浄化の乗りきり方」カテゴリーアーカイブ

地震や天変地異とわたしたちの心はどんな繋がりがあるの? シャーマン的な観点から語ってみました。

浄化の乗りきり方 2 心と体

 プロセスワーク、またはプロセス指向心理学という言葉を聞いたことがあるだろうか? 
 

 これは1970年代初頭、サマチューセッツ工科大学大学院で学んだ物理学者であり、チューリッヒのユング研究所の分析家でもあったアーノルド・ミンデルによって創られた心理療法のひとつなんだよね。
 

 プロセスワークでは、個人のより深い部分に存在するテーマやモチーフは夜に見る夢や病気などの身体症状、さらには人間関係をとおして顕われると考える。従来の心理学では不安や恐怖・ストレスなどの心の状態が病気を引き起こすと考えるのに対して、プロセスワークでは個人の自覚できる感情や心よりもより深い部分に存在する『流れ』が不安や恐怖といった感情を生み出すと考えるんだよね。
 

 う~ん。なにやらややこしい表現だよね(笑)。
 もっとわかりやすく書くとこういうこと。

続きを読む

浄化の乗りきり方 1 地震の意味

 17日に大きなエネルギーシフトがおきてから一週間が過ぎた。
 同日アメリカの大学で起きた銃によるテロ、長崎市長の死、町田の立てこもりでは犯人が銃で自分の頭を撃ったし、同じ頃NASAでも立てこもりがあったね。いずれも日米でほぼ同時に起きた銃による事件の奇妙なシンクロを感じたひとも多かったんじゃないだろうか。
 

 20日、21日は沖縄方面でM6の地震が立て続けに起きたね。震源が海底だったけど、大きな津波もおこらずに震度3、4程度ですんで本当によかった。午前中も愛媛で震度4が起きている。
 

 ここ数日で「なにかが動いているような気がするんですが、どう思います?」と何人かの方から異口同音で訊かれた。みんな普通の表情を装っているけど、その目の奥に得体の知れないものに対する、かすかな不安がのぞいているように見える。
 

 そうだよなあ。。。。将来の予測がつかなかったり、何か未知のものに対する恐怖というのは根強いものがあるよね。正直に告白すると、最近流れ系の記事に関しては自分の書く文章が過激な気がして、今回も書こうかどうしようか迷っていたんだよね。だって書くと恐怖と不安をあおって、消費を落ち込ませそうだもの。風評被害なんて言葉があるけど、その先鋒にはなりたくないよな、とかね。
 

 そう思いつつも結局こうして書いているわけだけど、はっきり言って状況はなかなか厳しいものがある。

続きを読む