古代幻視 2 滋賀県鏡山と伊勢遺跡

 世界は無数の糸がより集まってできている。
 はじめのうちは心眼にぽつりぽつりと映るビジョンがいったいどこへ向かおうとしているのかわからなかった。主人公の目を通してその時代を眺めつつ、やがてかれらが重複したひとつの物語の主人公だと気づくまでに数年の歳月が過ぎた。
 

 というわけで饒速日尊にひきつづいて、今回は滋賀県蒲生郡竜王町にある鏡山とその隣町の野洲市・守山市一帯が舞台です。ビジョンだけでは時代がわからないのが難点といえば難点だな。
 


■その2 鏡山に埋められた巫女姫
 

 鏡山の山頂付近の木立のなかに、白っぽい衣を身にまとった数人の神官たちが集まっていた。かれらは人足たちが黙々と穴を掘っているのをじっと見つめていた。
 すっかり穴を堀り終わると木の棺が運ばれた。
 神官のひとりがそっと棺の蓋をあけた。
 

 中にはひとりの巫女姫が眠っていた。
 身分の高さを示す衣服に身を包んだまま、巫女姫はひっそりと棺の中に横たわっていた。神官は臣下の礼をとったまま、棺から後ずさりするように離れ、その場にひざまづいた。
 

 やがてゆっくりと彼女の目がひらいた。
 

 視点が切り替わった。
 それまで映画を眺めるように一部始終を見ていたわたしの視点はいつのまにか棺の中の巫女姫の視点になっている。
 

 木立の向こうの真っ青な空が映る。
 
 
 まるで自分自身の心のように彼女の気持ちがはいってくる。
 
 
 彼女の愛した大地や琵琶湖の風景。邑の人々の笑顔が心の中に映る。
 自分が埋葬されることで民を守ることができるならそれでいい。
 

 鏡山に生きたまま葬られる聞かされたときは、巫女王など使い捨ての道具でしかないと思った。人間というのはこんなにも孤独なのか。葬られることが悲しいのではなく、誰にも自分の本当の気持ちなど理解してもらえないことが悲しかった。
 

 けれどいま巫女姫の心のなかは不思議なぐらい平穏だった。
 最後の役割を果たすことで、愛する人たちを守ることができるなら、それを受け入れようという静かな決意のようなものが彼女の中にあった。
 巫女姫の大地や人々を愛する静かな思いがそこにあった。
 
 
 神官は彼女が目を閉じたのを確認すると、下の者に棺の蓋をとじるよう命じた。
 
 
 陽光が遮断されて、閉じたまぶたの裏側が暗くなった。
 
 
 つり下げられた棺がゆっくりと穴の中に降ろされる。
 真新しい棺の木肌に湿った土がかけられてゆく。
 

 これを視た数日後、ふたたび巫女姫のビジョンを見た。
 姫巫女は鏡山から麓にひろがる風景をながめていた。
 埋められる前日の昼下がりだった。
 彼女の置かれた立場や背景をさぐろうと意識をそちらに合わす。
 すると別れを惜しむ一組の男女の姿が見えた。
 

 どうやら巫女姫の夫(?)である大王は彼女に留守を預け、遠征にでてしまったらしい。妻に別れを告げながらも、大王の心は大きな事に取り組む人間特有の前向きな希望に満ちていて、それが巫女姫との今生の別れになるとは想像もしていなかった。
 けれど大王がこの地をあとにしてから月日は流れ、時代はふたたび動きはじめていた。
 
 
 ☆  ☆  ☆
 
  
 鏡山は琵琶湖の東側、滋賀県蒲生郡竜王町にある。さっそく現地を訪れてみると面白い事実がたくさんでてきた。
 

 鏡山の北麓に鏡神社という社がある。
 御祭神は新羅から渡来したと伝えられている天日槍(アメノヒボコ)で、相殿は天津彦根命(アマツヒコネノミコト)と天目一箇神(アメノヒトツノカミ)。
 

 『日本書紀』によると、第11第垂仁天皇3年、新羅の王子・天日槍は陶芸、金工集団を引きつれて渡来し、近江・若狭を経て但馬の出石(兵庫県)に定住した。また近江の鏡村谷の陶人は天日槍の従者であるという記述がある。
 

 地元の伝承によると、鏡山という名前は、かれが渡来したときに持参した、羽太の玉、足高の玉、赤石、刀、矛、鏡、熊の神籬の7種の神宝のひとつである鏡を山中に埋めたことに由来するという。
 

