コンサルティング・コーチング」カテゴリーアーカイブ

ゼロサムゲーム? V字回復? 魂のチャレンジ

「責任を取りたがらない奴ばかりなんですよ」
 
 先日某企業の役員さんの相談にのっていたときに、ため息交じりに彼の口からでた言葉。彼は御年58歳、企業向けの数十億円クラスのラインナップをいくつも扱ってる従業員1,500人を抱える中堅企業の役員さんで、定期的に相談にのっているオジサマのひとりだ。
 

 日本企業の多くが高度成長期とバブルの恩恵にあずかり無戦略でもモノがどんどん売れた時代はとうに過ぎ去り、いまままでは世界の競合とは戦えないという状況に追い込まれている企業は思いのほか多い。
 
 
 とくにモノづくりの企業の場合、そもそも経営陣が経営のプロではなく元技術者だから自分の専門分野の知識は豊富だけど、全体の流れを観て戦略を立てて企画・経営をするのが苦手なことも多い。今の時代、それでは世界で戦えない。思い切って社内の風土やシステムにメスを入れる必要があるとわかっていても、誰もが渦中の栗を拾うのを避けるのは世の常だ。 
 

 そんなわけで責任の押し付け合いというか、懸案事項を解決するにあたり率先して手を上げるひとがいないのだとか。たしかに対処に失敗すれば責任を取らなきゃいけないわけで、その場合はこのまま何も起きなければ手に入ったであろう老後の安泰は失うかもしれない。かといってこのまま手をこまねいていれば数十億単位の損失がでるわけで、オジサマ的にはため息が出るよね。
 

 解決方法はずばり、腹をくくること。
 誰もが責任を取りたがらない状況で手を挙げた場合、彼の手腕ひとつに会社の未来と従業員の生活と彼自身のこれまで築きあげてきた名誉がかかっているわけだから、腹をくくれといわれてもそう簡単にできるものじゃない。

 
 でも、これ、彼のテーマなんだよね。
 人間って、もう後がないというところまで追い詰められて腹をくくったときにはじめて見えてくる景色があるんだよね。この心理状態になると過去の後悔、未来の不安、個人的な薄っぺらなこだわりに惑わされなくなる。
 
 
 彼は大きなビジネスをする経験に恵まれてここまできた。ビジネスの成果が出た時の達成感や大きな組織を動かす面白さと責任、相応の財力に見合った暮らし、多くのひとが望む人生の果実を手に入れたいま、彼の魂はこの先同じことを繰り返していても意味がないと感じているのだろう。
 

 彼がまだ経験していないのは自分の我欲を捨てて、他者のために尽くすことだ。若い頃に誰もがいちどは考える「自分とは何者なのか」から始まって、我欲を全開にして自分の大事にしている価値観を仕事や生活の中で表現する熾烈な勝負の時期も過ぎて、他者を認められるようになってゆくといった年相応の経験を重ねてきたからこそ、やっとこの年齢になって腹をくくって渦中の栗を拾える胆力がついたのだ。
 

 58歳のいまの彼ならできるだろう。
 すくなくとも彼の魂はそれを望んでいる。
 ちいさな自分を突破したいのだ。
 いまの彼の魂には我欲をベースにしたゼロサムゲームの世界は狭すぎる。
 彼の魂はより広大な意識状態を経験して、そこを通じてアクセスできる未知のアイデアをこの世界に持ち込みたいのだ。
 
 
「どうしたもんですかね」
「欲張りですね。この世で望むすべてのモノは手に入れてきたじゃないですか」
「たしかに」
「童心にかえって、観たことのない、まったく新しい景色を見てみたくないですか?」
「そうですね。もうすぐ還暦だし、子どもにかえるのも悪くないかな」
 

 いつだって、この世界に新しい力を持ち込むのは童心と勇気をもったチャレンジャーたちだ。
 

 58歳のチャレンジ。
 すっかりオジサマのファンになってしまった。
 わくわくしながら見届けるよ。

 
2017年6月10日

セルフイメージを強化する 3 「セルフイメージを高めるには」

 年末特別企画「セルフイメージを強化する」シリーズ第三回のお届けです。
 さてここまでセルフイメージについていろいろ書いてきたけど、セルフイメージが低いより高いほうが人生の自由度が高いということがご理解いただけただろうか。
 今のままが好き! という方はここから先は必要ない話になるんだけど、ちょっと変化してもいいなーと思う方は、どうぞお付き合いください。
 
 
 まずセルフイメージを高めるには大まかに分けると二種類のアプローチがある。
 

 
 1 日常の行動レベルからコツコツと実践してゆく方法
 2 潜在意識レベルにダイレクトに働きかける方法
 

 通常ブログを読んでいるみなさまが今日から実行できるのは1の方法。やり方はいろいろあるんだけど、オススメの方法をひとつお教えしましょ。
 

 題して、
 

「一日3分でできるセルフイメージアップ・レッスン」 
 

方法)
 
