月讀む力は愛する力

今朝のニュースで壱岐は昨夜から50年にいちどの大雨だと言っていた。一昨日に壱岐から戻ったばかりで、島内の森や鳶の姿がまだ記憶に新しいだけにちょっと心配。無事に雨雲が通過するといいなあ。
 

 今回の壱岐の旅でインスパイアされたことがある。
 それは祈り(andヒーリング)についてのとらえ方だ。
 

壱岐 月讀神社


 じつは10年くらい前まではルテラムウのメニューに有償のヒーリングが入っていて、けっこう人気メニューだったんだよね。それが2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに有償でのヒーリングを一切やめた。そのかわり無償で祈りによるヒーリングを始めたんだよね。震災によるストレスや不安、体調不良の方が多かったからだ。
 

 でもそれも祈りの勉強会を定期開催するようになってからずいぶん落ち着いた。いまは朝夕の祈り以外は必要に応じて家族や親しい友人知人など身近なひとのために祈るぐらいだ。
 

 ところが先日、壱岐の月讀神社で大いなる力を感じて、このエネルギーを必要なひとに繋ぎたいと素直に思った。でもわたしの祈りは無償なので身近なひと以外の方のために祈る機会はほとんどないし、有償にしてメニューに加えるのもありえない。
 

 うん? なんで無償かって?
 ひと言でいうと、有償にした瞬間、無意識レベルで祈りが濁るからだ。
 まだまだ未熟者なので(笑)。
 というのは冗談で、それはわたしが大いなる力に仕えるシャーマンだからだ。
  

 さてどうしたものか。
 で、ふと思いついたのが、10月の徳之島での乙姫プロジェクト。3泊4日の旅なので空き時間に参加者の中で、希望者がいればマンツーマンで祈らせてもらおうかな。

 
わたしが感じたエネルギーは月讀む力、つまり生命力であり、すべてのものを育む慈愛の力であり、機を読む力だ。これはこれからの時代には必要な力だと思う。とりわけ女子にとって月の生命力は豊かさと女の幸福を呼び込む力でもある。
 

 太陽と風と海のエネルギーの強い徳之島で月のもつ生命力に満ちた祈り。
 陰陽和合の力。

 
 乙姫プロジェクトは実際に海に入って、自分の身体で海水の温度や肌触り、風の音や波の身体に触れる感覚、無用な努力を捨てて海に委ねる体感覚を体感することによって、自分自身の無意識と仲良くなって、人生を切り拓く勘と握力とつけるというプログラムだ。
 
 
 だから身体を使うし、体感・身体感覚を重視する。恋愛でも仕事でも、結果を出している多くの女子は肉体のメンテナンスには手を抜かない。わたしが知っている限り、筋肉のしなやかさは行動力や具現化力と比例する。
 

 じゃ祈りはどこに位置するのか?
 それは行動の動機となる願いや望みや命の使い方そのものを浮上させるきっかけになる。
 自分が自分の奥深いところにつながると言ってもいい。
 

 月讀む力とそのひとの奥深いところにある魂が繋がることで、本当に欲しいものをちゃんと感じることができたり、シンプルに愛する力が湧いてきたり、そのひとに必要なことが起きる。

 
 というわけで、あなたに祈り届けるよ。

 
2017年6月30日

【サイト内関連記事】
・『南の海で開運力をGetする! 乙姫プロジェクト』の始まりだよ
・海のシルクロード 壱岐
・月讀む力は愛する力
・プレ乙姫プロジェクトのご感想
・残席4名様 激動の時代を乗り切る力を身に着けろ! 海編「乙姫プロジェクト」
・叶っちゃう体質になるために、なぜ身体からはいるのか?

Follow me!

月讀む力は愛する力」への2件のフィードバック

  1. ふじ

    月讀さんて何者なんでしょうね?
    アマテラスとスサノオだけが有名で不思議です。

    返信
    1. キョーコ 投稿作成者

      ふじさん
      面白いですよね。
      ちなみに壱岐の月讀神社はもともとは壱岐氏が山の神を祀っていたそうです。山の神は海の安全の神さまというところから豊穣と繁栄の象徴である月神となったのかもしれないですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です