もない今日この頃を過ごしている。
 
 
 今回の選挙は今後の日本の方向性を決める大きな節目のひとつだったのだけど、純粋にシャーマニックな感覚で時代の流れを読み解いてみようかな。そのまえに2000年代に入ってからの霊的な流れをざっくりみていくね。あ、これはシャーマンの戯言です。
続きを読む

2017年 神示

 明けましておめでとうございます。
 今年もどうぞよろしくお願い致します。

 さっそくですが、2017年の神示のお届けです。今年はちょっと思うところがあって、1月2日に糸魚川市の奴奈川姫神社に行って、そこで神示を降ろしました。

2017年空

2017/ 1/ 2 15:25


 

 糸魚川といえば年末に大火に見舞われて、140軒もの家屋が燃えるという大変な被害がでたことは記憶に新しいと思います。糸魚川は世界最古の翡翠文明の発祥地であり、国内の古代遺跡から発掘される翡翠の勾玉の主要産地でもありました。
 

 その翡翠文化の中心的な存在が奴奈川姫と呼ばれた女王であり、彼女の別名は神功皇后。まさに古代史のカギを握る重要人物でもあったんです。ところが古代王権にはかかせなかった翡翠文化は蘇我氏の滅亡と共に忽然と歴史の表舞台から姿を消します。
 

 さらに糸魚川は東日本と西日本を分かつフォッサマグナの西端にあたる糸魚川静岡構造線の起点でもあります。糸魚川市内を流れる姫川に沿って構造線が走り、露出した北米プレート(東日本)とユーラシアプレート(西日本)を見ることもできます。

 地殻的に日本の要のポイントであり、古代史のカギを握る重要な地域である糸魚川が冬至の翌日に大火に見舞われたということが重要な意味を持つと感じました。

 過去に何度かブログ記事にも書いているのでご存知の方も多いと思いますが、わたし自身は個人的に糸魚川とご縁があるため何度も訪れた町でもあります。それだけに大火後の町に行って祈りたい気持ちもあっての参拝でした。
 

 というわけで、お待たせいたしました。
 2017年神示のお届けです。
 
続きを読む

2016年神示

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

あっという間に2016年の年が明けましたね。 ここ3年ばかり、年末年始はフェルデンクライスティーチャーコースに通っているのですが、期間中は元旦、二日とお休みですが、それがあければ通常通りのコースが始まります。なんだか慌ただしいというか(笑)。ま、そのおかげで年末年始の片づけやおせち作りはすべてパスさせてもらっています。それはそれでラクチンかも。

 

というわけで、お待たせしました。

2016年神示です。

 

続きを読む