 1、当日の朝もしくは前の晩にその日の達成目標を1個決める。
 2、決めたら専用のノートに記録しておく。
 3、実行する。
 

 コツは目標は簡単な内容にすること。たとえば主婦だったら、「明日はハイターを買いに行く」とか、「晩御飯にお豆腐を出す」とかね。
 
 簡単でしょ? 簡単だけど効果があるんだよ。
 
 このレッスンの目的は、「目標達成をする脳内パターン」を作ることにある。このパターンは、目標の大きさには関係がないんだよね。大企業の社長が大きなプロジェクトを動かすのも、主婦がハイターを買いに行くのも基本的にはまったく同じパターンが作用する。
 

 なのでこれを日々積み重ねてゆくことで、あなたの中には着実に「目標達成をする脳内パターン」が組み込まれてゆく。そして必ず記録しておくこと。この積み重ねがセルフイメージをアップし、大きな自信につながる。
 ぜひ実行してみてね。
 

 そうそう2の「潜在意識レベルにダイレクトに働きかける方法」もいろんな方法がある。たとえばヒプノセラピーやサイコシンセシスのイメージワーク、ある種のヒーリングもこれに当たる。期間限定の「スペシャルシャーマニックセッション」もこのタイプで、潜在意識の深いところから変化をおこしてゆくため効果が高い。
 

 
 手前味噌だけど、こうした内容全般をみっちり教えるのがクリエイティブエネルギーロジック(CEL)のセミナーだったりする(笑)。
      ☆
 ふ~。年内更新やっと間に合った。
 シャーマニック経営学のほうも更新しました。こちらはしばらくは「直感」について書いてゆく予定です。
 

 というわけで、今年は大晦日ぎりぎりまでばたばたしていましたが、無事新年を迎えられそうです。
 新年は5日から始動です。
 今年も本当にありがとうございました。
 どうぞ良い年をお迎えください。

 
2010年12月31日
 

【ブログ内参考記事】
セルフイメージを強化する1 「セルフイメージとはなにか」2010年10月31日 
セルフイメージを強化する2 「セルフイメージが低いとどうなるか」2010年12月31日
セルフイメージを強化する 3 「セルフイメージを高めるには」2010年12月31日

セルフイメージを強化する2 「セルフイメージが低いとどうなるか」

 さて年末特別企画「セルフイメージを強化する」シリーズ第二回のお届けです。
 前回の記事はこちらをどうぞ。セルフイメージを強化する1 「セルフイメージとはなにか」
 

 さてまずは簡単なチェックをしてみてください。
 

質問1
当てはまると思う内容をチェックしていってください。
 
 
 □ いつも同じパターンで失恋する
 □ いつも貧乏くじを引く
 □ いつも肝心なときに風邪をひいたり、トラブルに巻き込まれる
 □ 自分は運が悪いほうだと思う
 □ 心のどこかで人生なんて、どうせこんなものだと諦めている
 □ 思い通りにいかないのが人生だ思っている
 □ 世の中には自分よりももっと不幸な人たちがいるんだから、自分はそれよりはマシだと思っている
 □ 大きなプロジェクトを上司から任されたものの、自分には無理だと思うと気が重い
 □ 人生はそれほど不幸ではないけれど、ものすごくHappyというわけでもないような気がする
 □ いわゆる成功している人たちは特別な人たちなので自分とは違うと思う 
 

質問2
 

1)~6)までの質問の中で自分がとりそうな行動に近いものをabのどちらかから選んでください。
 

1)電車の中で、乗り合わせた中年の女性に身に覚えのない言いがかりをつけられた。あなたの反応は?
 
   a、怖くなって反応できなくなる
   b、言い返したり、たしなめたり、行動や言葉で表現する
 

2)友人に新年会に誘われた。会ったことがないひとばかりだが、あなたならどうする?
 
   a、あまり興味がないので断ろうかな
   b、その日はちょうど空いてるので行ってみようかな
 

3)歳末福引セールで豪華海外旅行券(30万円)が当たった。内容は行きたい国と時期、ホテルを自由に組み合わせることができる。ただしパッケージツアーではなく、すべてフリータイムの一人旅。さてあなたはどうする?
 
   a、遠出は面倒だし、いまは興味ないので行かない
   b、めったにない機会なのでぜひ行ってみたい
 

4)昼ごはん時の社員食堂。好きな人が目の前に座った。あなたはどう行動する?
    
