海の力」カテゴリーアーカイブ

あなたが生まれる夢をみた

 最近つくづく思う。
 自分ひとりで成し遂げられることなんてひとつもない。
 有形、無形、どんな形であれ、これまでかかわってきたたくさんの人たちの力があって、今の自分がある。
  

 たとえば10月の乙姫プロジェクトは、ダイビングやシュノーケルといった海遊びの場を使って、わたしたちが自分らしく生きてゆくのを押しとどめる古いパターンを自然に溶かして、より本来の魂のミッションに沿って生きられるようになるプログラムだ。一般の人向けに心とマリンスポーツを結びつけたプログラムはまだ存在しない。だから乙姫プロジェクトはたぶん世界初のプログラムだ。
 

 でもこれは私ひとりの力でできたわけじゃないんだよね。海というフィールドが人間の精神の発達を加速させる可能性を教えてくれた東京アクアラングサービスの島田さんをはじめ、毎回ダイバー仲間と一緒に潜ることでたくさんの気づきがあった。
 

 本来の魂のミッションを生きるとはどういうことなのか?
 その答えは友人でありサイコシンセシス(統合心理学)の師でもある伊藤雄二郎氏、シャーマンの在り方の基本を教えてくれた祖父、気功の大家である盛延鶴先生、19歳のときに「Why I am I ?」という質問に答えてくれたインドの老師、目に見えない異次元の先人たち等、たくさんの先達から教わった。
 

 9年間ずっと私に寄り添って歌うことの面白さ、声を出すことの奥深さを教えてくれたボイストレーナーのモモちゃん。起承転結すら怪しかったわたしの文章力と構成力を鍛えてくれた某出版社のSさん。わたしに物語の世界の面白さを教えてくれた小学校の時の司書のお姉さん。

 

 地図や天気図の読み方をはじめ、自然の中に分け入るときのサバイバル技術を教えてくれた山の先輩でもあり仲間でもある夫。野草料理や食べられるかどうかの見分け方は友人の森の魔女ちえちゃんから教わった。
 

 数年前にはじめて内田しげみさんからフェルデンクライスの個人レッスンを受けたときの衝撃。心の動きを観てゆくのはとても有効だけど、心と同時に身体もメンテナンスしたほうが遥かに早く、楽に心を整えられるという事実。直観的にこれはいけると思って、より深くフェルデンクライスメソッドを学ぶためにトレーニングコースに入り、そこでイスラエルのエラット先生をはじめとした素晴らしいティーチャーたちに出会った。
 
 遊びの中で心の深い部分のパターンを無理なく本来の状態に変えてゆけるだけの細やかで現実的なダイビングの指導ができる海夢居の鈴木さんの技術と知識。
 

 そして膨大な海・土・風・太陽・宇宙を越えた無限から流れ込む力、これらの全てを「私」という器の中で混ぜこぜにしてはじめて、心と身体と魂(スピリット)の三つの側面を統合してゆくプログラムができあがった。
 

 だから「私」が言葉と身体を使って表現しているけれど、でも乙姫プロジェクトを作ったのは「私」ではない。たくさんの人の物語と叡智が「私」という通り道を使って、無数に眠る魔法の杖のひとつに命を吹き込んだのだろう。
 

 ねえ、考えた事はある?
 自分は自分であって、自分ではないのかもしれないと。
 自分はこれまで出会ったたくさんの人たちの物語が融合して生まれた一瞬の現象に過ぎないのかもしれないって。
 自分なんて最初からいない。
 表面の自我が思っている「自分」なんて、本当は存在しないのかもしれない。
 

 じゃいまここで、呼吸をしている自分は誰?
 それは一陣の風であり、星の瞬きであり、永遠であり、
 
 宇宙が夢見た、可能性そのものなのかもしれない。 

 
2017年8月31日

 

【サイト内関連記事】
・あなたが生まれる夢をみた
・四の五の言わずに海で遊ぼう
・身体とミッションと開運の関係
・『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ
・海のシルクロード 壱岐
・月讀む力は愛する力
・プレ乙姫プロジェクトのご感想
・残席4名様 激動の時代を乗り切る力を身に着けろ! 海編「乙姫プロジェクト」
・叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?

