心理学」カテゴリーアーカイブ

あなたが生まれる夢をみた

 最近つくづく思う。
 自分ひとりで成し遂げられることなんてひとつもない。
 有形、無形、どんな形であれ、これまでかかわってきたたくさんの人たちの力があって、今の自分がある。
  

 たとえば10月の乙姫プロジェクトは、ダイビングやシュノーケルといった海遊びの場を使って、わたしたちが自分らしく生きてゆくのを押しとどめる古いパターンを自然に溶かして、より本来の魂のミッションに沿って生きられるようになるプログラムだ。一般の人向けに心とマリンスポーツを結びつけたプログラムはまだ存在しない。だから乙姫プロジェクトはたぶん世界初のプログラムだ。
 

 でもこれは私ひとりの力でできたわけじゃないんだよね。海というフィールドが人間の精神の発達を加速させる可能性を教えてくれた東京アクアラングサービスの島田さんをはじめ、毎回ダイバー仲間と一緒に潜ることでたくさんの気づきがあった。
 

 本来の魂のミッションを生きるとはどういうことなのか?
 その答えは友人でありサイコシンセシス(統合心理学)の師でもある伊藤雄二郎氏、シャーマンの在り方の基本を教えてくれた祖父、気功の大家である盛延鶴先生、19歳のときに「Why I am I ?」という質問に答えてくれたインドの老師、目に見えない異次元の先人たち等、たくさんの先達から教わった。
 

 9年間ずっと私に寄り添って歌うことの面白さ、声を出すことの奥深さを教えてくれたボイストレーナーのモモちゃん。起承転結すら怪しかったわたしの文章力と構成力を鍛えてくれた某出版社のSさん。わたしに物語の世界の面白さを教えてくれた小学校の時の司書のお姉さん。

 

 地図や天気図の読み方をはじめ、自然の中に分け入るときのサバイバル技術を教えてくれた山の先輩でもあり仲間でもある夫。野草料理や食べられるかどうかの見分け方は友人の森の魔女ちえちゃんから教わった。
 

 数年前にはじめて内田しげみさんからフェルデンクライスの個人レッスンを受けたときの衝撃。心の動きを観てゆくのはとても有効だけど、心と同時に身体もメンテナンスしたほうが遥かに早く、楽に心を整えられるという事実。直観的にこれはいけると思って、より深くフェルデンクライスメソッドを学ぶためにトレーニングコースに入り、そこでイスラエルのエラット先生をはじめとした素晴らしいティーチャーたちに出会った。
 
 遊びの中で心の深い部分のパターンを無理なく本来の状態に変えてゆけるだけの細やかで現実的なダイビングの指導ができる海夢居の鈴木さんの技術と知識。
 

 そして膨大な海・土・風・太陽・宇宙を越えた無限から流れ込む力、これらの全てを「私」という器の中で混ぜこぜにしてはじめて、心と身体と魂(スピリット)の三つの側面を統合してゆくプログラムができあがった。
 

 だから「私」が言葉と身体を使って表現しているけれど、でも乙姫プロジェクトを作ったのは「私」ではない。たくさんの人の物語と叡智が「私」という通り道を使って、無数に眠る魔法の杖のひとつに命を吹き込んだのだろう。
 

 ねえ、考えた事はある?
 自分は自分であって、自分ではないのかもしれないと。
 自分はこれまで出会ったたくさんの人たちの物語が融合して生まれた一瞬の現象に過ぎないのかもしれないって。
 自分なんて最初からいない。
 表面の自我が思っている「自分」なんて、本当は存在しないのかもしれない。
 

 じゃいまここで、呼吸をしている自分は誰?
 それは一陣の風であり、星の瞬きであり、永遠であり、
 
 宇宙が夢見た、可能性そのものなのかもしれない。 

 
2017年8月31日

 

【サイト内関連記事】
・あなたが生まれる夢をみた
・四の五の言わずに海で遊ぼう
・身体とミッションと開運の関係
・『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ
・海のシルクロード 壱岐
・月讀む力は愛する力
・プレ乙姫プロジェクトのご感想
・残席4名様 激動の時代を乗り切る力を身に着けろ! 海編「乙姫プロジェクト」
・叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?

四の五の言わずに海で遊ぼう! 9/2追記、満員御礼、感謝です!

