浄化の乗りきり方 5  なぜ参院選が地震の抑制につながるのか?

 これまで地震と心の関係についていろいろ書いてきた。
 というわけで本日のテーマは、
 

  『なぜ参院選が地震の抑制につながるのか?』
 

 いままでの話を整理すると、
 

1 わたしたちの心に変革が必要なとき、地震という形で調整がはいる。
2 人間の集合意識が地震の規模や被害の程度に影響をあたえる。つまり怒りや憎しみなどのネガティブな感情が強いほど、地震の被害は大きくなる。
 

 となるよね。
 唐突だけど、夏になると今年も各地でお祭りが催されるよね。うちわ片手に夜店の並ぶ参道を歩くと太鼓の音やお囃子が聞こえてくる。的屋の兄ちゃんが手際よく作る焼きそばの匂いやわた飴を作るモーターの音。そんなざわめきを聞きながら、いつもより気分が高揚している自分に気づく。そんな経験は誰にでもあると思う。
 

 そもそも祭りってなんだろう?
 祭りの目的は神事なのは当然だけど、じつはもっと大きな役割がある。
 


 

 日本にかぎらず文明が発達するにつれて、どこの国でも社会的な取り決めや常識という名の暗黙のルールができてゆく。まっとうな社会生活を送ろうと思えば我慢をしたり、怒りを飲み込んだり、ときに下げたくない頭を下げなきゃならないこともある。
 

 やっぱり人間だからストレスがたまる。忘れたつもりでも、自分で心底納得していないかぎり、怒りの感情は消えたりしない。無意識の中にある記憶という名前の引き出しの奥にしまいこんだだけで、感情そのものは依然として解消されないまま残っていることが多い。
 

 引き出しの容量にも限界があるからね。積もり積もった不満は適度に放出させておかないと、いつか必ず爆発する。その突出したものが凶悪な犯罪や流血沙汰のクーデターなんだよね。
 

 祭りというのは、そうしたものを防ぐために公的に許された合法的な解放のためのシステムともいえる。祭りの高揚感を多くの人々と共有することで、ふだん押さえている心のブロックが外れ、ためこんでいた感情が場の空気と一体化して発散されて昇華してゆく。
 

 さらにお囃子や人々のざわめきといった音や、夜店の明かりや花火などの光が舞台装置となって、場全体の高揚感を高めて、その場にいる人間を軽い集団催眠状態にもってゆくことで、より感情の解放がしやすくなる。
 

 最近はストレス発散の場が多様化してきたせいか、伝統的な祭りは廃れてゆく傾向にある。また喧嘩神輿なども安全面配慮の方向に向かっているよね。皮肉なことに命の危険がなくなるにつれて、社会全体から活力が失われていくんだよね。それも祭りの本質を考えると当然かもしれない。
 

 極論しちゃえば祭りというのは禊(みそぎ)なんだよね。
 ご先祖や神に祈るという本来は命に直結する神事を行なう『場』のなかでは、思いっきり感情を発散させる、あるいは肉体をぶつけ合うことでカタルシスを味わい、きのうまでの自分が死に、新しい自分に生まれ変わるという一連のストーリーが展開されているんだよね。
 

 こうした死と再生のプロセスを集団で共有することで、わたしたちは無意識に社会全体の安定を保とうとしていたともいえる。ここで重要なのは、祭りに参加した人々は、神事の『場』の力によって守られているということなんだよね。
 

 たとえばサッカーの試合やオリンピックなども、多くの人々が選手の動きを見ながら心をひとつにするという意味では合法的な解放のシステムといえる。ただし祭りと決定的に違うのは『場』の質なんだよね。祭りは神事だという認識があるため比較的感情が安全な形で昇華されやすい。ところがサッカーにかぎらず、イベントの主旨によっては破壊的な発散の仕方になることもある。
 

 参院選も同じ。
 日常のなかで怒りや不安などの感情をもてあましている状態だったのが、参院選によって多くの人々の気持ちがひとつの方向に動く。一点に集中するといってもいい。すると一時的に個人的な怒りなどの感情が低下するため、地震に大きな影響をおよぼす集合意識のネガティブ度が低くなる。結果的に一時的ではあるけれど、引き金を失うため地震は抑制される。
 

 今回の参院選は国政を左右するという意味で直接生活や国の未来に関わってくるので祭りと同じような『場』の力が働く。参院選を神事だと言った理由はここにある。
 ただし神事というからには、候補者と有権者の意識の方向性が問題になってくる。
 

 神事なら本来いいことづくめのはずだよね?
 