四の五の言わずに海で遊ぼう! 9/2追記、満員御礼、感謝です!

 さて8月もあと1日。
 10月6日満月スタートの徳之島泊り合宿『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』は現在7名様が参加予定です。あと1名ぐらい大丈夫なので、ピンときたらぜひどうぞ。お申込み受付けは9月6日の満月までです。
 

 今回の合宿はなんといっても海!
 それもダイビングや素潜りでは超一流のインストラクター、マリンサービス海夢居の鈴木竜爾さんがみっちりサポートしてくれます。どんな分野でもそうだけど、誰から教わるかはめっちゃ大事。
 

 鈴木さんはわたしが安心してお願いできる数少ない海のプロフェッショナルのひとるです。徳之島では毎年12月から3月にかけてクジラが回遊してくる。鈴木さんの経営する海夢居ではホエールウォッチングはもちろん、一般の人向けにクジラと一緒に泳ぐホエールスイムを提供していて、わたしが知っている限り、普通のひとがクジラと一緒に泳げるのは国内ではここだけだと思う。
 

 海は常にこの星の生命のゆりかごだった。
 水中では息を飲むような美しさと同時にそこに住む生きものたちの生死を賭けたダイナミックなドラマを目の当たりにすることが多々ある。なにより水中では呼吸ができない。だから生きるということがどういうことなのか理屈抜きで身体でわかる。
 

 ダイビングでは船でポイントまで移動する。鈴木さんは洋上で船を走らせながら風を読み、潮を読む。以前鈴木さんが「全員の命を預かるのが自分の仕事だから、その意味では海の上では自分しか頼れない」と言っていたことがある。「だからよく座禅をする」と。本物の自然の怖さも面白さも知っている人だからこその言葉だ。
 

 無意識領域に刷り込まれている「恐怖や不安」を柔らかくほぐすにはじつは海体験がいちばん早い。それには感動するほど生命力に満ちたきれいな海で、安全な状態で海の面白さや豊かさを体感できるという条件をクリアする必要があるんだよね。
 
 どういうことかっていうと、海の心地よさや豊かさを体で感じて細胞に刻み付けることで、きゅっと固まった無意識の中の石ころが柔らかくほぐれて、本来のエネルギーに満ちた状態に切り替わる。するとわたしたちの無意識は不安や恐怖で守りにまわっていた状態から解放されて、ゆるやかに、ふーっと伸びをするんだよね。そして赤ちゃんのように好奇心をもってこの世界を探索し始める。そこまでいけばあとは早い。人生において、待っていたかのように素敵な循環が始まる。
 
身体を使って海で遊ぶことでメンタルをアップする一般の人向けのプログラムはまだこの世にはない。徳之島でそういうプロジェクトをやりたい。

 

 と、ずいぶん熱く語った。
 すると鈴木さんからありがたい言葉が返ってきた。
「それ、力になれると思います」
 

 これが本格的に乙姫プロジェクトが始動した瞬間だ。
 2013年にスキューバダイビングを再開して以来、東京アクアラングサービスの島田さんの協力を得て「遊びながら不動心をGETする海シュノーケリング企画 in 伊豆」などアウトドア遊び企画を手掛けてゆくなかで、最高の形になったのが今回の乙姫プロジェクトだ。
 

 初日は午後3時過ぎに参加者全員がそろったら、晩御飯まで2時間くらいミーティング。普遍的な叡智でもあるヒーローズジャーニーをベースにした世界観や魂のミッションのお話、象徴学の観点から見た海に入ることの意味、とりわけシャーマンたちが使うパワフルなマジックの視点、それらを受けとる受容器としての身体の使い方など、いろいろお話します。
 

