」カテゴリーアーカイブ

海とグランディング

 こんばんは。
 昨日、東京に戻りました。
 5日間、一日中ボートにのって、海に潜るという毎日だった。
 今回は毎日3本潜っていたせいなのか、東京に戻ってからもグランディングしているというか、どっしりとした安定感が続いているんだよね。
 まるで自分の体の中に海があるみたいな。
 この体感に気づいたとき、わたしが20代の頃に亡くなった祖母の笑顔が浮かんだ。
 祖母は男鹿半島の漁師町で生まれ育ったひとで、海に潜るのが得意だったんだよね。
 毎日海に潜っていた祖母もこの感覚を感じていたんだろう。
 もしかしたら祖母はわたしがこの感覚を感じたことが嬉しかったのかもしれない。
 ふとそう思った。
 
 
ホテルの中庭と海 (2)
ジョーフィッシュ (3)
千間ナイト夕暮れ (2)

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

徳之島と祖先とDNA

 明日から1週間ほど徳之島に行ってきます。
 徳之島は鹿児島県の奄美大島の南に位置する南国の島で、今年に入ってから今回は2回目の旅です。
 もちろんダイバーなので、島では朝から晩まで潜って遊んでいる(笑)。
 毎回行くたびに思うんだけど、徳之島の自然は半端なく美しいんだよね。
 海は素直に透明で青くて、森は緑が濃い。
 地魚はちゃくちゃ美味しい。
 おまけに島全体がびっくりするほど気がいい。
 もっともすぐ隣の奄美大島と違って観光地ではないので、これを知っているひとはめったにいない。
 地味にパワースポットなんだけどね。 
 本当に不思議なんだけど、昨年の3月に仕事で訪れて以来、もう4度目だ。
 島の神様と海の神様にすっかり気に入られたみたいだ(笑)。
 ときおり古代の風を感じるんだよね。
 
 そうそう先日、自分のミトコンドリアDNAを知る機会があったんだよね。
 ミトコンドリアDNAで分類すると、人類は16種類に分かれるんだそうで、そのうち日本人は大まかにいうと8種類ぐらいの集団からなるんだって。大陸の北側から樺太をとおって陸伝いに日本列島に渡ってきた集団(北方系縄文人)、ユーラシア大陸の東南側から海洋ルートで沖縄・九州に渡ってきた集団(海洋系縄文人)、少し時代が下がって朝鮮半島を経由して渡ってきた弥生系の集団など、さまざまな集団が混ざり合っていまの日本人になっているらしいんだよね。
 で、わたしは海洋系縄文人のDNAが強いという結果だった。
 2万年以上も前に船で沖縄、九州を旅してきた祖先の血が自分の体の中に流れているのを知ったとき、時間というものの永遠性を感じたんだよね。自分でも思ってもみなかった感覚だったのでなんだかびっくりした。沖縄の島々や徳之島に行くたびに感じる居心地の良さの理由はこんな側面もあるのかもしれない。
 というわけで、お魚と戯れてきます。
 
 綺麗に写真が撮れたらアップするね。
ご要望の多かったシャーマン・キョーコ(澄江)のスペシャルな個人セッションを再開しました。詳細は「公式HP 個人セッション」でどうぞ。

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

大潮の晩

 徳之島でナイトダイビングをした日は大潮。
 千間海岸に着いて、島田さんと鈴木さんと3人で日が暮れるのを待つ。
 潮が満ちた頃、たぷたぷの水の中にそーっと入る。
 経験の浅い私にとって、真っ暗な夜の海の中では水中ライトの明かりだけが頼りだ。
 夜の海は不思議な世界だ。
 青いブダイが眠りこけていたり、ミミイカやイセエビが元気に動き回っていたり。
 以前、西伊豆の大瀬崎でナイトダイビングをした時のこと。
 ほんの1、2メートル先の中層でスズメダイか何かが寝ていた。そこに大きなスズキがやってきて、ぱくっとスズメダイを食べちゃったんだよね。
 ほんの一瞬のことだった。
 人間も魚も、生きてゆくために他の命を捕食するのが自然界のルールだ。さっきまで生きていた命が次の瞬間にはもういない。
 そんな姿を目の当たりにすると、自分も魚も命は等価なんだなと思えてくる。
 潜ったあとはお腹が空いて魚や野菜やご飯を食べる。
 生きるために、他の命をいただいているわけで。。。
 だからいつか自分の順番になっても、それは仕方がないかなと思ったりするわけです。海やアウトドアで遊んでいると、自分が自然の命の循環の一部であると感じる機会が多いから、こんなふうに思うのかもしれません。
 真っ暗な海の中で、遥か水面を見あげると、まあるい月が揺れていたよ。