 ところが『祝うは呪う』という言葉があるのをご存知だろうか?
 方向性を間違えると、祈りは呪詛と同じ役目を果たしてしまうんだよね。
 

 つまり、
 扱い方しだいでは参院選は諸刃の剣になる。
 といったところで次回に続く。
 

え? タイトルが予告と違うって? うふふ・・・それはね。
 

※19:34一部訂正
 祈るは呪う→祝うは呪う
 仕事に行く時間ぎりぎりに大あわてで書いたせいか、おおぼけでした。
&bnsp;

2007年5月8日

 
☆ブログ内参考記事「浄化の乗り切り方シリーズ」
2007年4月26日「浄化の乗りきりかた1 地震の意味」
2007年4月30日「浄化の乗りきり方2 心と体」
2007年4月30日「浄化の乗りきり方3 ドリーミングDreaming」
2007年5月2日「浄化の乗りきり方4 地震と心」
2007年5月8日「浄化の乗りきり方5  なぜ参院選が地震の抑制につながるのか?」
2007年5月20日「浄化の乗りきり方6 祝うは呪う」
2007年5月26日「浄化の乗りきり方7 霊的装置としての参院選」

Follow me!

浄化の乗りきり方 5  なぜ参院選が地震の抑制につながるのか?」への21件のフィードバック

  1. R.F.

    SECRET: 0
    PASS:
    地震を抑制と言っても、限界があると思います。もともと地震が起きやすい場所に位置した国ですから。ひとりひとりが、地震に備えて何らかの備えをするのが現実的ではないでしょうか?大地震が起きそうな時に、アナウンスしていただけるとありがたいのですが……

    返信
  2. monchi

    SECRET: 0
    PASS:
    >祭りの目的は神事なのは当然だけど、じつはもっと大きな役割がある 第三舞台の鴻上尚史が、昔、本の中で、日常と「非」日常の関係について語られていまして(多分。きっと。もう記憶が。。。^^;)、何となくそうなんだろうなーと思っていたことに確信を持たせて下さってありがとうございますーm(__)m と思いつつ読んでる最中に地震だぜい^^;

    返信
  3. SECRET: 0
    PASS:
    そういえば参院選は国民のガス抜きとよく言いますね。政権交代はないことから政権批判だけで野党に流れやすい。自民党が参院選で勝ったのは、80年代の中曽根衆参同日選挙と2001年の小泉・真紀子ブームだけ。

    返信
  4. ウォッチャー

    SECRET: 0
    PASS:
    これまた、難しいテーマと格闘されていますね。 私もだいぶシャーマン的視点が理解できるようになりましたが、 どうなるのか、続きが楽しみです。 なお「祈るは呪う」もあるような気がします。 「汝を憎むもののために祈ってやれ」とはシャーマニックな防御法だと思います。 イエスは「念」というものをよく知っていたんでしょうか・・・?

    返信
  5. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    R.F.さん >大地震が起きそうな時に、アナウンスしていただけるとありがたいのですが…… う~ん・・・難しいですね。当たる確立は半々。 それじゃアナウンスの意味がないような気も・・・(^^;

    返信
  6. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    monchiさん なるほど。舞台はまさに非日常ですものね。 この考え方じたいは社会心理学ではわりと常識的な発想なんですよ。

    返信
  7. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    あさん >参院選は国民のガス抜きとよく言いますね。 そういえばそうですね。 今回はどう動くか。小沢さんは政権交代の一歩目ととらえているでしょうね。 ・・・でも・・・なあ。

    返信
  8. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    ウォッチャーさん おひさしぶりです。 >これまた、難しいテーマと格闘されていますね。 三回完結ぐらいのつもりでいたんですが、どうもそれじゃ足りないみたいです。 書いているうちに『祝うは呪う』なんて言葉まででてくるし、いったいこのシリーズはどこへ行くんでしょう(^^; >「汝を憎むもののために祈ってやれ」とはシャーマニックな防御法だと思います。 イエスは「念」というものをよく知っていたんでしょうか・・・? 鏡返しですね。典型的な念返しです。 彼は神霊治療などをするぐらいなので、当然気や念の作用は熟知していたと思います。

    返信
  9. R.F.

    SECRET: 0
    PASS:
    >う~ん・・・難しいですね。当たる確立は半々。 >それじゃアナウンスの意味がないような気も・・・(^^; 半々、というのは5割の確立です。イチローより凄いです! 是非アナウンスしてください。

    返信
  10. のん

    SECRET: 0
    PASS:
    キョーコさん、こんばんは。 今回は展開がたくさんでしかも早いですね!私は勉強しながらでなくてはならないので、ついていくのに必死(汗)です。;^_^A 頑張ります!! 祭りについて、私も祭りが少なくなっていることと、毎年1回発散させる場所として必要なんじゃないかと漠然と感じていたので、今回の内容を拝誦して、なるほど祭りってそうことだったんだとわかりました。 そういえば、石原氏が都知事選で「東京に祭りが必要だ」と言っていたのもそういうことなんでしょうかね。いや、これはまた別のことなのかな.. 祭りも選挙も、それに向かう人々の意識があまり高くないというか、低くなる方向あるよう感じるのですが、キョーコさんの記事を拝誦していて、さらに気になるところです。

