ヒーリングソウル

Healing Soul シャーマンがお届けする人生とサイコシンセシスとフェルデンクライス。

2017年 神示

 明けましておめでとうございます。
 今年もどうぞよろしくお願い致します。

 さっそくですが、2017年の神示のお届けです。今年はちょっと思うところがあって、1月2日に糸魚川市の奴奈川姫神社に行って、そこで神示を降ろしました。

2017年空
2017/ 1/ 2 15:25

 

 糸魚川といえば年末に大火に見舞われて、140軒もの家屋が燃えるという大変な被害がでたことは記憶に新しいと思います。糸魚川は世界最古の翡翠文明の発祥地であり、国内の古代遺跡から発掘される翡翠の勾玉の主要産地でもありました。
 

 その翡翠文化の中心的な存在が奴奈川姫と呼ばれた女王であり、彼女の別名は神功皇后。まさに古代史のカギを握る重要人物でもあったんです。ところが古代王権にはかかせなかった翡翠文化は蘇我氏の滅亡と共に忽然と歴史の表舞台から姿を消します。
 

 さらに糸魚川は東日本と西日本を分かつフォッサマグナの西端にあたる糸魚川静岡構造線の起点でもあります。糸魚川市内を流れる姫川に沿って構造線が走り、露出した北米プレート(東日本)とユーラシアプレート(西日本)を見ることもできます。

 地殻的に日本の要のポイントであり、古代史のカギを握る重要な地域である糸魚川が冬至の翌日に大火に見舞われたということが重要な意味を持つと感じました。

 過去に何度かブログ記事にも書いているのでご存知の方も多いと思いますが、わたし自身は個人的に糸魚川とご縁があるため何度も訪れた町でもあります。それだけに大火後の町に行って祈りたい気持ちもあっての参拝でした。
 

 というわけで、お待たせいたしました。
 2017年神示のお届けです。
 

 2017年、世界は新たに生まれる。
 2016年すべてが帰した灰燼の中から新たな萌芽が生まれる。
 それはやがて大きな果実をつけるだろう。
 破壊され、無に帰した炎の中で生まれてくる力こそが真実の力。
 それはすべてを指し示す力。

 古きものに囚われるな。
 瓦礫の中から種を拾え。
 ひらいた扉は二度と閉じぬ。
 安心して日々の営みに励め。
 

 天災に関してですが、8月は噴火かそれに準じる気配がありそうです。地震は2011年のときのようなものは感じません。経済は上記の神示にもあるように既成概念とらわれずに新しい種を育てることがポイントかと。
 

 さらに日本の社会・経済を見ると、クリスタルのようなきれいに輝く頭蓋骨が見えるんです。これは叡智の象徴かな。無駄をそぎ落とした本質的な叡智、頭蓋骨の中身は空洞です。その空洞に何を入れるのか? それは遥か外宇宙から届く叡智であり、愛であり、慈悲かもしれません。

 というわけで、2017年のキーワードは「生まれる」かな。この神示を受け取ったときに感じたのは火の鳥です。火の鳥は手塚おさむ氏の漫画で一躍有名になりましたね。何度でも炎の中に飛び込んで生まれ変わる、永遠の命を象徴する鳥です。2016年は熊本地震などの災害や大火、経済的な落ち込みや頻発するテロなど、本当にいろんなことがありました。そして2017年はまさに炎の中から生まれる火の鳥に象徴される年なのかもしれません。
 

 火の鳥はまだ若く未熟だけど、力強い生命力と希望に満ちています。
 今年も良い年にしましょう。
 どうぞ2017年もよろしくお願いします。
 

2017年1月4日
文責 キョーコ

2 thoughts on “2017年 神示”

  1. キョーコさま
    あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。早々に神示をアップしてくださいましてありがとうございます。「生まれる」ドキドキワクワクしてきました。暗いニュースばかりでしたが希望の光を見いだせそうです。2017年も頑張っていきます。寒い折、身体をお厭いくださいね。

    1. なおねえさん
      明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。
      なんだかおもしろい年になりそうな予感です。
      お互いに素敵な年にしましょうね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です