ヒーローズジャーニー」カテゴリーアーカイブ

ジャゼフ・キャンベルのヒーローズジャーニーを知ることで今を生きる勇気と力が湧いてきます。

ショートショート『帝国軍の襲来、そしてわたしは転職に成功した』

 今年もあと数日ですが、お元気ですか?
 じつは先々週から新しい文章スタイルの勉強を始めたんだよね。その一環で毎週なにかしらのコラムを書いて提出するのがお約束なんだけど、これがなかなか難しい。
 
 なんでもそうだけど、新しいことを学ぶときは自分流のスタイルを一回壊さないと吸収できないので一時的にパフォーマンスが落ちる。御多分に漏れず、わたしもまったく書けなくなった。
 
 書きたくてもどう文章を組み立てればいいのかさっぱりわからなくなって、うんうん唸っていたのが先々週くらい。なんとか書きあがった文章はそりゃ惨憺たるもので、とてもひと様の貴重なお時間をいただいて読んでもらうようなしろものではないという(--;
 そんな状態だったので、乙姫のご感想をアップするのが精一杯で、ブログを更新できないまま今日まできてしまったというのが正直なところだ。
 
 でもおかげでわたしは文章を書くのがめっちゃ好きなんだってことにあらためて気がついた。20年近くもインターネット上でブログやホームページを続けてこられたのはその気持ちがあったからだ。というわけで、以下の記事はスランプを脱出した後に書いた2本目です。
 
 この記事は本当はブログに書きたかったテーマだったんだけど、宿題用のコラム記事に使っちゃいました。というわけでここに貼っておきますので読んでくれたらめっちゃ嬉しいです。
 
 タイトルは『帝国軍の襲来、そしてわたしは転職に成功した』です。これは知り合いのA子さんから聞いた体験談をもとにいくつかの要素を絡めて書いたフィクションです。
       ↓ ↓ ↓
 
『帝国軍の襲来、そしてわたしは転職に成功した』
 

 え? ……スターウォーズ?
 思わず振り返ると、黒いダッフルコートを着た若者が駅に向かって歩いていくところだった。連れの背の高いほうの若者がスターウォーズの主人公ルーク・スカイウォーカーについて熱く語っている。スターウォーズは1977年に公開されたジョージ・ルーカスが手がけた作品で、映画界に新しい風を巻き起こした。シリーズはロングランを重ね、つい先月も新作が公開されたばかりだ。ダッフルコートの若者もさっき見た映画の興奮がさめやらぬ様子でしきりに頷いている。夕方のターミナル駅は家路を急ぐ人々と買い物客でごった返している。ふたりの姿はあっという間に人ごみに紛れてみえなくなった。

 じつはスターウォーズにはちょっと思い入れがある。
 話は2年前にさかのぼる。当時勤めていた会社が経営難を乗りきるために希望退職を募った。ところが蓋を開けてみると、当初の予定であった600人をはるかに上回る1200人がいっぺんに辞める事態になった。リストラにつぐリストラがたたって、ただでさえ過重労働状態だった会社は一気に人手不足におちいった。私をはじめ残された社員の負担はそりゃ相当なもので、過労とストレスで同僚や上司がつぎつぎと戦線離脱していった。

 月の残業時間はとうに規則を超過しており、これ以上残業ができないにもかかわらず仕事をこなさなければ集中砲火を浴びる。だから誰もがタイムカードを押さずに深夜まで働いていた。一緒に暮らす家族もいない、夢中になれるものもないまま、家と会社の往復の中でしだいに心身がボロボロになっていきながら、何のために仕事をしているのか、なんのために生きているのかもわからなくなっていた。

 そんなある日、いつものように満員電車のドアがあいて、勤務先のある新宿で降りようとして、身体が動かないことに気づいた。床に根が生えたように足が動かないのだ。私は大勢の通勤客がホームに吸い込まれていくのをぼんやりと眺めていた。やがてドアが閉まり、電車は再び動き出した。見慣れた景色が遠ざかる。気がついたら終点の小田原駅にいた。さっきから鳴り続けているスマホの電源を切り、ふと目に入った駅前のちいさな映画館に入った。そのとき観たのがスターウォーズだった。

 スターウォーズの面白さの秘密はヒット作を生み出す黄金の法則『ヒーローズジャーニー』を使ってシナリオを書いているからだと何かで読んだことがある。『ヒーローズジャーニー』という言葉を生みだしたのはジャゼフ・キャンベルだ。キャンベルは古今東西の神話や寓話、昔話や伝承を丹念に調べてゆくうちにある法則を発見した。すなわち、あらゆる神話は人間の普遍的な心の成長物語なのだ。キャンベルはこの法則を『ヒーローズジャーニー』と名づけた。