 さて8月もあと1日。
 10月6日満月スタートの徳之島泊り合宿『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』は現在7名様が参加予定です。あと1名ぐらい大丈夫なので、ピンときたらぜひどうぞ。お申込み受付けは9月6日の満月までです。
 

 今回の合宿はなんといっても海!
 それもダイビングや素潜りでは超一流のインストラクター、マリンサービス海夢居の鈴木竜爾さんがみっちりサポートしてくれます。どんな分野でもそうだけど、誰から教わるかはめっちゃ大事。
 

 鈴木さんはわたしが安心してお願いできる数少ない海のプロフェッショナルのひとるです。徳之島では毎年12月から3月にかけてクジラが回遊してくる。鈴木さんの経営する海夢居ではホエールウォッチングはもちろん、一般の人向けにクジラと一緒に泳ぐホエールスイムを提供していて、わたしが知っている限り、普通のひとがクジラと一緒に泳げるのは国内ではここだけだと思う。
 

 海は常にこの星の生命のゆりかごだった。
 水中では息を飲むような美しさと同時にそこに住む生きものたちの生死を賭けたダイナミックなドラマを目の当たりにすることが多々ある。なにより水中では呼吸ができない。だから生きるということがどういうことなのか理屈抜きで身体でわかる。
 

 ダイビングでは船でポイントまで移動する。鈴木さんは洋上で船を走らせながら風を読み、潮を読む。以前鈴木さんが「全員の命を預かるのが自分の仕事だから、その意味では海の上では自分しか頼れない」と言っていたことがある。「だからよく座禅をする」と。本物の自然の怖さも面白さも知っている人だからこその言葉だ。
 

 無意識領域に刷り込まれている「恐怖や不安」を柔らかくほぐすにはじつは海体験がいちばん早い。それには感動するほど生命力に満ちたきれいな海で、安全な状態で海の面白さや豊かさを体感できるという条件をクリアする必要があるんだよね。
 
 どういうことかっていうと、海の心地よさや豊かさを体で感じて細胞に刻み付けることで、きゅっと固まった無意識の中の石ころが柔らかくほぐれて、本来のエネルギーに満ちた状態に切り替わる。するとわたしたちの無意識は不安や恐怖で守りにまわっていた状態から解放されて、ゆるやかに、ふーっと伸びをするんだよね。そして赤ちゃんのように好奇心をもってこの世界を探索し始める。そこまでいけばあとは早い。人生において、待っていたかのように素敵な循環が始まる。
 
身体を使って海で遊ぶことでメンタルをアップする一般の人向けのプログラムはまだこの世にはない。徳之島でそういうプロジェクトをやりたい。

 

 と、ずいぶん熱く語った。
 すると鈴木さんからありがたい言葉が返ってきた。
「それ、力になれると思います」
 

 これが本格的に乙姫プロジェクトが始動した瞬間だ。
 2013年にスキューバダイビングを再開して以来、東京アクアラングサービスの島田さんの協力を得て「遊びながら不動心をGETする海シュノーケリング企画 in 伊豆」などアウトドア遊び企画を手掛けてゆくなかで、最高の形になったのが今回の乙姫プロジェクトだ。
 

 初日は午後3時過ぎに参加者全員がそろったら、晩御飯まで2時間くらいミーティング。普遍的な叡智でもあるヒーローズジャーニーをベースにした世界観や魂のミッションのお話、象徴学の観点から見た海に入ることの意味、とりわけシャーマンたちが使うパワフルなマジックの視点、それらを受けとる受容器としての身体の使い方など、いろいろお話します。
 

 晩御飯のあとは満月のビーチで島の妖精にご挨拶をして、瞑想タイム。
 翌朝は起きれるひとはウォーミングアップがてら早朝フェルデンクライスで身体を動かします。呼吸に使う肋骨と海遊びのための足裏からふくらはぎにかけての動きをテーマにしたATM(グループレッスン)の予定です。
 

 そして日中は目いっぱい海で目から鱗の体験をしてください。さらに翌日も海で魚と捕まえる、てな感じで旅は進んでゆきます。

 
 そんなわけで心理セッションをやるぐらいなら海に行け! てな勢いで絶賛おすすめ企画です。なにより私自身がいちばん楽しんでいるかもしれません。シュノーケルはあと1名ぐらい大丈夫ということなので、ピンときたらぜひどうぞ!
 

2017年8月30日
 
9月2日(土)、乙姫プロジェクトは満員御礼になりました。
ありがとうございました!

 

【サイト内関連記事】
・あなたが生まれる夢をみた
・四の五の言わずに海で遊ぼう
・身体とミッションと開運の関係
・『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ
・海のシルクロード 壱岐
・月讀む力は愛する力
・プレ乙姫プロジェクトのご感想
・残席4名様 激動の時代を乗り切る力を身に着けろ! 海編「乙姫プロジェクト」
・叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?