 晩御飯のあとは満月のビーチで島の妖精にご挨拶をして、瞑想タイム。
 翌朝は起きれるひとはウォーミングアップがてら早朝フェルデンクライスで身体を動かします。呼吸に使う肋骨と海遊びのための足裏からふくらはぎにかけての動きをテーマにしたATM(グループレッスン)の予定です。
 

 そして日中は目いっぱい海で目から鱗の体験をしてください。さらに翌日も海で魚と捕まえる、てな感じで旅は進んでゆきます。

 
 そんなわけで心理セッションをやるぐらいなら海に行け! てな勢いで絶賛おすすめ企画です。なにより私自身がいちばん楽しんでいるかもしれません。シュノーケルはあと1名ぐらい大丈夫ということなので、ピンときたらぜひどうぞ!
 

2017年8月30日
 
9月2日(土)、乙姫プロジェクトは満員御礼になりました。
ありがとうございました!

 

【サイト内関連記事】
・あなたが生まれる夢をみた
・四の五の言わずに海で遊ぼう
・身体とミッションと開運の関係
・『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ
・海のシルクロード 壱岐
・月讀む力は愛する力
・プレ乙姫プロジェクトのご感想
・残席4名様 激動の時代を乗り切る力を身に着けろ! 海編「乙姫プロジェクト」
・叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?

身体とミッションと開運の関係

 「開運とは自分のミッションに気づくこと」
 

 これはとある会合で作家の樺沢紫苑さんが言った言葉。
 わたしも同じことを感じていたので思わず頷いてしまった。
 ちなみに乙姫プロジェクトのサブタイトルが「魂のミッションを生きる」「南の海で開運力をgetする」なのも、魂のミッションに気づくと自然に開運するからだ。樺沢さんの凄いところはこういう真理を一般の人がわかる言葉で説明してくれることだと思う。
 

 ミッション(使命)というのは読んで字のごとく命の使い方のことだ。人生なんて壮大な宇宙の営みの中ではほんの一瞬だ。命はまさに「時間」と言い換えることもできるかもしれない。星々の瞬きにも似た、いまこの瞬間、まさに命を吹き込まれた人生という時間をあなたはどんなふうに使いたい? 
 

 たとえば10月の乙姫プロジェクトでは3泊4日の期間中フェルデンクライスメソッドATMで身体の使い方のコツを学び、シュノーケリングで海と大地のエネルギーと自分自身の身体との関係を感じることで重力のある大地に立つ実感や呼吸の本質を理屈抜きに体感する。さらに水中という特別な環境の中だからこそ際立ってくるコミュニケーションを体験する。
 

 一連の経験を通して人間のいちばん基本となる「身体」の実感がでてくる。別の言い方をするならわたしたちの精神はこの「身体」を使って生きる覚悟を決めるんだよね。
 

 そしてわたしたちはこの身体を通して魂のミッションを受け取る。つまり受信機だ。身体ができていないと魂のミッションを感じる力、受け取る力がどうしても弱くなる。だからいまここ、この瞬間わたしたちの精神は、心臓が鼓動を刻み、血液がさらさら流れ、肋骨の動きに応じて肺胞の隅々まで空気を送り込んでいる自分の肉体にどっしりとフィットする必要があるんだよね。
 

 受信機としての身体ができると魂のミッションをダイレクトにキャッチしやすくなる。それは言葉ではなく、実感であり、体感であり、情熱であり、覚悟なんだよね。そうした言葉にしづらいけど、人生を大きく動かす力が内側から湧き上がってくる。
 

 ここまでくると、あとは自然に具体的な行動指針となるアイデアやインスピレーション、叡智が湧き上がって人生の方向性が見えてくる。それはミッションだから迷わないし、行動あるのみ。これで開運しないわけがない。
 