   a、恥ずかしいので黙々と食べる
   b、ここぞとばかりに話しかける
 
   
5)友人たちとカラオケに行った。あなたは、
 
   a、みんなの歌を聞いているほうが多いか、普通に歌う。
   b、マイクを離さない、もしくはなりきって歌うのが好き
 

6)休みの日はどんなふうに過ごす?
 
   a、家でゆっくり過ごすことが多い
   b、人と会ったり、外出することが多い 
 

_____________________
自分のタイプの見つけ方の手順

 
①さて質問1のYESの数を数えて下記のA~Dのどれにあてはまるか調べてください。 
 
  質問1
  ・ひとつも当てはまらない → A 
  ・1~3個        → B
  ・4~7個        → C
  ・7個以上        → D 
 
②質問2ではaとbの数をかぞえてください。
 
   質問2 aが4個以上 → Ⅰ
       bが4個以上 → Ⅱ
 
③質問1と質問2の結果を組み合わせて、ご自分に合ったタイプ別診断をお読みください。
 

_______________________
タイプ別診断
 

AⅠシャーマニックアーティストタイプ予備軍
 セルフイメージが高く、願望実現力は普通以上。
 トレーニングしだいで、望んだ目標はすべて叶うはず。
 外にでていくよりも、内面の真実をじっくり見つめて、そこから湧き出るものを追求したり創造してゆくタイプ。研究・アート・創作などの分野で才能が発揮しやすい。 
 

AⅡシャーマニック起業家タイプ予備軍
 セルフイメージが高く、願望実現力は普通以上。
 トレーニングしだいで、望んだ目標はすべて叶うはず。
 行動力と度胸、社交性を発揮して、少ない努力で現実的で大きな目標を実現できるタイプ。他人からはたいした努力もしていないのに成功してゆくように見えるのもこのひと。
 

BⅠこだわり我道追求タイプ 
 セルフイメージはあまり高くない。大きな不幸や波乱万丈な人生ではないけれど、目標達成力・願望実現力は現段階では普通レベル。社交性があまり高くないのとあいまって、努力のわりに結果を出しにくい嫌いがあるが、本人はそれほど悔しいと思っていないかもしれない。
 個性的な考え方を持っている人が多く、自分なりのこだわりがあって、そこが絡むと強烈に悔しさや無力感を感じて、変わりたいと思うきっかけになることが多い。このカテゴリーのひとは、Aタイプに移行するトレーニングを始めると、即変化が起きやすい。
  

BⅡワクワク大好きタイプ
 セルフイメージはあまり高くない。大きな不幸や波乱万丈な人生ではないけれど、目標達成力・願望実現力は現段階では普通レベル。適度に行動的で社交的なのでそれなりに面白い日々を過ごしているかもしれない。行動力はあるし、努力もしているにもかかわらず、目標の70%しか結果が出せない。かたや明らかに自分より努力していない同僚が結果をだしているのを見て、人生は不公平だと思っている。
 このカテゴリーのひとは、Aタイプに移行するトレーニングを始めると、即変化が起きやすい。
 
 
CⅠ夢見る少女~シンデレラ 
 セルフイメージは低め傾向。どちらかというと損をすることが多いかも知れないが、それがセルフイメージが低いせいだとは気づいていない人が多い。また内面を突き詰める人が多く、自分に自信がないせいもあって、自ら行動に制限をかけたり、何かあったとき外に責任をなすりつけるよりも自分を責めがち。
 セルフイメージを高めるためのトレーニングは最初はとっつきにくいかも知れないが、内省力が強く、深堀ができるので、始めると面白くなって、いつの間にかAⅠタイプに移行していたりする。
 

CⅡ明日があるわ~スカーレットオハラ
 セルフイメージは低め傾向。BⅡと似ているところもあり、人一倍努力しているのに結果が出ないで空回りすることが多いかもしれない。行動的な人が多く、それが裏目に出ると人間関係でトラブルを引き起こすことが多々ある。が、本人は自分の言動のまずさに気づいていないという、純粋で無邪気な側面もある。
 セルフイメージを高めるためのトレーニングは行動面で小さな達成感を感じるレッスンが特に効果的なタイプ。
 

DⅠ大器晩成タイプ
 セルフイメージがかなり低いため、どうして自分ばかりと思うような出来事に遭遇しやすい。自分から何かを引き起こすというより、向こうからトラブルがやってくるほうが多い。人生の不条理を感じてスピリチュアルや宗教にのめりこむ人もいる。
 純粋な人が多く、いい師に出会い、存在価値を認めてもらうと、才能を発揮することが多い。またセルフイメージを高めるトレーニングを通じて、それまでの経験の意味を深く理解するため、辛い経験で魂に磨きをかけたぶん、大きな力を発揮することが多い。
 