身体とミッションと開運の関係

 「開運とは自分のミッションに気づくこと」
 

 これはとある会合で作家の樺沢紫苑さんが言った言葉。
 わたしも同じことを感じていたので思わず頷いてしまった。
 ちなみに乙姫プロジェクトのサブタイトルが「魂のミッションを生きる」「南の海で開運力をgetする」なのも、魂のミッションに気づくと自然に開運するからだ。樺沢さんの凄いところはこういう真理を一般の人がわかる言葉で説明してくれることだと思う。
 

 ミッション(使命)というのは読んで字のごとく命の使い方のことだ。人生なんて壮大な宇宙の営みの中ではほんの一瞬だ。命はまさに「時間」と言い換えることもできるかもしれない。星々の瞬きにも似た、いまこの瞬間、まさに命を吹き込まれた人生という時間をあなたはどんなふうに使いたい? 
 

 たとえば10月の乙姫プロジェクトでは3泊4日の期間中フェルデンクライスメソッドATMで身体の使い方のコツを学び、シュノーケリングで海と大地のエネルギーと自分自身の身体との関係を感じることで重力のある大地に立つ実感や呼吸の本質を理屈抜きに体感する。さらに水中という特別な環境の中だからこそ際立ってくるコミュニケーションを体験する。
 

 一連の経験を通して人間のいちばん基本となる「身体」の実感がでてくる。別の言い方をするならわたしたちの精神はこの「身体」を使って生きる覚悟を決めるんだよね。
 

 そしてわたしたちはこの身体を通して魂のミッションを受け取る。つまり受信機だ。身体ができていないと魂のミッションを感じる力、受け取る力がどうしても弱くなる。だからいまここ、この瞬間わたしたちの精神は、心臓が鼓動を刻み、血液がさらさら流れ、肋骨の動きに応じて肺胞の隅々まで空気を送り込んでいる自分の肉体にどっしりとフィットする必要があるんだよね。
 

 受信機としての身体ができると魂のミッションをダイレクトにキャッチしやすくなる。それは言葉ではなく、実感であり、体感であり、情熱であり、覚悟なんだよね。そうした言葉にしづらいけど、人生を大きく動かす力が内側から湧き上がってくる。
 

 ここまでくると、あとは自然に具体的な行動指針となるアイデアやインスピレーション、叡智が湧き上がって人生の方向性が見えてくる。それはミッションだから迷わないし、行動あるのみ。これで開運しないわけがない。
 

 開運法則はいたってシンプル。
 
 ①まず受信機としての「身体」の感度・精度・正確度を上げる。
 ②自分の内側から湧き上がる叡智を受け取る。
 ③行動する。
  

 乙姫プロジェクトの場合は上記に加えて、海に入ることで象徴的に無意識の海にダイブして目に見えない宝物を持ち帰る旅をするというめっちゃシャーマニックなヒーローズジャーニーが無意識下で起きる。おまけに五感を刺激するパワースポット徳之島だから開運につながるんだよね。
 

 開運といえば、3年前の2014年夏に東京アクアラングサービスの島田さんの協力を得て開催した「遊びながら不動心をGETする海シュノーケリング企画」に参加したS美ちゃんの体験記を載せるので読んでみてください。この日はシュノーケルだけではなく、体験スキューバダイビングもやりました。
      ↓ ↓ ↓

 
 海の中で、象徴的な体験をして、海から上がった後は、みぞおちから胃の辺りにずっとあった恐れからの詰まりと固さが、すっかり消えて、その体感、呼吸の深さの変化に大喜びしたのを思い出しました。
 まだ上の子が2歳になったばかりで、ドキドキしながら産後初めて1人で本格的に遊びに出かけた日でした。嬉しかったなぁ。
 

 素潜りならどこまでも恐れず行けるのにスキューバになると途端に怖くなるわたしが、島田さんと潜ることができて、乗り越えた感覚が、こないだコメントに書いた体験で、
 

 もう1つは、
 海の中でのオレンジ色の魚の群れが襖2、3枚分くらいの大きさで居て、キレイで見とれて、あぁ、すごいな、こんな光景見れただけでなんて幸せ、これで十分…魚たちを邪魔しちゃ悪いから…ここで十分…と、思いながら見ていた私をよそに、島田さんが私ごとその群れの中へ進み。
 

 え!いいの?
 
