対馬の海と日輪と

 先週、急遽長崎県対馬に行ってきた。
 先月行った壱岐は月、今回の対馬は太陽。
 どちらの島も古代幻視シリーズで追った神功皇后の足跡が随所にある。まさに3~4世紀の歴史の大舞台だった島だと痛感。
 

 今回お世話になったのは対馬西山寺の宿坊。
 ここは江戸時代、豊臣秀吉の朝鮮出兵で最悪な状態になっていた日朝関係の修復に大きな役割を果たした寺でもある。おりしも2017年の国際情勢は北朝鮮の動向が鍵にもなっているだけに不思議な導きを感じる。
 

 そうそう希望者は座禅もできるので、翌朝6時から座禅に参加した。参加者は私だけで、静かな時間を過ごせたよ。
 

 今回足を運んだのは和多都美神社、海神神社、烏帽子岳、阿麻テ留神社、住吉神社、そして海。和多都美神社と海神神社の御祭神は豊玉姫、つまり乙姫。乙姫プロジェクトともリンクする。さらに乙姫と神功皇后は深いつながりがあるんだよね。
 

 ふたつの島の陰陽のエネルギーがいい感じに和合安定するのを実感。
 さてこの夏はどんな風が吹くだろう。
 

2017年7月16日
 
 

和多都美神社の鳥居。海中に鳥居があって、大潮の時は2メートルも沈む。

和多都美神社の境内。海のエネルギーに満ちている。

和多都美神社の背後に控える烏帽子岳から浅茅湾を眺める。古代の風景が浮かんでくる。

阿麻テ留神社。祈っていると頭上の日輪が輝きを増す。古代では太陽神を祀っていたのだろう。

住吉神社。ここも海のエネルギーが半端ない。

厳原飲み屋のある界隈。

モスバーガーのおばちゃんに教えてもらった居酒屋で晩御飯。サザエのつぼ焼きは絶品。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です