    返信
  11. yuris

    SECRET: 0
    PASS:
    キョーコさん、こんにちは。 子供の頃、祖母が住んでいた愛媛県西条市の「だんじり祭り」をよく見に行きました。 巨大な山車が列をなして進む姿は、まさに山が動いている! 荒くれた曳き手たちの熱気と高揚は、地を鎮めるための祈りだと見えました。 選挙に於いてもよく使われる「山が動く」の言葉。祭りとの接点を感じます。

    返信
  12. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    のんさん そうなんですよ。 連休中はちょっと危機感があって、わりと早いペースで書いていたんですが、通常の生活ペースに戻るとなかなかそうはいきませんね(苦笑)。 祭りについて、のんさんもそう感じていたんですね。 >石原氏が都知事選で「東京に祭りが必要だ」と言っていたのもそういうことなんでしょうかね。 石原さんがそんなことを言っていたんですか@@ 都民の無関心とフラストレーションの大きさを考えると、なんとなく彼も感じているのかな。 人々の意識の低さは問題ですね。未来に希望があるかどうかは、この一点にかかっているような気がします。

    返信
  13. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    yuris さん おはようございます。 だんじり祭りですか。テレビで見たことがあります。 >荒くれた曳き手たちの熱気と高揚は、地を鎮めるための祈りだと見えました。 わかる気がします。土の匂いや汗、生と死をリアルに感じられる場が祈りに通じるのでしょうね。 >選挙に於いてもよく使われる「山が動く」の言葉。祭りとの接点を感じます。 言われてみれば、その表現はまさにぴったりですね。 候補者と有権者の意識の温度差がどう影響するかですね。

    返信
  14. ウォッチャー

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは 年初の神示がらみの話題なのですが、どうも、アメリカのドル覇権が凋落するので、国際金融の中心がウォール街から東京に移って来るらしいですね。 オフィス・マツナガさんのとこのリンク先の【ネット・ゲリラ】さんが「ドルが崩壊するのでユダヤが寄生主を日本に変更」という面白い記事を書いておられますが、なんだか心配ですね。 ユダヤ(?)国際資本が東京に来れば、円がドルとなり、確かに日本は発展するでしょうが、「物質主義の権化」の彼らを日本の神霊・霊性が受け入れるか・・・?拒絶するとしたら? その辺も地震の原因に絡んで来そうで怖いです。 むしろ、一番の要因は参院選よりその辺にあるんじゃないのかと思っております。 ご意見を伺えれば幸いです。

    返信
  15. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    ウォッチャーさん こんばんは。 この件に関しては、ゆっくりお返事をかきます。 待っていてくださいね。

    返信
  16. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    ウォッチャーさん こんにちは。 すっかりお待たせさせてすいません。やっとネット・ゲリラさんの記事を読んできました。 で、う~ん。。。。と、うなってしまいました。 ユダヤが日本に寄生すれば、日本は没落の一途をたどるような気がするんですが・・・。私の知識の浅さゆえにそのあたりがよくわからなかったというのが、正直な感想です。 個人的な感覚でいうなら、ユダヤ(これ以上あえて名前はだしません。怖いから^^;)はすでに日本の中枢部に何度もアクセスしようと試みているのではないかと思っています。案外ほぼ食い尽くされていたりして・・・・。最後のぎりぎりのところで守られているだけなのかもしれません。

    返信
  17. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    続きです。 >むしろ、一番の要因は参院選よりその辺にあるんじゃないのかと思っております。 参院選と、来年でしたっけ? 衆院選。このへんの政治的な事情が今後の日本を左右する可能性は高いですね。場合によっては地震程度ではすまない可能性も大きいかと。 このあたりは書くに書けないので、察してください。

    返信
  18. べねっと

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんわ☆。べねっと です。 参院選も開票作業が終わり,これからの政局がどうなっていくのかというところまで来ています。 今回の参院選は選挙期間中に大きな地震の被害があり, さらに閣僚の様々な問題が次々と発生しました。 そして開票結果からみると, 「安倍内閣はNO(ノー)」 でした。 では,日本を守ってくださる神様も 「安倍内閣はNO(ノー)」 だったのでしょうか。

    返信
  19. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    べねっとさん おはようございます。 >では,日本を守ってくださる神様も 「安倍内閣はNO(ノー)」 だったのでしょうか。 激動の7月でしたね。地震は原発をはじめとした、わたしたち日本人の姿勢に対する警告だと思います。そして自民の惨敗。問題はこれを受けて、政府・民間がどう対処してゆくかでしょうね。これからが正念場というか、ここで襟をただせば、あるいは政局にしても正しい方向にゆく可能性もあるのかもしれません。けれど権力にしがみつき、今回の結果を軽くみれば、本当に止めをさされるかもしれません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です