 と、驚いたけど、
 群れは自然とスーッと道を開けてくれて…何事もなくて、
 私が入っても許された…
 
 たったこれだけだけど、
 

 私にはビックリ。頭の中でえ? え? いいの??
 いいんだ!! の大騒ぎで(^^)
 
 なんていうか、私、いいんだ!って。(しつこい)
 
 何が良いんだか、そこポイントぽいけど、
 
 多分、私もその世界に入って良い、許される、扉が開いたような、すごい喜びだったんです。
 

 あと、なんでスキューバだと怖いのかなって
 振り返って見たら、
 人生に対する恐れと似てました。
 

 島田さんが潜る前に言った「スキューバというシステムを信用して下さい」という言葉は、目からウロコでした。
 
 スキューバについてよく知らなくても、経験不足でも、不安でも、信じてみる!そして出来た。
 
 コレも、人生に通じるなぁと改めて思いました。
 私はもともと不安症で疑ぐり深いけれど、
 この世界を、宇宙から愛されてることを無条件に信じられたら?
 前よりちょっと強く意識して今を、私を信じてみます^_^
 

☆  ☆ ☆
  
 この記事は最近、彼女とのやり取りの中で3年前を思い出して書いてくれたものなんだけど、なんだかとても嬉しかったんです。
 人間はすごいなあ。。。と。。
 チャレンジする前は恐怖や不安や絶対無理と思えることでも、一緒に潜る仲間を信頼して、状況を信頼して、自分の人生を信頼して一歩踏み出すことができるということをS美ちゃんは教えてくれた。
 

 彼女はこのとき見事に新しい扉を拓いて開運したのだと思う。
 それが彼女の「いま」に繋がっているのだから。
 

2017年8月18日

 

【サイト内関連記事】
・あなたが生まれる夢をみた
・四の五の言わずに海で遊ぼう
・身体とミッションと開運の関係
・『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ
・海のシルクロード 壱岐
・月讀む力は愛する力
・プレ乙姫プロジェクトのご感想
・残席4名様 激動の時代を乗り切る力を身に着けろ! 海編「乙姫プロジェクト」
・叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?

愛する力

 このところちょっと忙しい日々を過ごしています。子どもが順調に自立してゆくのは嬉しい反面、ちょっと寂しかったりもする。親心は複雑だな~。
 

 さてさて先日、過去記事のご感想をいただいて、ひさしぶりに再読してみたんです。これは3年前に記事ですが、うちのブログでは断トツ人気記事なので、よかったらひさしぶりに読んでみてください。
 

2014年7月24に書いた記事で、タイトルは、

「愛するということ」

 ここ数年、家庭も、仕事も、趣味も、人生の楽しみの主要な部分はじゅうぶん満たされた日々を過ごしている。考えてみたら、人生に多くを望んだわけじゃなかった。わたしがいちばん欲しかったのは無条件の愛だけだった。それ以外はいらない。ずっとそう思っていたんだよね。
 

 若い頃のわたしは生きるのがとても辛かった時期が長かった。
 親や周囲の人間は自分にとって、いつだって怒りと悲しみの源であり、間違っても味方だと感じたことはなかった。まあひとことで言うと、うまくいかない家族関係の中でさまざまな重荷を背負ってしまって、それが成人後も尾をひいていたわけだ。、
 

 そんな経緯があって、わたしは永遠の愛、無条件の愛がほしかった。
 わたしの何もかもを受け入れ、愛してくれるひとがほしかった。
 
 
 でもそんなものは生身の人間にはほぼ不可能に近い。
 それができるとしたら、それは神の愛だ。
 ・・・と、思っていた。
 
 
 不平不満を言っていても人生は変わらない。
 まずは自分にできることをしようと思った。 
 わたしが取り組んだのは、そんな自分の苦しい気持ちを受け止めてあげることだった。 
 

 どんなにダメでも、情けなくても、それでもわたしは、ここにいる。
 それでも生きている。
 世界中を敵にまわしても、それでもわたしは生きている。
 その事実だけは誰にも否定することはできない。
 生きようとする命を止めることなんて誰にもできない。
 わたしだけは、わたしの味方だよ。
 誰ひとり愛してくれなくても、わたしだけはわたしを愛してあげよう。
 自分自身でいることを決して放棄しない。
 若かったわたしはそう心に決めた。
 

 ささいなことで揺れる自分の気持ちに気づいたら、それを優しく受けとめてあげる。
 できることから自分の望みを叶えてあげる。
 お茶にするか、コーヒーにするか? 
 この映画は観たいか、観たくないか?
 このお誘いにYESと言うか、NOと言うか?
 