 開運法則はいたってシンプル。
 
 ①まず受信機としての「身体」の感度・精度・正確度を上げる。
 ②自分の内側から湧き上がる叡智を受け取る。
 ③行動する。
  

 乙姫プロジェクトの場合は上記に加えて、海に入ることで象徴的に無意識の海にダイブして目に見えない宝物を持ち帰る旅をするというめっちゃシャーマニックなヒーローズジャーニーが無意識下で起きる。おまけに五感を刺激するパワースポット徳之島だから開運につながるんだよね。
 

 開運といえば、3年前の2014年夏に東京アクアラングサービスの島田さんの協力を得て開催した「遊びながら不動心をGETする海シュノーケリング企画」に参加したS美ちゃんの体験記を載せるので読んでみてください。この日はシュノーケルだけではなく、体験スキューバダイビングもやりました。
      ↓ ↓ ↓

 
 海の中で、象徴的な体験をして、海から上がった後は、みぞおちから胃の辺りにずっとあった恐れからの詰まりと固さが、すっかり消えて、その体感、呼吸の深さの変化に大喜びしたのを思い出しました。
 まだ上の子が2歳になったばかりで、ドキドキしながら産後初めて1人で本格的に遊びに出かけた日でした。嬉しかったなぁ。
 

 素潜りならどこまでも恐れず行けるのにスキューバになると途端に怖くなるわたしが、島田さんと潜ることができて、乗り越えた感覚が、こないだコメントに書いた体験で、
 

 もう1つは、
 海の中でのオレンジ色の魚の群れが襖2、3枚分くらいの大きさで居て、キレイで見とれて、あぁ、すごいな、こんな光景見れただけでなんて幸せ、これで十分…魚たちを邪魔しちゃ悪いから…ここで十分…と、思いながら見ていた私をよそに、島田さんが私ごとその群れの中へ進み。
 

 え!いいの?
 
 と、驚いたけど、
 群れは自然とスーッと道を開けてくれて…何事もなくて、
 私が入っても許された…
 
 たったこれだけだけど、
 

 私にはビックリ。頭の中でえ? え? いいの??
 いいんだ!! の大騒ぎで(^^)
 
 なんていうか、私、いいんだ!って。(しつこい)
 
 何が良いんだか、そこポイントぽいけど、
 
 多分、私もその世界に入って良い、許される、扉が開いたような、すごい喜びだったんです。
 

 あと、なんでスキューバだと怖いのかなって
 振り返って見たら、
 人生に対する恐れと似てました。
 

 島田さんが潜る前に言った「スキューバというシステムを信用して下さい」という言葉は、目からウロコでした。
 
 スキューバについてよく知らなくても、経験不足でも、不安でも、信じてみる!そして出来た。
 
 コレも、人生に通じるなぁと改めて思いました。
 私はもともと不安症で疑ぐり深いけれど、
 この世界を、宇宙から愛されてることを無条件に信じられたら?
 前よりちょっと強く意識して今を、私を信じてみます^_^
 

☆  ☆ ☆
  
 この記事は最近、彼女とのやり取りの中で3年前を思い出して書いてくれたものなんだけど、なんだかとても嬉しかったんです。
 人間はすごいなあ。。。と。。
 チャレンジする前は恐怖や不安や絶対無理と思えることでも、一緒に潜る仲間を信頼して、状況を信頼して、自分の人生を信頼して一歩踏み出すことができるということをS美ちゃんは教えてくれた。
 

 彼女はこのとき見事に新しい扉を拓いて開運したのだと思う。
 それが彼女の「いま」に繋がっているのだから。
 

2017年8月18日

 

【サイト内関連記事】
・あなたが生まれる夢をみた
・四の五の言わずに海で遊ぼう
・身体とミッションと開運の関係
・『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ
・海のシルクロード 壱岐
・月讀む力は愛する力
・プレ乙姫プロジェクトのご感想
・残席4名様 激動の時代を乗り切る力を身に着けろ! 海編「乙姫プロジェクト」
・叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?

