フェルデンクライス」カテゴリーアーカイブ

叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?

 昨日の記事「具現化力アップのコツ」で丹田呼吸の基礎である「吐く」トレーニングに関して、あまりにもざっくりした文章だったので、その部分だけもう少しわかりやすいように書き直しました。

 

 これまでクンダリニヨガの瞑想・座禅・気功をやってきて、ある程度ひとに教えられるレベルまで極めてきた。そのなかでどの技術にも共通することがある。
 

 それは身体の使い方なんだよね。
 

 たとえば気功のタントウを例にすると、ポイントは股関節と骨盤の角度。この角度は師匠いわく奥義で、「誰にでも教えられるわけじゃないし、誰にでも理解できるわけでもない。習熟の進んだ弟子にしか教えないので他言するな」と。
 

 あ、もちろん、角度と書く程度なら問題ない。これは言葉で教えることができないからこそ奥義。ただ普通に気功を練習していると、この角度がわかるようになるまでに何年もかかる。

 
 これをわたしは入門3か月で会得した。

 
 それはなぜかと言えば、気功やダンス、格闘技に至るまですべてに通じる基本的な身体の使い方をフェルデンクライスである程度学んできたことと過去にクンダリニヨガ瞑想を極めてきたからだ。
 

 こうした経験から思うのは気功も瞑想も丹田呼吸もまずは身体の基本的な使い方から練習したほうがはるかに早いってことだ。

 

 現在わたしが教える「フォーカシング講座」「魂のミッションを生きる! ヒーローズジャーニー講座」など、どの講座もまずは体の使い方から入る。具現化力や女子力アップ、自分らしく生きる、まわりに左右されない自分力をつける等、どれもが心や意識を対象とした講座であるにもかかわらず、体からはいるのはなぜか?

 
 じつは身体の使い方から入ると丹田を意識しやすくなるため意識の統御力が格段にアップする。さらに自分の肉体の動きを意識することで、意識が肉体にすっと収まって「いまこの瞬間」にとどまることができるようになるのだ。
 

 もちろんインドアで自分の気持ちと向き合ってゆく各種セッションやエネルギーワークも具現化力をアップするには効果がある。これは13年間、心理カウンセラーとしてコーチとして1万人以上の人々と接してきた経験上、自信をもって言える。ところが動きを取り入れたレッスンで丹田を作ってゆくのと並行して心を扱ってゆくと驚異的な速さで心の力がついてくるのだ。
 

 わたしはプライベートでは身体を使って海や山で遊ぶ時間を大事にしている。自然の中で身体を動かしていると意識が身体に影響を与えていること、身体は意識に影響を与えていることがよくわかる。これはアウトドアという環境の力も一役買っているのはいうまでもない。
 

 そんなわけで自然のど真ん中で、心と身体の両方を使う講座やトレーニングが叶っちゃう体質を作るのはいちばん早いというのが個人的見解。だから「里山トレッキング」や「海シュノーケリングツアー」「乙姫プロジェクト」などのアウトドアを絡めた講座やツアーを思いつくわけ。

 
 うん? わたしの個人的趣味も入っているんしょという声が聞こえてきそうな(笑)。ともあれ、昨日の丹田呼吸の部分をちょっと書き直したのでよかったらもういちど、きのうアップした「具現化力アップのコツ」を読んでみてね。
 

2017年7月23日 新月
 
【サイト内関連記事】
・『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ
・海のシルクロード 壱岐
・月讀む力は愛する力
・プレ乙姫プロジェクトのご感想
・残席4名様 激動の時代を乗り切る力を身に着けろ! 海編「乙姫プロジェクト」
・叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?
 

心と身体と場の力があなたのreal soul を呼び起こす! プロの心理職の心の技術とシャーマンのヒーリングエネルギー、そして身体技術に裏打ちされた身体を使ったレッスン。心・身体・場の力の三つの側面からアプローチする合宿形式のスペシャルセミナー『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよは残席3名様です。リアルキョーコ(澄江)に会いに来ない?