 ちいさなことこそ大切に、自分の意志で決めることが、自分を愛する、認める、信頼するの一歩目だ。最初のうちは自分自身でいることができなくて、NOと言うことにものすごくエネルギー使ったり、不必要に攻撃的だったり、自己中だったり、そりゃ大変だった(笑。
 

 そんなふうに自分を知って、自分の中の喜怒哀楽やさまざまな思いを受け入れて生きているうちに、いつのまにかどんな自分も愛しいと思えるようになっていた。
 

 そして自分がこの世界から無条件に愛されていることを実感できるようになっていた。
 その感覚こそが、ずっと欲しかったものだったんだよね。
 

 そう、わたしは無条件に愛されている。 
 

 そして、
 深く、優しいまなざしで、この世界を観ている自分に気がついた。
 

 心の中のセルフイメージが変わると現実が変わる。
 やがて女性として無条件に愛し、愛されるパートナーと出会って、いまは平穏な日々を送っている。
 

 愛され女子になるにはどうしたらいいですか?
 どうしたら祈りの心を育てることができますか?
 どうしたら自分を愛すること、パートナーを愛することができますか?
 そんな相談をよく受ける。 
 
 
 若い頃の、触れば火傷をするような女だった頃からは想像もつかない変貌だ(爆)。
 でも、そうだな、祈りも、愛され女子も基本は同じ。
 

 まず「幸せになるのは当たり前」だと決断しなさい。 
 自分の気持ちに気づきなさい。
 自分の気持ちに気づいたら、感じつつ、眺めてごらん。
 そしてどんな自分をも受け入れなさい。
 あなたはあなた自身の味方でありなさい。
 自分の望みを叶えてあげなさい。
 結果ではなく、その望みを叶えると決断し、行動した自分を褒めてあげなさい。

 

 この習慣を繰り返してゆけば、いつのまにかあなたが望んだものはきっと手にはいっているよ。
 

【サイト内参考記事】
信じる力
信じる力2014
 

2014年7月24日
 

心と身体と場の力があなたのreal soul を呼び起こす! プロの心理職の心の技術とシャーマンのヒーリングエネルギー、そして身体技術に裏打ちされた身体を使ったレッスン。心・身体・場の力の三つの側面からアプローチする合宿形式のスペシャルセミナー『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよは残席3名様です。リアルキョーコ(澄江)に会いに来ない?

プレ乙姫プロジェクトのご感想

 週末は岩手八幡平の別荘に行ってきた。
 今回は知人が週末田舎暮らしを体験したいというので、張り切って近所の八幡 トレッキングにご案内しようと思っていたら、山頂は濃霧で真っ白。やむなく盛岡市内で冷麺の発祥のお店ツアーに変更になりました(^^;

冷麺発祥の店「食道園」の冷麺

 さて冷麺はさておき、本日はプレ乙姫プロジェクトに参加された友人の叶充代さんのご感想をシェア。
 
 あれ? プレツアーってなに???
 じつは先日の徳之島の旅は乙姫プロジェクトのプレツアーでもあったんです。
 どういう経緯かというと、
 

 たしか5月の終わりだったかな。友人の充代さんと一緒にランチをしていたときのこと。話の流れで、ふと一緒に海に行こうよとものすごく言いたくなったんです。 
 

 じつは彼女はヒーリングの先生でもあり、具現化力が半端ない素敵女子。
 そして海がコワイ。
 海遊び人&シャーマンスイッチが入ったわたしは彼女に熱く海のマジックを語ったわけ。
 

 意識的に海の入るってことは、じつは無意識の海の入るのと一緒。
 
 
「海がコワイってことはじつは無意識の中に存在する未来への恐怖が原因。んで、これが人生の流れを止めるんだよ。逆にこれを逆手にとって、意識的にめっちゃ安心でわくわくするような環境の中で、海の入って宝物を持ち帰るという経験をすることで、未来へのイメージが恐怖からわくわく楽しいに書き換わるんだよ」
 

「わたしは心理のプロだけど、心理療法でこれをやろうとするとめちゃくちゃ時間がかかる。でもこの原理をよくわかっている仲間と一緒に海体験をすると、たった1回の体験で人生が変わるよ。ちょうど来月乙姫プロジェクトの下見に行くから一緒に行こうよ」
 