静寂の時間~素潜り~

 素潜りとシュノーケルは違う。
 シュノーケルは海に抱かれて、水面で浮いたまま水中の魚を見たり、浮くことそのものを楽しむ。
 

 素潜りは技術を使って、水中に言葉どおり潜るんだよね。
 ウエットを着ているとなかなか沈まないので、沈むのに技術がいる(笑。

 
 上手に水中に潜れると面白い。 
 ちょっとうまく言葉で表現できないんだよね。
  

 海に身体をゆだねる。
 静寂を感じる。
 一瞬と永遠がひとつになる。
 
  
 写真はシュノーケルレッスンでお世話になる徳之島のダイビング屋「マリンサービス海夢居」の鈴木さんです。もちろん乙姫プロジェクトでは初心者は素潜りではなく、誰でもできるシュノーケルなので安心してね。 
 
 
 明日から対馬に行ってきます。
 メールのお返事は16(日)以降になります。

2017年7月12日
 

 

水に身体をゆだねる・・・

呼吸が止まると意識がクリアーになってゆく

水深10メートル弱ぐらいかな。

 
【サイト内関連記事】
・『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ
・海のシルクロード 壱岐
・月讀む力は愛する力
・プレ乙姫プロジェクトのご感想
・残席4名様 激動の時代を乗り切る力を身に着けろ! 海編「乙姫プロジェクト」
・叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?

海のシルクロード 壱岐

 わたしは物心ついたときから毎朝祈るのが習慣になっていて、目を閉じたとたん冥想状態になるため滅多に予知や預言などのノイズが降りることはない。
 

 ところがあれは3週間前だったかな。朝、いつものように祈ろうと思って目を閉じたとたん、突然イメージが飛び込んできた。空も海も金色に輝く中に伊勢の二見ヶ浦の夫婦岩とそっくりな岩が浮かんでいる。伊勢の二見ヶ浦は朝日だけど、目の前の光景は夕日。でも名称は二見ヶ浦。さらに上空から見下ろすと青い海にちいさな島がある。壱岐だと思った。
 

 ここ数年、自分から見ようとしない限り、祈りの最中にイメージが飛び込んでくることはなかった。気になったので「夕日・二見ヶ浦・夫婦岩・・しめ縄」で検索すると九州は糸島の二見ヶ浦がヒットした。
 

 ビンゴ。夕日100選のデートスポットだって(^^;
 というわけで今週の月曜日から三日間、急遽九州に行くことになった。

糸島の二見ヶ浦


 

 糸島の二見ヶ浦と櫻井神社まで足を延ばして、夕方の船で壱岐に渡った。
 壱岐は海のシルクロードの終着点ともいわれていて、古代では重要な交易ルートだった。ここに月讀神社の元宮がある。
 

 急な階段を上るととても古くて小さなお社が立っていた。
 ここ。。。。深い慈愛に満ちた、次元の高いエネルギーに満ちていた。月讀神社という名称だけど、そこに存在していたのは大いなる力そのものだった。

月讀神社・壱岐

住吉神社の龍の背のカエル

聖母宮

手水場

壱岐のイルカ

 先週の徳之島、そして今回の壱岐。
 古代から海は人々を導いてきた。
 まだ見ぬ彼方の海に期待と憧れを抱いて、星を見上げ、風を読み、帆を張って進む。
 

 天が問いかける。
 

 命を使っているか?
 この世界に生まれた意味を感じているか?
 どこに行きたいのか?
 どこに行くつもりか?
 

 月は生命力。
 満ち溢れる力。
 無意識を制覇しろ。
 愛と笑いと勇気をもって。
 
2017年6月29日
 

【サイト内関連記事】
・『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ
・海のシルクロード 壱岐
・月讀む力は愛する力
・プレ乙姫プロジェクトのご感想
・残席4名様 激動の時代を乗り切る力を身に着けろ! 海編「乙姫プロジェクト」
・叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?