ヒーリング・医療」カテゴリーアーカイブ

五芒星のヒーリングアート

 2002年11月に立ち上げたホームページ「カイロンの翼」の光の部屋にアップしていた☆のイラストです。赤、橙、黄色、緑、水色、の5色の龍神に象徴されるエネルギーが入っており、当時エネルギーを降ろしながら描いたもので、イラストの☆に心を合わせると自然にエネルギーが流れてきます。
 

 当時からの読者さまにカイロンの翼時代にアップしていた五芒星のイラストはありませんかとのメールをいただき、久しぶりにアップすることにしました。

 
 このイラストが描きあがるまでにいろいろ面白い経緯があったんですが、それはまた時間があれば追記しますね。
 

 なんだか懐かしいなあ。

2017年7月16日
 

癌を持っている患者さんとご家族のための「癌を癒す心の使い方」勉強会

ミイとサブパ 昨日は毎月恒例で講師をさせてもらっている聡哲鍼灸院主催の癌を持っている患者さんとご家族のための「癌を癒す心の使い方」勉強会でした。正味2時間弱の勉強会なんだけど、毎回ゆるゆると全力投球です。・・・・って、どっちなんだって感じだけど(笑)。参加してくださったみなさま、ありがとうございました。
 この勉強会はこれまで小規模で開催していたのですが、3月からはどなたでもご参加いただける形になりました。
 わたしや主催者の聡哲さんが大切にしているのは、たんに知識を伝えるのではなく、勉強会という「場」そのものが機能することです。共感や受容、シェアや質問など、参加者どうしがそれぞれの話を聴く、聴いてもらうプロセスを通して、ダイナミックに場の力が働き、そこから人間が本来持っている癒しの力が働くのではないかと思っています。
          記
【タイトル】癌を持っている患者さんとご家族のための「第5回癌を癒す心の使い方」勉強会
【日 時】2013年3月6日(水)10:00~12:00
【場 所】セシオン杉並 第一&第二会議室
      杉並区梅里1-22-32 TEL03(3317)6611
【内 容】 
1 心と生命エネルギーと健康の関係
2 本来の自分とは何か
3 症状は心のエネルギーの自己表現
4 「わたし」はたくさんの「わたし」でできている
5 未来は、いま、この瞬間、あなたの中で創られる
       
【講 師】白鳥澄江(略歴は下記*へ)
【地 図】こちら
【交通手段】
○丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分
○関東バス(中野⇔五日市営業所・吉祥寺)杉並車庫前下車徒歩5分
○都営・京王バス(阿佐ヶ谷⇔渋谷)セシオン杉並前下車徒歩2分
○関東バス・京王バス(永福町⇔高円寺)新高円寺駅下車徒歩7分
【会 費】3000円
【主催】聡哲鍼灸院
【締 切】先着26名 2月28日(木)まで
【申込み方法】「第5回 心の勉強会 参加希望」と書いて、下聡哲鍼灸院宛てメールをお送りください。
         soutetsu★me.com ←★を@に替えて送信してください。
病を癒す!勉強会③
「受け入れる」にはコツがある。自己受容・自分にYES!納得した人生を生ききりたい。そのための方法を体系的に身に着けたいあなたのためのCEL講座は⇒こちらからどうぞ

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

場の力~「第3回 癌を持っている患者さんとご家族のための勉強会」

病を癒す!勉強会③ 
 昨年11月からスタートした「癌を持っている患者さんとご家族のための勉強会」の今回のテーマは「上手に自分と付き合う方法」ということで、無事講師を務めてまいりました。今回は冬場ということで体調を崩された方も多く、少人数の勉強会でしたが、そのぶん深く突っ込んだ質問もあったり、かな~り濃い内容になりました。
 システム思考のループ図を使っての心と生命エネルギーと健康の関係の話を中心に、本来の自分自身でいることが健康と密接な関係があること、人生の目的は幸福になることではなく、幸福のプロセスを味わうこと、といった内容で、あっという間に2時間が経ってしまいました。
 わたしや主催者の聡哲さんが大切にしているのは、たんに知識を伝えるのではなく、勉強会という「場」そのものが機能することです。共感や受容、シェアや質問など、参加者どうしがそれぞれの話を聴く、聴いてもらうプロセスを通して、ダイナミックに場の力が働き、そこから人間が本来持っている癒しの力が働くのではないかと思っています。
 まだ三回目ということで、試行錯誤しながらの勉強会ですが、今後が楽しみです。
☆ 自分自身を受け入れて、人生を切り拓く力をつけるCEL講座

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

癌を持った方のための勉強会「第2回 生活に喜びを取り入れる方法」

心と氣と病の関係 午前中は先月からスタートした「癌を持った方のための勉強会」の二回目。
 今回のお題は「生活に喜びを取り入れる方法」ということでお話させてもらった。
 冒頭の絵本の読み聞かせタイムから始まり、「今日の気分は何色? 好きな動物はなに? その理由は?」という質問も含めた参加者の自己紹介のあと、車座になっての勉強会スタート。座の中央にはミカンとお菓子。
 人生の目的の話、本来の自分に戻るキーワード、心と生命エネルギーと病気の関係、喜びを取り入れる方法、祈りの話など、盛りだくさんの2時間でした。
 参加者のみなさま、主催者の聡哲さん、ありがとうございました。
 
