徳之島と祖先とDNA

 明日から1週間ほど徳之島に行ってきます。
 徳之島は鹿児島県の奄美大島の南に位置する南国の島で、今年に入ってから今回は2回目の旅です。
 もちろんダイバーなので、島では朝から晩まで潜って遊んでいる(笑)。
 毎回行くたびに思うんだけど、徳之島の自然は半端なく美しいんだよね。
 海は素直に透明で青くて、森は緑が濃い。
 地魚はちゃくちゃ美味しい。
 おまけに島全体がびっくりするほど気がいい。
 もっともすぐ隣の奄美大島と違って観光地ではないので、これを知っているひとはめったにいない。
 地味にパワースポットなんだけどね。 
 本当に不思議なんだけど、昨年の3月に仕事で訪れて以来、もう4度目だ。
 島の神様と海の神様にすっかり気に入られたみたいだ(笑)。
 ときおり古代の風を感じるんだよね。
 
 そうそう先日、自分のミトコンドリアDNAを知る機会があったんだよね。
 ミトコンドリアDNAで分類すると、人類は16種類に分かれるんだそうで、そのうち日本人は大まかにいうと8種類ぐらいの集団からなるんだって。大陸の北側から樺太をとおって陸伝いに日本列島に渡ってきた集団(北方系縄文人)、ユーラシア大陸の東南側から海洋ルートで沖縄・九州に渡ってきた集団(海洋系縄文人)、少し時代が下がって朝鮮半島を経由して渡ってきた弥生系の集団など、さまざまな集団が混ざり合っていまの日本人になっているらしいんだよね。
 で、わたしは海洋系縄文人のDNAが強いという結果だった。
 2万年以上も前に船で沖縄、九州を旅してきた祖先の血が自分の体の中に流れているのを知ったとき、時間というものの永遠性を感じたんだよね。自分でも思ってもみなかった感覚だったのでなんだかびっくりした。沖縄の島々や徳之島に行くたびに感じる居心地の良さの理由はこんな側面もあるのかもしれない。
 というわけで、お魚と戯れてきます。
 
 綺麗に写真が撮れたらアップするね。
ご要望の多かったシャーマン・キョーコ(澄江)のスペシャルな個人セッションを再開しました。詳細は「公式HP 個人セッション」でどうぞ。

いつもありがとうございます!
なるほどと思ったらポチっとよろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です