ヒーリングソウル

Healing Soul サイコシンセシスとフェルデンクライス・メソッドを使ったメンタルコーチのブログ。心と体のいい状態を見つけてみない?

卒業しました☆フェルデンクライス指導者養成コース

 
 こんにちは。
 1月も半ばというわけで、昨日今日と寒波がきていますが、お元気ですか?
 さて先日、4年間通った「フェルデンクライス指導者養成コース日本Ⅴ」を無事卒業しまして、晴れてフェルデンクライスプラクティショナーになりました。
 

 4年間は本当に長かった。
 ゴールデンウイーク10日間、8月後半15日間、年末年始15日間で、年間40日間の授業をなんとかこなせたのも、家族や仲間、それにお客様に助けてもらったことが大きい。
 

 もともと自分自身の健康と美容と興味のために始めたフェルデンクライスだったけど、学ぶにつれてその面白さに惹かれて、気づいたらここまできたというのが正直なところだ。
 

 フェルデンクライスはATMとFIふたつのレッスンがある。
 ATMはティーチャーの言葉による指示を聞いて、生徒は自分の体の中の筋肉や骨の動きを感じながら動くことによって、自分のなかの習慣的な動きのパターン気づいてより制限のない繊細で自由な筋肉の動きを手に入れるグループレッスン。
  

 FIはティーチャーが生徒の筋肉を動かすことによって生徒が制限のない動きを学ぶのを手助けするマンツーマンのレッスン。4年目の最後にFIの卒業試験があって、無事合格して、出席日数が規定に達すれば卒業して、ディプロマをもらえる。
 
 
 4年目が始まったばかりの頃はFIが苦手で大嫌いだった。
 人間の体の状態はひとそれぞれなので、目の前の相手の状態を観て、そのひとの体の動きを感じながらFIを組み立てるのが本当に難しかったからだ。
 

 無事卒業試験をクリアしたあとにエラット先生が言った言葉をいまでもよく覚えている。いわく、とにかくいろんなひとの体に触れなさい。そして同じフェルデンクライスプラクティショナーの友人とお互いの経験をシェアしながら、さらに学びを深めなさい、と。
 

 それを聞いて、とにかく経験を積もうと思って、たくさんのひとにお願いしてFIをさせてもらった。もちろんまだ卒業前ということで無料でだ。2016年の3月から今日まで70名、そのうち10回、20回とレッスンに通ってくださる方もたくさんいて、FI経験そのものは通算160件以上になる。
 

 体に触れさせてもらいながら、本当に多くのことを学んだ。人間の体の不思議さや可能性、毎回びっくりするような発見があって、興味が尽きない、気が付いたらFIもATMも大好きになっていた。
 

 人生、なにが起きるかわからないよね。
 やっと卒業したいま、たくさんのひとに育ててもらったなあと実感している。
 そんなわけで、わたしにとっての芽吹きの季節でもある3月から有料でFIレッスンをやります。
 それまではこれまでどおり無料でレッスンを行いますので、ぜひいらしてね。
 

 そうそうATMに関しては西国分寺フェルデンクライス倶楽部の一員としてこれまでどおり活動します。ページの頭の「フェルデンクライスATM日程」をクリックするとスケジュールが載っています。
 

 まずはご報告まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です