フェルデンクライス」カテゴリーアーカイブ

新ブログ&サイト完成と近況の心境

 このところいくつかの仕事と並走しながら、フェルデンクライスがメインのサイトを作っていました。
 さきほど完成。
 

    ↓ ↓ ↓
 
 フェルデンクライス☆しなやかにタップを踏んで  http://vividring.com/
 

 新サイトもwordpressで作ったんですが、ホームページのような構成になっていて、日々更新するブログは公式ブログという形でメニューもしくはサイドバーから入れます。
 ヒーリングソウルのトップメニューにリンクしてあったFIのご案内とATMの日程は新サイトに移しました。トップメニューにリンクを貼ったのでフェルデンクライスに興味のある方はぜひ新サイトも見てくださいませ。
 

 それにしても四月に入ってからのキナ臭さは半端ないね。
 GWまではこの動きが続くだろうし、あまり嬉しくないことが起きないとは限らない。
 でもどんなときでも自分の中心軸から外れないことが大事だよね。
 
 感情に自分の中心を乗っ取られないように。
 偏った思い込みに支配されないように。
 無力感から無関心を装わないように。
 自分に力があることを思い出してね。

 

 わたし自身はフェルデンクライスがいい流れに乗っていて順調だし喜んでいいはずなんだけど、それとは別にこれまでとまったく違ったことをやる時期に来ているような気がしてしょうがないんだよね。
 

 でもその答えが見えない。
 時間がとれたら気持ちの整理もかねて、そのあたりをブログですこしづつ書いてゆこうかと思います。
 というわけで情報に対するアンテナをしっかり立てつつ、のりきっていこうね!
 
2017年4月18日

ストレスを乗り切るコツ 1

 明日は午前10時から西国分寺いずみホール和室でいつものフェルデンクライスATMがあります。
 担当は佐久間とも子さんです。
 わたしも参加します。
 先週は小豆島に行っていたためATMに参加できなかったので、明日はわたしも自分の体と向き合おうと思います。
 

 メンタルコーチ(カウンセラー)として、いろんなひととかかわっていて思うんですが、ストレスフルな状況下ではメンタルの力が明暗を分けます。
 具体的にはまだ来ない未来に対する不安心配、過ぎ去ってしまった過去の後悔に心が囚われているとき、ひとはjust now、「今この瞬間」に集中することができません。逆もしかりで、「いまこの瞬間」に集中できないから心は過去へ未来へと彷徨うわけです。
  

 じゃ、今に集中できるようになるにはどうしたらいいのか?

続きを読む

五十肩とフェルデンクライス

 昨日は三週間に1回くらいしかFIを受けに来られないある五十肩のお客様に肩と股関節のつながりのための自宅で簡単にできるATMを提案した。レッスン終了後、肩甲骨まわりと肋骨上部の動きの違いを感じると目を輝かせて話してくれた。ストレッチじゃないので、動きを感じるプロセスそのものを楽しみながら、適当に心地よい範囲で、思いだしたときに自宅でやってみたらいいですよ~と伝えた。
 

 フェルデンクライスのFI(プライベートレッスン)の良さは、直接身体に触れて行うだけじゃなくて、相手の身体の状態に合わせたATMのレシピを提案できることかも。
 

 五十肩とか体の不調は本人にとっては不自由このうえないので、効果があるとわかると自宅で取り組んでくれることが多い。
 

 お客様にとっては、あんなに硬かったり、痛かったりして、この先もこの体と付き合っていく以外ないのかなと思うとちょっと憂鬱になっていたのが簡単なレッスンで身体が楽に自由に動くようになるという驚きと同時に、自分で丁寧にメンテナンスしながらより楽で快適な体を作ってゆけることそのものが大きな自信につながるんだよね。
 

ふつうは加齢とともに体のあちこちが動きづらくなっていくのに、フェルデンクライスを日常に取り入れることで、逆に海快適になっていくんだからそりゃ地震と希望につながるよね。

 

 そんなわけで、きのうは4年間頑張って通い続けてよかったなとしみじみ思ったのでした。
 

2017年2月10日

無意識と意識 3無意識プログラムとフェルデンクライスメソッド

 
 先日4年間のトレーニング期間を経て、やっとフェルデンクライス・プラクティショナーになったことはご報告したよね。フェルデンクライスメソッドについては、ときどきブログ記事にも書いているけど、このメソッド自体が日本ではあまり知られていないんだよね。
 

 う~ん。。。サイコシンセシス(統合心理学)といい、フェルデンクライスといい、世界的にはベーシックな体系でありながら、日本ではマイナーというカテゴリに縁があるのかな(^^;

 

 というわけで、「無意識と意識シリーズ3では、この無意識つまり潜在意識という巨大なシステムの存在を前提に、あらためてフェルデンクライスメソッドでは身体に対してどういうアプローチをしているのか? というテーマを書いてみようと思う

 
続きを読む