ヒーリングソウル

Healing Soul サイコシンセシスとフェルデンクライス・メソッドを使ったメンタルコーチのブログ。心と体のいい状態を見つけてみない?

体術

 以前、サイコシンセシスの師でもあり友人でもある伊藤氏からカリフォルニアのサイコシンセシス(統合心理学)研究所では合気道などの体術をカリキュラムの一環に取り入れていると聞いたことがある。
 

 わたしの15年間にわたるメンターとしての経験を振り返ると、体術とメンタルトレーニングのセットはめちゃ有効だ。体が動かなくても、日々の出来事に反応して自分の内側から沸き起こる喜怒哀楽を観て、受け入れることはできる。できるけど時間がかかるという意味では多大な忍耐力と意志力を要する。それにくらべると体感・運動感覚を鍛えながら、心も体もセットでトレーニングしていくほうがはるかに楽なんだよね。
 

フォーカシングにしてもそうで、サイコシンセシスでいうところのセルフ(場ごと包む包容力&俯瞰した視点)が育つまではなかなかしんどい。これもセルフの視点が育っていると自分の中の本当に深いところまで踏み込んで抱きしめてあげることができる。コアなネガティブボスキャラが現れても100パーセント肯定できる。
 

 そのセルフの視点を育てるには体術とセットで取り組むほうが楽だというのがたくさんのひとを育ててきてわかったこと。心のみのアプローチでもセルフを育てることは十分に可能だ。でも先に書いたとおり、同時並行で体の動きを伴った体術や体感覚を鍛えることがじつは近道だったりするんだよね。
 
 というわけで昨日の「ヒーローズジャーニー」の初日は自分の中心点を見つける丹田瞑想やフェルデンクライスATM、丹田を保ったまま他者とコミュニケーションをとる基礎になる対気のトレーニングなど、午後は体を動かすメニューが盛りだくさんだった。
 

友人からいただいたオリーブの瓶詰め
黒オリーブを使ったサラダ
 
 
帰宅後はいただいた黒オリーブを使ったサラダと日本酒で晩御飯でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年4月3日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です