 実際に鏡山の稜線を歩いてゆくと、正面に野洲町の三上山が見える。
 三上山は近江富士の名のとおり、美しいピラミット型の稜線をもつ。古代から信仰の対象とされていて、山頂には人々が祈りの対象にしたと思われる磐があった。さらの麓にある御上神社の御祭神は天御影命(アメノミカゲ)だけど、祈りの対象は三上山なんだよね。
 

 天照大神の孫(天津彦根命の子)にあたる天御影命は物部氏と縁が深く、その娘の息長水依比売(オキナガミズヨリヒメ)は、九代開化天皇の皇子にして崇神天皇の弟にあたる日子坐(ヒコイマス)王と結婚している。ちなみに日子坐王は丹後の鬼退治伝説で知られている。
 

 さらにおもしろいのは邪馬台国三上山説というのがある。
 その根拠となったのが滋賀県守山市伊勢町で発掘された『伊勢遺跡』。守山市の教育委員会によると建物跡の調査の結果、、伊勢遺跡がつくられたのは1世紀末~2世紀末であること。さらに国内最大規模の大型竪穴建物であることから、有力者の住まいであった可能性が高いと発表しているんだよね。
 

 それも集落の形状からいって、住居というよりも大規模な祭祀場であった可能性も高いとのこと。この伊勢遺跡から東に3キロほどいったところに三上山があって、その美しい姿は遺跡からもよく見える。
 

 邪馬台国といえば北九州説と纏向遺跡の箸墓を卑弥呼の墓とする近畿説が有名だけど、近江もなかなかあなどれない。もちろんわたしの見た巫女姫が邪馬台国の卑弥呼とイコールかというと、違うような気もする。魏志倭人伝にのっている邪馬台国は北九州に存在していて、それとは違うけれども大きな勢力をもった小国家郡が大和や近江に存在していた可能性が濃いような気もする。
 

 大王の正体が誰なのか、いまのところ確信がない。これは焦点が巫女姫のほうに合っていて、あまり大王のことが鮮明にでてこないせいもある。ただ饒速日尊と天日槍は朝鮮半島と密接な繋がりがあるだろうなと思う。
 

 年代的には伊勢遺跡は二世紀末の大和大乱のあと衰退してゆくらしい。
 伊勢遺跡と邪馬台国に関しては、以下の『邪馬台国発見記』というサイトがおもしろい。
 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Oasis/3672/
こちらは『岩石祭祀学提唱地』さんのHPで、伊勢遺跡の説明がわかりやすい。
http://f1.aaa.livedoor.jp/~megalith/iseiseki.html
 

※追記訂正
 伊勢遺跡の年代について、二世紀末の大和大乱のあと衰退してゆくらしいと書きましたが、『邪馬台国発見記』さんのHPによると、それぞれの遺跡のピークは微妙にずれているそうです。
 

 伊勢遺跡は野洲河流域の遺跡群のひとつという考えが主流になりつつあります。つまり野洲河流域一帯が弥生時代の国家があった可能性が高いということです。
 

 伊勢遺跡郡の各遺跡のピークは、
 伊勢遺跡が1世紀末から3世紀初頭
 下長遺跡は2世紀半ばから3世紀末
 下鈎遺跡(縄文前期から続く複合遺跡)は1世紀初頭と2世紀後半の二つにピークがある
 

 また鏡に関しておもしろい話が書いてありました。
 遺跡の一角に勾玉や粉砕された銅鏡が埋めてあるのですが、鏡を割る行為はそれを所有していたシャーマンの霊力を封じる行為なのだそうです。これは天日槍が鏡山に鏡を埋めたという話と奇妙に重なりますね。
 

※ビジョンについての追記ですが、巫女姫が埋葬された大きな理由は以下の二つでした。
 

 1 巫女王の公式の死をもって、当時きな臭い空気が漂い始めていた近江一帯の騒乱の責任をとることで、民を守り、国としてのダメージを最低限にしようとした。
 

 2 巫女王の死を要求する一部勢力から彼女の身を守るためでもあった。
 

※ 2/4 訂正
 守屋市を守山市に訂正。ご指摘くださった方、ありがとうございます。
 
2007年1月31日
 

◆古代幻視シリーズ◆
古代幻視シリーズはレイライン・カテゴリに含まれますが、連載ものになっているので、上から順番に読んでいくと分かりやすいです。
 

・シャーマニズムと裏付け調査 2007年1月27日
・簡単古代史(記紀)入門 2007年1月28日
・古代幻視 1  饒速日尊 2007年1月28日
・古代幻視 2 滋賀県鏡山と伊勢遺跡 2007年1月31日
・古代幻視 3 神功皇后 2007年2月2日
・プロメテウスの火 2007年2月6日
・レイライン7 出雲の御祭神 2007年1月24日

Follow me!