 スターウォーズに話を戻すと、主人公のルークは自分の内なる魂の声にしたがって本当の人生を生きる場がどこかにあるんじゃないかと思いながらも両親とともに平穏だけど退屈な日々を送っていた。ところが帝国軍の襲来によって否応なしに冒険の旅に出ざるを得なくなる。彼はいくつもの試練を乗り越え、やがて最大の危機に直面する。

 自分が信じてきたものや成し遂げてきたことはもう役に立たないという事実を受け入れるのは誰にとっても苦痛がともなう。だけどこの局面を打開するには新しい方法や考え方を身に着けるしかない。ルークもそうだった。彼は自分の限界を超えてフォースを操る新たな技術を身に着け、仲間とともに最大の危機を乗り越える。そしてずっと欲しかった自分の居場所を見つける。

 ルークが故郷を捨てて宇宙に旅立ったように、私たちが自分自身として生きていない時、人生の真の喜びとかけ離れているとき、私たちの本質は私たちに呼びかける。あなたが本当に望んでいるものは何? この体と命を使ってこの人生でやり遂げたいことは何? ときに私たちの本質はトラブルという形で私たちの人生に軌道修正をかけてくる。映画は人生と同じだ。映画でも実人生でも主人公はつねに成長することを求められる。自分をごまかして日常をやり過ごしているとき、私たちの本質は自分の人生を取り戻せと呼びかけてくる。

 私の物語の始まりを告げるベルは2年前から鳴っていた。希望退職の話がきたとき、新しい仕事を見つける勇気がなくて見送る側に甘んじた。でも本当はとっくに限界だった。そしてとうとう会社に行けなくなった。

 私はポップコーンを食べながらぼろぼろと泣いた。そして心に誓った。自分自身の人生を取り戻そう。わたしが退職したのはそれから1か月後だった。限界だったわたしの背中を押したのはスターウォーズにでてくる主人公たちだった。映画も人生も終わることのない成長物語なら、きっとわたしにもできるはずだ。寄る辺のない不安の中で、その思いだけが頼りだった。あれから2年、わたしの人生は大きく変わった。

 駅ビルからジングルベルが聴こえてくる。今日はクリスマス・イブだ。夕闇の街にオレンジ色のあたたかいイルミネーションがひとつずつともってゆく。さあクリスマスケーキを買って家に帰ろう。新しい家族とともに迎えるはじめてのクリスマスのために。
(了)
_____________
 

 今年はもう一本ぐらいブログを更新できるかな。年明けは例年どおり神示をアップする予定です。そうそうイスラエルの砂漠で岩の上に置いたまままわしっぱなしにしていたビデオに、日の出を見ながら降りてきたメッセージが偶然入っていました。それも折をみて何らかの形でお届けできたらいいなと思っています。
 
2017年12月29日

あなたが生まれる夢をみた

 最近つくづく思う。
 自分ひとりで成し遂げられることなんてひとつもない。
 有形、無形、どんな形であれ、これまでかかわってきたたくさんの人たちの力があって、今の自分がある。
  

 たとえば10月の乙姫プロジェクトは、ダイビングやシュノーケルといった海遊びの場を使って、わたしたちが自分らしく生きてゆくのを押しとどめる古いパターンを自然に溶かして、より本来の魂のミッションに沿って生きられるようになるプログラムだ。一般の人向けに心とマリンスポーツを結びつけたプログラムはまだ存在しない。だから乙姫プロジェクトはたぶん世界初のプログラムだ。
 

 でもこれは私ひとりの力でできたわけじゃないんだよね。海というフィールドが人間の精神の発達を加速させる可能性を教えてくれた東京アクアラングサービスの島田さんをはじめ、毎回ダイバー仲間と一緒に潜ることでたくさんの気づきがあった。
 

 本来の魂のミッションを生きるとはどういうことなのか?
続きを読む

『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ

 こんにちは! 夏至も過ぎて夏到来だね!
 今年の夏至は鹿児島から南に50分ほど飛んだ奄美大島の南にある、徳之島でむかえました。今回の旅の目的は10月に開催する『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の下見でした。おかげさまで梅雨にも関わらず雨に降られることもなく、徳之島の海を満喫できました。晴れた空は本当にありがたかったです。
続きを読む

ゼロサムゲーム? V字回復? 魂のチャレンジ

「責任を取りたがらない奴ばかりなんですよ」
 
 先日某企業の役員さんの相談にのっていたときに、ため息交じりに彼の口からでた言葉。彼は御年58歳、企業向けの数十億円クラスのラインナップをいくつも扱ってる従業員1,500人を抱える中堅企業の役員さんで、定期的に相談にのっているオジサマのひとりだ。
 
続きを読む

ヒーローズジャーニー講座のご感想

 先日の『魂のミッションを生きる ヒーローズジャーニー講座』が終わって1週間。
 すっかり遅くなりましたが、ご感想をホームページにアップしました。
 読んでいると講座の熱気がよみがえってきます。
 ご感想をありがとうございました。
 あらためて御礼申し上げます。
      ↓  ↓  ↓
続きを読む