日別アーカイブ: 2006年10月12日

桜 神示

       花を愛でよ
  
       浮世の夢など 泡沫の如し
  
       いかほどの憂いがあろうか
       生きよ
   
       この桜のように生きてみよ
                      
 この神示が降りてきたのは、数年前の明け方の祈りの最中だった。
  
 吉野の山を満開の桜が埋め尽くす。
 そのなかで一体の白龍が風とたわむれていた。
 この言葉が必要なひとはきっといるよね。
 
 たしかに伝えたよ。