新ブログ&サイト完成と近況の心境

 このところいくつかの仕事と並走しながら、フェルデンクライスがメインのサイトを作っていました。
 さきほど完成。
 

    ↓ ↓ ↓
 
 フェルデンクライス☆しなやかにタップを踏んで  http://vividring.com/
 

 新サイトもwordpressで作ったんですが、ホームページのような構成になっていて、日々更新するブログは公式ブログという形でメニューもしくはサイドバーから入れます。
 ヒーリングソウルのトップメニューにリンクしてあったFIのご案内とATMの日程は新サイトに移しました。トップメニューにリンクを貼ったのでフェルデンクライスに興味のある方はぜひ新サイトも見てくださいませ。
 

 それにしても四月に入ってからのキナ臭さは半端ないね。
 GWまではこの動きが続くだろうし、あまり嬉しくないことが起きないとは限らない。
 でもどんなときでも自分の中心軸から外れないことが大事だよね。
 
 感情に自分の中心を乗っ取られないように。
 偏った思い込みに支配されないように。
 無力感から無関心を装わないように。
 自分に力があることを思い出してね。

 

 わたし自身はフェルデンクライスがいい流れに乗っていて順調だし喜んでいいはずなんだけど、それとは別にこれまでとまったく違ったことをやる時期に来ているような気がしてしょうがないんだよね。
 

 でもその答えが見えない。
 時間がとれたら気持ちの整理もかねて、そのあたりをブログですこしづつ書いてゆこうかと思います。
 というわけで情報に対するアンテナをしっかり立てつつ、のりきっていこうね!
 
2017年4月18日

ストレスを乗り切るコツ 1

 明日は午前10時から西国分寺いずみホール和室でいつものフェルデンクライスATMがあります。
 担当は佐久間とも子さんです。
 わたしも参加します。
 先週は小豆島に行っていたためATMに参加できなかったので、明日はわたしも自分の体と向き合おうと思います。
 

 メンタルコーチ(カウンセラー)として、いろんなひととかかわっていて思うんですが、ストレスフルな状況下ではメンタルの力が明暗を分けます。
 具体的にはまだ来ない未来に対する不安心配、過ぎ去ってしまった過去の後悔に心が囚われているとき、ひとはjust now、「今この瞬間」に集中することができません。逆もしかりで、「いまこの瞬間」に集中できないから心は過去へ未来へと彷徨うわけです。
  

 じゃ、今に集中できるようになるにはどうしたらいいのか?

続きを読む

五十肩とフェルデンクライス

 昨日は三週間に1回くらいしかFIを受けに来られないある五十肩のお客様に肩と股関節のつながりのための自宅で簡単にできるATMを提案した。レッスン終了後、肩甲骨まわりと肋骨上部の動きの違いを感じると目を輝かせて話してくれた。ストレッチじゃないので、動きを感じるプロセスそのものを楽しみながら、適当に心地よい範囲で、思いだしたときに自宅でやってみたらいいですよ~と伝えた。
 

 フェルデンクライスのFI(プライベートレッスン)の良さは、直接身体に触れて行うだけじゃなくて、相手の身体の状態に合わせたATMのレシピを提案できることかも。
 

 五十肩とか体の不調は本人にとっては不自由このうえないので、効果があるとわかると自宅で取り組んでくれることが多い。
 

 お客様にとっては、あんなに硬かったり、痛かったりして、この先もこの体と付き合っていく以外ないのかなと思うとちょっと憂鬱になっていたのが簡単なレッスンで身体が楽に自由に動くようになるという驚きと同時に、自分で丁寧にメンテナンスしながらより楽で快適な体を作ってゆけることそのものが大きな自信につながるんだよね。
 

ふつうは加齢とともに体のあちこちが動きづらくなっていくのに、フェルデンクライスを日常に取り入れることで、逆に海快適になっていくんだからそりゃ地震と希望につながるよね。

 

 そんなわけで、きのうは4年間頑張って通い続けてよかったなとしみじみ思ったのでした。
 

2017年2月10日

無意識と意識 3無意識プログラムとフェルデンクライスメソッド

 
 先日4年間のトレーニング期間を経て、やっとフェルデンクライス・プラクティショナーになったことはご報告したよね。フェルデンクライスメソッドについては、ときどきブログ記事にも書いているけど、このメソッド自体が日本ではあまり知られていないんだよね。
 

 う~ん。。。サイコシンセシス(統合心理学)といい、フェルデンクライスといい、世界的にはベーシックな体系でありながら、日本ではマイナーというカテゴリに縁があるのかな(^^;

 

 というわけで、「無意識と意識シリーズ3では、この無意識つまり潜在意識という巨大なシステムの存在を前提に、あらためてフェルデンクライスメソッドでは身体に対してどういうアプローチをしているのか? というテーマを書いてみようと思う

 
続きを読む