ダイビング」カテゴリーアーカイブ

海から見上げた太陽

 「ボクはいつも太陽を探してる」
 知り合いの水中カメラマンの須山さんが言っていた。
 なんかめちゃくちゃカッコイイ。
 そんなわけで11日は伊豆に潜りに行ったので水中写真にチャレンジ。
 
海中の太陽 
 水深8メートルくらいのところから見た太陽。
 日差しが差すと海中も明るくなる。
いわし玉 
 イワシの幼魚の群れが玉になって渦巻いていて向こうが見えない。
 うまく写真におさめられなかったけど、銀色の鱗に陽光が反射してキラキラ輝いているんだよね。
 いつまで見ていても見飽きない。
江の浦
 伊豆の江の浦。
 南国の美しい海に感動するのはあたりまえ。
 何の変哲もない普通の海なのに、水中に潜ったとたん豊かな生命があふれていることに気づく。
 この日は透明度はあまりよくなかったけど、真冬の伊豆は20メートル先まで見える。
 きりっと冷たい空気の中、海にはいっていくときの気分が好き。
 ま、禊みたいなもんかな。
 シャーマンだし(笑)。

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

体験ダイビングの動画だよ♪

 1月29日の体験ダイビングツアー(プール編)では実際にどんな事をするのか、東京アクアラングサービスの島田さんのところの動画のURLをはり付けるね。
 動画は海だけど、似たようなことをプールで体験します。
 本当は海がおもしろいんだけど、たぶんはじめてのひとには心理的ハードルが高いと思うので、まずはプールでチャレンジしてみない?
https://www.youtube.com/watch?v=Eip1EUuqF7k&feature=youtu.be
インストラクター&ツアーリーダーは昨年7月のシュノーケルツアーでもお願いした東京アクアラングサービスの島田誠一氏です。今回は島田さんにすべてお任せなので、キョーコは当日は参加しませんが絶対おすすめ企画だよ!
 まずはプール体験、
 そこで水に慣れたら、次は海!
 真冬の海ダイビングはわたしも参加するよ~♪
・日時 1月29日(木)
・参加費 13000円 ※機材レンタル料込み
・定員 5名
・最低催行人数 2名
・インストラクター&ツアーリーダー 
  東京アクアラングサービス 島田誠一氏
   公式HP http://www1.ocn.ne.jp/~tas/
・当日スケジュール
  11時30分    新宿出発
  13時~15時  プール
  17時30分    新宿解散
・お申込みは、タイトルに「体験ダイビング参加希望」と明記のうえ、氏名・年齢・性別を添えて、info@lutera.biz 白鳥までお申込みください。
【2015年講座&ワークショップ】
■1月29日(木) 意識転換は水中で起きる! 真冬の体験ダイビング( in プール)募集開始しました!
■2月4日(水)  2/4立春&満月スペシャル☆2015年は願いを叶える!わくわく夢実現☆秘密のミラクルプログラム  残席2名様
■2月14、15、3月14,15,28,29 サイコシンセシス入門講座土日集中クラス 満員御礼
■2月21日(土) 祈りのワークショップ 満員御礼
 変幻自在、究極の自由としなやかな心を手に入れてみたくない? サイコシンセシス入門講座は満員御礼となりました。詳しくはこちらからどうぞ
  ⇒
サイコシンセシス入門講座


いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

海シュノーケリングツアーでした

 きのうは遊びながら不動心をGETする海シュノーケリング企画でした。
 無事終了♪
 カメラの調子が悪くて、写真を撮れなかったのが残念。
 伊豆の海は足の立つところでもばっちり魚がいるんだけど、もうちょっと深いところに行くと、色とりどりの群れがわらわらいるんだよね。
 今回はシュノーケリング遊びのあと、みなさまのご希望もあって体験スクーバダイビングまでやっちゃいました。
 海企画は面白い。
 そのうちフィリピンとか奄美の徳之島あたりで泊りのダイビングツアーも企画しちゃおうかなー。
  一日中、海三昧って素敵でしょ?
 

2014年7月28日

潜行の練習

 脳内が海一色になっています。
 
 まだスクーバを再開してから30本ちょっとしか潜っていない。
 で、潜行が苦手。
 海中に沈むまでに、じたばたと時間がかかる。
 というわけで、陸上でBCジャケットに空気を入れて、それを抜きながら海に潜る練習。
 実際にBCを操作をしながら、ドライの空気を抜く動作。
 おおお・・・・海水が頬に触れ、フードがじわっと濡れて、スムーズに海中に沈んでいく(・・・・というイメージ)。
 あやふやだったコツをつかめた。
 次回、海で試すのが待ち遠しい。
 BCジャケット
変幻自在、究極の自由としなやかな心を手に入れてみたくない?
サイコシンセシス(統合心理学)の技術をベースにしたメンタルトレーニングを学びたい方のためのCEL講座


いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

春濁りと命の営み

 春濁りって言葉を聞いたことがある?
 春になって海の水がぬるむと、ワカメやコンブなどの海藻がいっせいに遊走子と呼ばれる海藻のあかちゃんを放出する。そして遊走子を放出して役割を終えた海藻たちが溶け出して海中を浮遊するため水中がまるで味噌汁のように濁った状態になるんよね。これが春濁りと呼ばれる現象だ。
 先週の西伊豆はまるで味噌汁状態だったんだけど、きのうの江の浦は春濁りも落ち着いて視界も10メートルまで回復していた。
 伊豆の春の海は真冬の透明でクリアな海とはまったく違う。 
 水中はイワシやベラなど、さまざまな魚の稚魚であふれている。
 春濁りの終わった海には白っぽい動物性プランクトンみたいなものやごみのような小さな生き物がいっぱい泳いでいるんだよね。
 よく目を凝らすと、それは体調2~5ミリくらいの稚魚だった。その姿はメダカかシラスによく似ている。それがあっちにもこっちにも大量に泳いでいるんだよね。いま海水を飲んだら、間違いなく口の中にシラスが30匹は入るだろうなと思える状態だ。
 わたしね、海の中にこれほどはっきりした四季があるなんて知らなかった。
 ワカメは1年草だからおとなのワカメは繁殖後は枯れてボロボロになりながら海水に溶け出してゆく。でもそれがシラスたちのような魚や動物性プランクトンの餌になって食物連鎖が維持されて豊かな海をつくりだす。
 地球ってなんて素敵なシステムを持っているんだろう。
 あと一か月もすると冬のあいだは沿岸から離れていた黒潮が沿岸に近づいてくる。
 命の営みの偉大さに心が震えてとまらない。
 地球乾杯!

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