 健康とは身体面のみならず、精神面、社会面、そして魂の次元も含めて調和がとれている状態を指す。日常生活の中で喜びを感じられなくなったとき、自分じゃない何者かになろうとして無理をしているとき、がんばりすぎているときに、私たちの内なる叡智は、病という形で「本来の自分の道に戻ろうよ」というメッセージを送ってくれる。そのメッセージに気づいて、本来の自分らしい生き方に戻るとき、あなたは多くの喜びと生きがいと満足感を手に入れるだろう。
※ 写真は健康における悪循環から好循環へ変化する流れを図にしたもの。レバレッジポイントは「本来の自分自身」を生きるってところ。何が本来の自分かって? キーワードは表面的な快楽や気を紛らわすためのから騒ぎではなく、心の底から喜びを感じられるかどうかだよ。

自分ミッションを探せ

 最近、セラピストさんや心理カウンセラーさん、癌治療と並行して精神的サポートを受けたいというクライアントさんが個人セッションにいらっしゃることが多い。
 そこで話題になるのが、「どうしたら癌をはじめとした病気を治せるのか?」 というテーマ。
 その秘訣は、結論からいうと、
 「病気を忘れるほど人生を楽しむ」
 ということに尽きる。
 病気を引き起こす大きな原因のひとつは、人生を楽しんでいないことなんだよね。もちろん、これはうわべの快楽を追い求めるという意味ではないよ。
 お話を聴いていると、癌を患っている多くの方が「~ねばならない」という思いを持っている。代表的なのが以下の三つ。
「辛くても、がんばらなければならない」
「一生懸命やらなければならない」
「自分の気持ちや喜びよりも、家族や会社や世間の目を優先しなければならない」
 ここで気づいた方もいるよね?
 そう、「~ねばならない」は、多くの日本人の平均的な考え方なんだよね。
 病気は農薬・食品添加物、放射性物質といった環境的な要因や疲労や不摂生などの身体的な要因も大きいけれど、物事のとらえ方・考え方も大きな要因のひとつなんだよね。
 シャーマンは病気はギフトだと考える。
 それまでも生き方を変えるチャンスはいくらでもあったはずなんだけど、不思議なことに人間は追い詰められないと、なかなかそれまでの習慣を変えようとしない。だって変化を起こすときは、「よいしょっ」てな感じで力がいるし、そもそも人間は変化が怖い生き物だ。
 だから自分の魂が喜ばない生き方をずるずると続けてきた末に、病気という形で変化を促すメッセージがやってくる。そして多くのひとはここで気づく。「自分は、ほんとうはゆっくりお茶を飲みたかったんだ」とか、「ほんとうはもっと人間らしい生き方がしたかったんだ」とか、「ほんとうはもっと自分を大切にしたかったんだ」といった思いに気づく。あるいはずっと興味のある分野で働きたかったんだけど、一歩踏み出す勇気がでなかったという人もいるかもしれない。
 人生を変えるメッセージは、病気ではなく、トラブルという形で来ることも多い。そんなときは自分自身をふりかえってみるといい。自分をどこかでごまかして、納得しないまま、生きてこなかっただろうか?と。
 気づいたら人生は変わる。
 重たい病気を患っている方のすごいところは、生き方を切り替える決断をして、それを行動に移せるところだ。その理由はいくつか考えられるけれど、やはり死というものを突き付けられるからだろう。
 このときに大事なのは、逆説的なんだけど、病気を治そうとがんばるのではなく、人生を楽しもう、心の底から喜びを感じられるような生き方を取り戻すことなんだよね。
 つまり病気を忘れるほど、人生を楽しむ。
 それを続けているうちに、多くの場合、気づいたら癌が消えていたとか、小さくなっていたという事が起きる。もちろん個人差はあるから一概には言えないけれど、ひとつだけはっきりしているのは、病気になる前よりも、病気という経験を積んだ「いま」のほうが納得できる日々を過ごしているとおっしゃる方が多いことだ。
 人生を楽しむには、あたりまえだけど自分の本当の気持ちに気づく必要があるんだよね。長年「~ねばならない」という生き方をしてくると、自分の本当の気持ちを感じる感覚「自分センサー」がすっかり錆びついていたりする。さらにそれを感じて行動しようとすると、「変化が怖い」気持ちが首をもたげてくる。
 ここで私のようなコーチの出番になる(笑)。
 そのひとがその人らしく生きるためのサポートをするのがコーチやセラピストの仕事だからね。
 そして自分センサーで自分の気持ちを感じて少しづつ行動しているうちに、自分がこの世に生まれた役割、つまりミッションに気づく。自分の満たされていない部分や傷ついた部分なんかなければいいと思うし、見たくないよね。
 こう考えたらどうだろう?
 それは「自分のミッションだ」と。
 だれもがこの世に生まれてくるとき、自分にしかできないミッションを持って生まれてくる。それは多くの場合、心の痛みや生きにくさ、トラブル、病気、不完全さという形で現れる。それを受け止め、克服してゆく中で、古い自分の考え方や生き方から、新しい、よりしなやかな自分自身に変容してゆく。
 このプロセスこそが、あなたのミッションだ。
 
あなたがあなたの傷を修復する作業をとおして、あなたはこの世界に生命力を注ぎ込む。
 あなたの成長と変容をとおして、世界も豊かに、しなやかに成長し続ける。
 それがあなたのヒーローズジャーニーだ。
 今日も一日、あなたがあなたのミッションをこなせますように!
★自分の魂が喜ぶミッション遂行に役立つセミナーあれこれ
◆8/11(土),12(日) 伊豆高原での一泊2日セミナー「第1回カエルプロジェクト☆ヒーローズ・ジャーニー」
◆9/2(日)「第2回カエルプロジェクト 自分センサーを見つけよう!」
◆9月開講 自分らしく生きる! 自分センサーを磨く! そんな本気度の強いひとにおすすめ「CELクリエイティブ・エネルギー・ロジック講座プラクティショナーコース」

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