DⅡドラマティック人生波乱万丈型
 セルフイメージがかなり低めで、なおかつ行動力があるので、トラブルメーカーであることが多い。破滅型映画の主人公なみに個性的。厳しい環境を生きのびてきただけに大きなパワーの持ち主。ただセルフイメージが低いため、それを生かしきれていないのが本人にはしんどい。
 セルフイメージを上げ、力を使う方向性を見極めれば稀代に天才として歴史に名前を残す可能性あり。
__________________________________________
 

 さて「年末年始、セルフイメージ心理チェック」はいかがでしたでしょうか? 
大切なのはそれぞれのタイプに合った方法でセルフイメージを高めることだよ。

 
2010年12月31日
 

【ブログ内参考記事】
セルフイメージを強化する1 「セルフイメージとはなにか」2010年10月31日 
セルフイメージを強化する2 「セルフイメージが低いとどうなるか」2010年12月31日
セルフイメージを強化する 3 「セルフイメージを高めるには」2010年12月31日

セルフイメージを強化する1 「セルフイメージとはなにか」

 さて明日から11月。
 今年ももう残すところ2ヵ月。新しい年に思いを馳せてワクワクしているひと、あと2ヵ月しかない~~~と焦っているひとなど、さまざまだよね。
 おかげさまでスペシャル・シャーマニックセッションは好評です。
 

 考えてみたらわたしは神事のとき以外はシャ-マニックなメッセージを下ろすということは、めったにしていないんだよね。だから普通の個人セッションでこれをやるのはひさしぶり。
 

 今回のスペシャル・シャーマニックセッションは神様の指示により期間限定だけど、これはこれですごく楽しい。人間って本当に素敵。だれもが輝く美しさを持っている。だから自分自身のその輝きをもっと引き出すことができれば、人生は思い通りなんだよね。そして今回の企画は自分自身の輝きに気づいてもらって、パワーアップしてもらうのも大切な目的のひとつ。もちろんお客様にとって2011年の指針となる言葉を下ろすので、迷ったり不安になったときも心強い。
 

 貴方を守り導く内なる魂と大いなる力を感じてもらえたら嬉しい。そしてhappyなひとたちが増えると世の中はもっと面白くなる。そして不況なんかに惑わされなくなる。そんなHappy Japan Project の一環です(笑)。
そんなわけでお気軽にどうぞ♪
 

 というわけで、これから年末にかけて年末企画記事をアップしていくね。
 今回は年末特別企画 第一弾 題して、
 

「年末特別企画 第一弾 セルフイメージを強化する」
 

    1セルフイメージとはなにか
    2セルフイメージが低いとどうなるか?
    3セルフイメージを高めるには
 

 これは上記のように、3回に分けてお送りします。
 本日はその1回目、「1 セルフイメージとはなにか」のお届けです。
 

 だれでもせっかくなら望んだとおりの人生を送りたいし、せっかくみた夢は叶えたい。だけど残念ながら、現実には二種類のタイプがいる。夢を次々に叶えてゆく人とちっとも人生が思い通りにならない人。
 

 あなたが前者なのか、後者なのか、わからない。でもこの記事を読んでいるくらいだからきっと「望んだとおりの人生を送りたいし、方法さえわかればそれはきっと可能なはずだ」と思っているんじゃないだろうか。
 

 そう。なぜこんなに違いがあるんだろうと考えたことはない?
 たとえば自分は一生懸命努力したのに、それほど努力しているようには見えない人にすっと追い抜かれた経験はない? あるいは自分が経験していなくても、職場や趣味などでそんな場面をみたことはない?
 

 その答えがこれ。
 

 「セルフイメージの高さ × 行動(スキル・技術の高さ) = 成果・結果 
 

 セルフイメージというのは、自己認識とも呼ばれている。
 たとえばあなたが自分自身にたいして「わたしは有能なOLで、周囲からも信頼されている」と思っているとしたら、それがあなたのセルフイメージ。あるいは「わたしは何をやっもうまくいかない」とか、「どうせ人生は思い通りにならないし、自分の人生も思いどおりにならない」とか、「わたしは幸運の女神で、わたしのまわりにいるひとはみんなhappyになるよ」とか、「わたしは愛されている」「わたしは大切な存在だ」とかね。
 

 おもしろいのは、自分は「できる」と思って仕事や勉強に取り組むと、「できない」と思って取り組むよりもずっと成果が上がること。セルフイメージが高いと、本来持っている能力をより開花させることができるわけだ。
 
 
 じゃ逆にセルフイメージが低いとどうなるか?
 というわけで、次回に続くよ♪
 

2010年10月31日
 

【ブログ内参考記事】
セルフイメージを強化する1 「セルフイメージとはなにか」2010年10月31日 
セルフイメージを強化する2 「セルフイメージが低いとどうなるか」2010年12月31日
セルフイメージを強化する 3 「セルフイメージを高めるには」2010年12月31日