古代幻視 2 滋賀県鏡山と伊勢遺跡」への6件のフィードバック

  1. ウォッチャー

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは ヴィジョンなのでどうコメントしたら適切なのか分りませんが、とりあえず感想を書きますね。 とりあえず「人身御供」のイメージは強烈な印象ですね。 人身御供はとても神話的でスピリチュアルな感覚がしますが、個人的には神秘体験中に「魔」的なものが介入した結果の、 「究極の物質主義」みたいな感じがします。 人身御供はマヤ・アステカ・殷などが有名ですが、 肉体を代価に差し出す時点で大きな過ち(詭計)に引っかかったような気がします。 「神への供物=最も価値のあるもの=人間=肉体」というのは人間や神の霊性自体の否定のようにも見えますね。 こういうことをすると、どうも王朝も文明も衰退・自滅するようですね。 恐らく伊勢の場合も同じ運命を辿ったのでしょうか・・・?

    返信
  2. ウォッチャー

    SECRET: 0
    PASS:
    <続きです> そもそも、この不幸の始まりは、大王の恐らくは人間的な理想(遠征・平定)なのでしょう・・・。 更に遡れば稲作による農業生産の拡大がもたらした、宗教の官僚化が原因なのかもしれません。 (縄文の秘密はこの辺にもあるかもしれません?) 恐らく神官団=シャーマンではないので「上部構造・平行多次元世界」と呼ばれるもの(?)にはアクセスできないので、その理解や判断は俗化・教条化しやすそうです。 このヴィジョンを聞くと「歴史事実としての可能性」以外にも、【神話的要素】や【物語の持つ神秘性】のようなものを強く感じます。 展開が楽しみです。

    返信
  3. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    ウォッチャーさん こんばんは。 感想ありがとうございます。 じつは視ていてあまり人身御供という感触はなかったんですよ。 それは追記にも書きましたが、神官たちが姫を心から気遣っている気持ちが伝わってきたからです。 一般的な映画にでてくる人身御供の場合は、おっしゃるとおり上部構造とアクセスできないゆえの悲劇だと思います。 >恐らく伊勢の場合も同じ運命を辿ったのでしょうか・・・? 伊勢遺跡の記述を読むかぎりでは、倭国動乱と新王朝樹立の流れになってもおかしくないと思いますが、真実はどうなのでしょうね。三世紀の纏向遺跡とのつながりがポイントという気もします。

    返信
  4. ウォッチャー

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは コメントありがとうございます >神官たちが姫を心から気遣っている気持ちが伝わってきたからです あぁ、そうなんですか・・・ そういう時代・そういう立場だったんでしょうかね・・・ 即身仏への入場みたいなイメージで、なんか切ないですね・・・ ところで、そもそも銅鏡は視覚刺激で変性意識に入るための道具だったのかも知れませんね。 (勾玉は増幅器、剣や矛は志向器(アンテナ?)なのではと勝手に推理しています。) 織田信長などは鏡に映った自分の姿を拝んでいたそうで、これは彼の不信心・唯我独尊の表れと解釈されますが、実は変性意識になって何らかのメッセージを受け取っていたのかもしれません。 飛騨地方には水鏡のキラキラを見て変性意識になる方法があったそうです。 鏡を割って霊力封じとはさもありなん、といったところですね。

    返信
  5. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    ウォッチャーさん こんばんは。 >そもそも銅鏡は視覚刺激で変性意識に入るための道具だったのかも知れませんね。 そうかもしれませんね。 変性意識にはいる方法のひとつに、自分自身の姿を胸に思い描いて、そこに意識を合わせて同化してゆくというものがあります。それと似ていますね。 飛騨の水鏡もうなづけます。

    返信
  6. キョーコ

    SECRET: 0
    PASS:
    IBONNさん はじめまして。 ご指摘、心より感謝いたします。 揚げ足取りだなんて思いませんよ。 教えていただかなかったら気づかなかったかもしれないです。 検証についてはできるだけ客観的な知識を書いてゆきたいと思っているので、地元の方の声はとてもうれしいです。 これからもよろしくお願いしますね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です