 
2015年11月11日

徳之島の休日

 こんにちは! 東京はすっかり秋の気配ですが、ご無沙汰です。
 さて10月の終わりに一週間、奄美大島の南にある徳之島に潜りに行ってきました。
 島では朝起きて、潜って、ご飯食べて、潜ってという毎日。
 時間の流れがゆったりしていて、自然児に戻ったみたいな生活だったよー。
 というわけで、徳之島で撮った写真で~す。
 AMBA0066
 徳之島の海は透明で明るい。遥か頭上の太陽の光が海底まで届く。
カクレクマノミ②
 カクレクマノミ。大好き!
カクレクマノミ➄
 気付いたら、クマノミばっかり撮っていた。
タイガーホール②
 海底洞窟。光のカーテン。 
タイガーホール④
 海底洞窟。水中から見あげる太陽。
千間カメ①
 徳之島はアオウミガメのパラダイスかも。

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

海とクジラとシャーマンと

 3月の初めは旅に出ていた。
 行先は奄美諸島のひとつ徳之島。
 徳之島伊仙のガジュマル 
 この季節、平日にふらっと遊びにくるのはくじらウォッチャーか、ダイバーか、暇を持て余したシャーマンくらいのものだ。
亀②
 徳之島の海はアオウミガメの宝庫だ。
AMBA0050 
 クマノミ発見。
金見のビーチ
 大地から湧きあがる女性的で優しいエネルギーに満ちたビーチ。
 村の入り口には、ひとびとから大切にされている聖地があった。もちろん部外者だから立ち寄らないで通り過ぎる。
 
徳之島の晩御飯
 夕飯は昼間買ってきた新鮮な島の魚の刺身をつまみに部屋で黒糖焼酎を飲むのがめっちゃ楽しい。
 食べる直前、買ってきた刺身に醤油がついていないのに気づいた。
  
徳之島ニライカナイ
 同じ敷地内にあるカフェ 仁来神愛(ニライカナイ)はもうとっくに閉店していたけど、思い切って醤油を貸してもらえないかとお願いしてみたら快く貸してくれた。
 感謝。やっぱり醤油があったほうが断然美味しい。
 仁来神愛(ニライカナイ)さん、本当にありがとうございました。
ムシロ瀬磁石 
 コンパスの示す先は奄美大島。
 
くじら探し①1532
 あまり知られていないけれど、徳之島の豊かな海は子育てに適しているのか、2~3月にかけて、この海域ではザトウクジラの親子や群れが集まってくる。
 
 今回は写真は撮れなかったけど、洋上でクジラを見ることができた。
 アオウミガメとも一緒に泳いだ。 
 海はどれほどの可能性を秘めているのだろう?
 放射能で海が死んだという人もいるけれど、それすらも浄化してしまうだけの力があると感じる。
 この世界はまだ捨てたもんじゃない。
 わたしたちがどこかで捨て去ってしまったものがそこにはある。
 もういちど自分の中の原初の海を感じて、この世界と向き合ってみたら、きっと何かが変わるんじゃないか。
 そんなことを感じた旅だった。
 2015年3月6日
 文責 キョーコ

トマトソースパスタ(ニライカナイ) (2)

 おまけ画像。仁来神愛(ニライカナイ)さんのパスタ。
 いままで食べたパスタの中で5本の指にはいる。絶品。
 徳之島のクジラとダイビングを楽しむなら『マリンサービス海夢居』さんがおすすめです。

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