ヒーリングソウル

Healing Soul サイコシンセシスとフェルデンクライス・メソッドを使ったメンタルコーチのブログ。心と体のいい状態を見つけてみない?

陰徳と陽徳

 陽徳と陰徳というのがある。
 陽徳というのは目に見える善行のことで、たとえば誰かに親切にするなどのわかりやすい行動はもちろん、家族に昼間の善行を話した時点で陽徳になる。陽徳には自分の行動を誰かに評価されたい気持ちや感謝されたい気持ちが混じることが多く、それが霊的成長を阻害しやすい。
 これに対して陰徳は誰も見ていなくても行う善行のこと。
 たとえば登山をしているときに、ふと目に入った飴の包み紙を黙って拾って下界まで持ち帰る事なんかがそうだ。誰も観てないし、評価も感謝もされない。ただ美しい自然を大事にしたい気持ちだけが行動の動機だ。あるいは家族や友人が困っているとき、本当の意味で相手の助けになるように黙って行動することなんかもそうかな。
 つまり陽徳と陰徳の違いは動機の違い。
 陽徳は自己顕示欲、承認欲求などの我が隠れた動機になりやすい。
 これにたいして陰徳は無私に近い状態。
もっとも人生経験を重ねて、満足感や自己肯定感がじゅうぶんに育っていないと、なかなか陰徳はできないよね。とくに若い時は上に上に伸びていく時期だから、承認欲求や社会的評価が欲しくてあたりまえ。親切な行動や英雄的な行為の奥に認めてほしい自分がいたりするわけだ。
 
 大事なのは自分自身の中にある承認欲求や自己顕示欲に気づくこと。
 それさえ自覚しているなら、どんどん我を出したり、行動してみるほうがいい。
 陽徳上等(笑)。
 自分の中にめっちゃ我欲が渦巻いていることを自覚して行動するなら、自他ともに被害が少ない(爆)。
 
 それで相手を傷つけることもあれば、逆に返り討ちにあってみじめな思いをすることもある。
 そうやって我の使い方を学んだり、本当の優しさとは何かを考える機会を得たりするわけだ。
 ま、勉強だよね。
 
 ちいさな親切大きなお世話。
 その優しさは誰のため?
 
 シャーマン流の不動心を手に入れてみない?
「自分ミッションをGetする! ボディ&サイコシンセシス実践講座」の詳細はこちらからどうぞ


いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

2 thoughts on “陰徳と陽徳”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    誰も見てなくてもゴミを拾うことはありますが、当たり前のように拾うというよりは「神様やご先祖様が見てるんだろうなぁ」なんて思いながら拾ってしまいますね…(~_~;)そしてクールな顔して拾った自分を心の中で褒めてますσ(^◇^;) この前は神社の御守りが落ちていて、その時は自然に体が動いて拾いましたけど、そのうちどちらも当たり前のように拾う自分に成長したいです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    美雨さん コメントありがとうございます。 美雨さんの素直さが素敵です。私たちは神さまじゃないので、いろんな気持ちが湧き上がりますが、おっしゃるようにいまの自分の気持ちも大事に日々生きてゆきたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です