 と、熱く語ったわけです。
 

「まず体感だよ! 体で感じると早い。身体を動かして、さらに自然の力を借りて、自分で自分にマジックをかける。これが古来から伝わる秘伝シャーマンマジックの神髄だよ」
 

「なによりさ、海に身体をゆだねるって行為が大きな意味を持つの。海にゆだねるってね、自分を越えたより大きな力に身をゆだねるってことの象徴的な行為なんだよ。人生も仕事も恋愛も同じ。これって自分を信じていないとできない。つまり自己信頼。これを遊びという行為を通じて体得するわけさ。チャンスがアップルパイをもって、スキップしながらやってくるよ。それを、ぐいっと掴む。握力ね。開運はもちろん、恋愛力も上がるよ。恋愛力の究極のポイントはオトコに心と身体をゆだねるってことができるかどうかだからさ」
 

「もちろん、もともと海が好きなひとはどんな海でもマジックがかかる。海がコワイひとの場合は場所選びが肝心。特別なパワースポットがいい。それが徳之島。わたしが知っているかぎり、徳之島は海も山の森も、すべての自然が力を貸してくれる特別な場所なんだよね。うふふ。どう? 行く?」
 

 この3週間後にはわたしと彼女は徳之島の大地に降り立ったわけ。どんだけ熱く語ったんだって感じだけど、友達なので遠慮なしの本気モード。ちなみに充代さんは「宇宙学校ヒーリング講座」を主催している素敵な女性。その彼女がプレ乙姫後にどう感じて、どう変わったのか、
 
 
というわけで、やっとご感想です。
    ↓ ↓ ↓
 

こんにちは。
 
徳之島から帰ってきて感じたことです。
 

出発の日、羽田まで車で向かう時は
初めて運転する道でもあるし、首都高はかなり緊張しました。
 
帰りは、首都高を使わずゆっくり帰ってきました。
何時になっても家に着けばいいわけだから、そこは気楽に帰れました。
 
ただね、運転していてそんなに緊張してなかったんです・・
景色眺めながら、家に着くまでの間ゆとりがあったんです。
 
その時私はいままで、何をするにしても緊張した状態でやってたんだな~って気づいて、それもこれからはなくなっていくような気がしました。
 
「力まず楽しんでいける」っていう安心感を感じたのはすごく嬉しかったし、
これから未来のイメージが数段階軽くなったような感じでしたから(^^♪
 

そして、ここ最近のことですが、
違和感を感じてることを解消しようとして、自分なりに奮闘していたけど、煮詰まって少し疲れていたことがありました。
 
それがあっという間に解決していき
それだけでなく、信頼できる仲間も得ることが出来ました。
 

私の中でもつれ煮詰まっていた部分がするりと取り除かれ
トンネルから抜け出たような気分です
 
そのことで、私は自分の幅を拡げながら、楽しみながら一歩前進出来そうです。
 

煮詰まりを解消しようと、自分に合わないことをやっていたけど
自分への信頼が弱かったからだってことも分かった。
 
どこか恐れがあって、進めなかったんだよね・・ただやりたいことをやるだけなのに、それが出来なかったのは、自分の繋がりが弱かった、信頼しきれて無かったんだってわかった。
 

「自分を信頼する」ってことを改めてを思い出した。
 

そこからしか
自分のしたいことも
力もパワーも生まれてこないことを思い出した!
 
そしたら力みが取れ
身体がしっくり落ち着いてホッとしたっていうのが正直な表現かもしれない。
 
これが無意識と繋がってきたってことだよね・・
自分を信頼していないと
本当の意味の自分の道は進んでいかないってことを改めて感じてます。
 

本当にしたいことが、楽にできる環境が整ってきた。
 

無意識にある恐れが
 
感じることを、知ることを遠ざけていたんだね
そして、遠回りして疲弊してたことに気づいた。
 

もっと自分を信じていきますわたくし!
 

        叶 充代
 

充代さんは「宇宙学校ヒーリング講座」を主宰されていて、優れた直観力と柔らかな心を持っためっちゃ素敵な女性です。充代さんもご自身のブログでプレ乙姫の体験談を書かれているのでぜひ読んでみてね。
https://ameblo.jp/mitsuyo1224/entry-12286569121.html
 

というわけで、
 

一緒に遊びにいかない?
 

2017年7月4日
 
【サイト内関連記事】
・『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ
・海のシルクロード 壱岐
・月讀む力は愛する力
・プレ乙姫プロジェクトのご感想
・残席4名様 激動の時代を乗り切る力を身に着けろ! 海編「乙姫プロジェクト」
・叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?